インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

寺井元一

株式会社まちづクリエイティブ代表

和多利浩一

キュレーター
ワタリウム美術館

今回カンバセーションズに初登場するのは、アーティスト、クリエイターらを交えながら、千葉・松戸で”クリエイティブな自治区”の創造を目指す「MAD Cityプロジェクト」を推し進める株式会社まちづクリエイティブ代表の寺井元一さん。そんな寺井さんがインタビュー相手として指名したのは、現代美術を中心に扱う東京・渋谷の私立美術館「ワタリウム美術館」でキュレーターを務める和多利浩一さん。国内外で開催された数々の展覧会やアートプロジェクトなどにも関わりながら、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事など、まちづくりにも関わってきた経験を持つ和多利さんに寺井さんが迫ります。

3. アートで街は変わりますか?

和多利浩一 

社会の仕組みを変えるのはとても時間がかかることだけど、感度の高い若者であればひとつの展覧会で意識を変えることもできる。たとえ小さくても自分たちがやりたいことをやることが大事なんだろうなと。

Q.現在はまちづくり的な要素を一部のアーティストに託しているところはあるのですか?

和多利:それはないですね。アーティストというのはそこに使命感を感じて活動をしているわけではないし、それはそれでいいんです。アーティストと美術館というのは、お互いの意見ややりたいことが合致した時にタッグを組むわけですからね。その分、一緒にやるからには普段できないことをやろうということは常々アーティストとも話しているし、過去にワタリウム美術館で開催したチンポムJRの展示なども、他ではここまでできないというものをやっているという自負はあります。

「MAD CITY」  公園でのアートインスタレーションの模様。 皆川 明「布で作ろう!『フシギもんとかたまリン』」ワタリウム美術館「アート1日小学校」より

Q.まちづくりにおいて、アートは異物や刺激としての存在にはなり得るとしても、それがアート側を自衛するための方便になったり、自己満足で終わってしまう場合もある。そこを突破していくためにどんなことが必要だと思いますか?

和多利:そこは本当に難しい問題ですよね。たかだかひとつ展覧会をやったくらいでは何も変わらないし、特に東京で何かを起こそうとするなら、次元の違った規模で行なうか、地味に何があっても継続していく姿勢がないと、なかなか振り返ってもらえないですよね。でも、アートの面白いところは、人の意識を変えられることなんです。社会の仕組みを変えるのはとても時間がかかることだし、政治家や商店会などの意識を変えるのは難しいけど、少なくとも感度の高い若者であればひとつの展覧会で意識を変えることもできる。まずはそこからだと思うし、たとえ小さくても自分たちがやりたいことをやることが大事なんだろうなと。

Q.ワタリウム美術館では教育プログラムなども継続してやられていますよね。

和多利:そうですね。大学生や社会人などにレクチャーするよりも、感度の良い小学生や幼稚園児に向けた方が、根っこの部分から広がっていく感覚があるんですよね。世の中には色んな人がいるという感覚を小さい頃から植え付けられたらいいなという思いもあります。こうした活動に共感してくれる人たちも出てきているし、少しは変化があるのかなと思っています。やはり継続は力になりますし、これからも続けていかないといけない活動のひとつだと考えています。<続く>

インフォメーション

MAD Cityエリア内に誕生したアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」では、新たな公募アーティストの長期滞在が予定されており、審査結果の発表のほか、クラウドファンドでの支援も募集中。また、MAD Cityでも随時イベント等が開催中。詳細はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 寺井元一 

    寺井元一

    株式会社まちづクリエイティブ代表

    1977年生まれ。2002年にNPO法人KOMPOSITIONを設立。表現者に活動の場や機会を提供する活動を始める。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、渋谷・代々木公園でのストリートバスケ大会「ALLDAY」などを企画運営。2010年、まちづクリエイティブを設立し、「MAD Cityプロジェクト」開始。以降、「MAD City不動産」の運営、地域アートプロジェクト「松戸アートラインプロジェクト」の運営などに携わる。現在はエリアの町内会などを主体とする地域経営組織「松戸まちづくり会議」の事務局長も務めている。

  • 和多利浩一 

    和多利浩一

    キュレーター
    ワタリウム美術館

    ワタリウム美術館キュレーター。東京都渋谷区出身。1980年オンサンデーズ設立。美術書籍の出版社イッシプレス設立後、1990年ワタリウム美術館開館。ドイツのドクメンタ9で初の日本人スタッフ、第1回南アフリカ・ヨハネスブルグ・ビエンナーレ日本代表コミッショナーなど国内外で活動。地域ボランティアとして、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事なども務め、街づくりに参加してきた。