インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

谷口真人

アーティスト

高橋智隆

ロボットクリエイター

今回のインタビュアーは、アニメ少女のモチーフを独自の手法で表現したペインティング、映像インスタレーションなどの作品で注目を集めるアーティスト、谷口真人さん。その谷口さんがインタビュー相手として指名したのは、日本を代表するロボットクリエイターとして、オリジナル作品から企業との共同プロジェクトまでさまざまな仕事を展開し、各メディアからも引っ張りだこ状態の高橋智隆さん。三次元と二次元、物質とイメージなどの狭間に生じるものを作品テーマに据えてきた谷口さんが、物質としてのロボットを作り続けてきた高橋さんに、いま聞きたいこととは?

2. なぜミニチュアが嫌いなんですか?

高橋智隆 

何か大きなモノの縮尺モデルみたいなものは作りたくないんです。例えば、僕が作っているロボットの目が大きいのも、ミニチュアにはしたくないという理由からなんです。

Q.ロボットには自分が乗れるタイプのものもありますが、高橋さんがつくっているのがそういう方向ではないということも、モノが好きで眺めていたいという欲求が強いからですか?

高橋:たしかにそれはあるかもしれません。また、それ以前の問題として、単純に大きなモノを作ることが大変だということもあります。とにかく僕は、デカくて大味なものが嫌いなんです(笑)。仮に大きなものを作るとなると、大工仕事的な方向になり、クラフト的な要素がなくなってしまう。自分としては、ダイナミックに作っていくことよりも、もっと緻密にチマチマやっていく方が好きなんです。そうしないとモノが持っている精密さ、緻密さというものが出てこなくなってしまうんです。だから、本当は車なんかも自分にとっては大きすぎるんですよね。

Q.むしろラジコンなんかの方が良かったりするのですか?

高橋:ラジコンは昔やっていましたし、いま自分が好きだと感じる車のデザインも当時ラジコンで遊んでいたようなものに近いのですが、あまり好きになれないのは、無駄にビュンビュン動くところなんです。ディテールもちょっとチープに見えてしまうものが多いし、もっと重厚な感じで動いてくれたらいいのにと。要は、ミニチュアとして作られたものがあまり好きじゃないんです。例えば、僕が作っているロボットの目が大きいのも、ミニチュアにはしたくないという理由からなんです。何か大きなモノの縮尺モデルみたいなものは作りたくないんです。

ROBI

Q.たしかに高橋さんのロボットのパーツの中で、目のサイズ感は気になっていました。

高橋:目は凄く大事な部分で、例えば、ディアゴスティーニの「週刊ロビ」にしても、ボディはつや消しをしているけど、目はあえてツヤ感を出すようにしています。人形の目玉とかを見てみても、凄く凝っているじゃないですか。それだけ大事な部分だということなんですが、よくあるロボットには目の作りがいい加減なものが結構多いんですよね。目の部分が液晶になっていたり、LEDで光ったりするものなんかもありますが、そういう部分よりも目玉のカーブや透明感などの方が大事だと思っています。

Q.体長から身体のライン、丸っこくて大きな手など、人間の男の子的でありながら、機械っぽさもある。あくまでも原寸サイズとして存在しているようなものだからこそ、説得力があるんでしょうね。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 谷口真人 

    谷口真人

    アーティスト

    美術家。1982年生まれ。東京都出身。東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。これまでの主な展覧会に、個展に「Summer 2011」(2011年/Lamp harajuku B1 gallery)、「アニメ」(2011年/SUNDAY ISSUE)、「Makoto Taniguchi : Your Cinderella」(2009年/来来)、「neoneo展part1[男子]」(2009年/高橋コレクション日比谷)などがある。

  • 高橋智隆 

    高橋智隆

    ロボットクリエイター

    1975年生まれ。2003年京都大学工学部卒業と同時に「ロボ・ガレージ」を創業し、京大学内入居ベンチャー第1号となる。代表作に「ロピッド」「エボルタ」「週刊ロビ」「FT」「Gabby」など。ロボカップ世界大会5年連続優勝。米TIME誌「2004年の発明」、ポピュラーサイエンス誌「未来を変える33人」に選定。エボルタによるグランドキャニオン登頂、ルマン24時間走行等に成功し、ギネス世界記録認定。2013年夏に国際宇宙ステーションに向けロボット打ち上げ予定。(株)ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端研特任准教授、福山大学/大阪電気通信大学客員教授、ヒューマンキッズサイエンスロボット教室顧問。