インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

寺井元一

株式会社まちづクリエイティブ代表

和多利浩一

キュレーター
ワタリウム美術館

今回カンバセーションズに初登場するのは、アーティスト、クリエイターらを交えながら、千葉・松戸で”クリエイティブな自治区”の創造を目指す「MAD Cityプロジェクト」を推し進める株式会社まちづクリエイティブ代表の寺井元一さん。そんな寺井さんがインタビュー相手として指名したのは、現代美術を中心に扱う東京・渋谷の私立美術館「ワタリウム美術館」でキュレーターを務める和多利浩一さん。国内外で開催された数々の展覧会やアートプロジェクトなどにも関わりながら、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事など、まちづくりにも関わってきた経験を持つ和多利さんに寺井さんが迫ります。

1. なぜまちづくりに興味を持ったのですか?

和多利浩一 

「水の波紋」展のために色々協力をしてくれた人たちにご奉仕をしないとと思い、街のボランティアを行なうようになったのです。

Q.和多利さんとは、6年前くらいに一度お会いしてお話ししたことがありましたが、その後に僕は松戸に「MAD City」という新しい”自治区”を創ると宣言し、使われなくなった街の物件をクリエイターやアーティストに提供するという不動産サービスを続けているんですね。そのなかで、以前よりアートの人たちとの接点もだいぶ増えてきているんですが、「越後妻有トリエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」などの影響もあって、最近はまちづくりとアートが同列に語られる機会も多いですよね。その辺りの動きについて、和多利さんはいまどう感じられていますか?

和多利:最近はアートが町おこしのために求められることも多いですよね。それについては特に否定もしないですし、アートというのは、コミュニケーションツールにも、人を驚かせるようなカンフル剤にもなるし、多種多様です。そのなかのひとつとしてまちづくりにも上手く使えるなら、積極的に扱って頂けばいいと思っています。ただ、いま私自身がやりたいことは、インキュベーションとか、人と人をつなげるというところなんです。以前は、自分自身がボランティア活動で街の中に入り込んで何かを変えようと思っていた時期もありましたが、それにはあまりにも時間がかかるということがわかってからは、何かをやる時は常に街に対して提案していく立場に立っていこうと考えました。

Q.アートとまちづくりにおける批判的な意見でいうと、いまアートプロジェクトというのは行政から予算を引っ張りやすい安易な手法のひとつになっているという考えもあります。

和多利:でも、規模的には全然足りないと思っています。瀬戸内や越後妻有などにはもっといけるだけいってもらった方がいいし、ハイアートが高みに行くほど、アンダーグラウンドは深く潜れるわけで、高低差がある方がアートの世界に幅が出てくるんです。日本は、本当の意味で現代アーティストとして食べられているのは10人くらいで、多くが大成功をしているわけではない。アメリカなどと比べると2桁は違うし、そこが日本のつまらないところなんですよね。

Q.和多利さんは1995年に「水の波紋」という展覧会を企画され、渋谷・原宿の街にアートを出していくということをかなり早い段階でされましたよね。

和多利:当時一緒に企画を進めたのが、個人の家に合わせてアーティストが作品を制作・展示する「シャンブル・ダミ(友達の部屋)」というプロジェクトを海外で企画したヤン・フートというキュレーターだったんですね。アートを美術館から出し、街全体をプロジェクトにするということを最初にやった人なんですが、彼が「ドクメンタ」という海外展でディレクターをした時に私が携わった縁もあり、「水の波紋」では彼がこちらを手伝ってくれました。土地の値段が作品以上に高い東京の一等地で、最初は何も方法論がない時代でしたので、手当り次第に思いつく手法を探していくと、商店会や町会、自治体など、街にはさまざまなレイヤーがあることが見えてきました。私にとってはそれが非常に新鮮だったし、展覧会のために色々協力をしてくれた人たちにご奉仕をしないとと思い、街のボランティアを行なうようになったのです。<続く>

インフォメーション

MAD Cityエリア内に誕生したアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」では、新たな公募アーティストの長期滞在が予定されており、審査結果の発表のほか、クラウドファンドでの支援も募集中。また、MAD Cityでも随時イベント等が開催中。詳細はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 寺井元一 

    寺井元一

    株式会社まちづクリエイティブ代表

    1977年生まれ。2002年にNPO法人KOMPOSITIONを設立。表現者に活動の場や機会を提供する活動を始める。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、渋谷・代々木公園でのストリートバスケ大会「ALLDAY」などを企画運営。2010年、まちづクリエイティブを設立し、「MAD Cityプロジェクト」開始。以降、「MAD City不動産」の運営、地域アートプロジェクト「松戸アートラインプロジェクト」の運営などに携わる。現在はエリアの町内会などを主体とする地域経営組織「松戸まちづくり会議」の事務局長も務めている。

  • 和多利浩一 

    和多利浩一

    キュレーター
    ワタリウム美術館

    ワタリウム美術館キュレーター。東京都渋谷区出身。1980年オンサンデーズ設立。美術書籍の出版社イッシプレス設立後、1990年ワタリウム美術館開館。ドイツのドクメンタ9で初の日本人スタッフ、第1回南アフリカ・ヨハネスブルグ・ビエンナーレ日本代表コミッショナーなど国内外で活動。地域ボランティアとして、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事なども務め、街づくりに参加してきた。