インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

谷口真人

アーティスト

高橋智隆

ロボットクリエイター

今回のインタビュアーは、アニメ少女のモチーフを独自の手法で表現したペインティング、映像インスタレーションなどの作品で注目を集めるアーティスト、谷口真人さん。その谷口さんがインタビュー相手として指名したのは、日本を代表するロボットクリエイターとして、オリジナル作品から企業との共同プロジェクトまでさまざまな仕事を展開し、各メディアからも引っ張りだこ状態の高橋智隆さん。三次元と二次元、物質とイメージなどの狭間に生じるものを作品テーマに据えてきた谷口さんが、物質としてのロボットを作り続けてきた高橋さんに、いま聞きたいこととは?

1. ロボットを作る動機は何ですか?

高橋智隆 

自分が欲しいものを作って所有したいからなんですよ。はじめからあるならわざわざ作らないし、自分で作るメリットは、自分の理想のモノになるということくらいなんです。

Q.僕は人の存在を、半分イメージのようなものとして受け取っているところがあるんですね。例えば、同じ人と会って話す場合と、メールでやり取りする場合のどちらにしろ、物体としてその相手を捉えているというよりは、もう少しイメージ的な存在として見ている感覚があります。そうした感覚は自分の作品にも反映されていると思うのですが、一方で物質としてのロボットにこだわり、制作されている高橋さんには凄く興味があるんです。

高橋:僕はモノフェチなんですよ。工業製品が好きだし、それを所有して眺めることが楽しくて、さらに気に入らないところは自分で改造したりもする。例えば、いま僕が所有している車は、すべて色を塗り替えています。それはもとの色が気に入らないからで、自分で塗り替えることを前提に車を買ったりするんです。

Q.モノを集めることが好きなんですか?

高橋:いえ、いわゆるコレクターではないんです。コレクターの場合は、例えば特定のキャラクターが描かれているモノであれば何でも収集すると思うんですが、そういうことではないんですね。車だったら何でもいいわけではなく、これじゃないとダメだというのがあるんです。自分がロボットを作っているのもそれと同じで、自分が欲しいものを作って所有したいからなんですよ。人によっては作ることだけに興味があり、その後は捨ててしまったり、次作の材料にするような人もいるけど、僕は手元に置いておきたいんです。欲しいものがないから作っているだけで、はじめからあるならわざわざ作らないし、自分で作るメリットは、自分の理想のモノになるということくらいなんです。

Q.高橋さんとは逆で、僕はモノに対する執着があまりないんです。だから人のことも物体として捉えていないのかもしれないし、実際モノフェチという感覚がよくわからないんですよ。

高橋:例えば、ある時僕は車を運転することが嫌いだと気づいたんです。なぜなら自分がその中に入ってしまうとあまり楽しくないんですね。ガソリンスタンドで洗車してもらっているのを外から眺めている方がいいんです。例えば、女性と付き合うようになって一緒にご飯を食べている時に、彼女にキッチンから調味料を取ってきてもらうようにお願いをしたとしますよね。その時に、彼女がキッチンまで行って、帰ってくるのを眺めているのが好きなんです(笑)。

Q.えー! そういう時は何を見ているんですか? その人の動きとかですか?

高橋:うーん…(笑)、まぁ全体だと思うんですけど、絶対に動いている方がいいんですよ。例えば、逆に自分がキッチンに何かを取りに行ったとして、それを待っている彼女を見ていても別に楽しくないんですよ。<続く>


もっと知りたい人は…

  • 谷口真人 

    谷口真人

    アーティスト

    美術家。1982年生まれ。東京都出身。東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。これまでの主な展覧会に、個展に「Summer 2011」(2011年/Lamp harajuku B1 gallery)、「アニメ」(2011年/SUNDAY ISSUE)、「Makoto Taniguchi : Your Cinderella」(2009年/来来)、「neoneo展part1[男子]」(2009年/高橋コレクション日比谷)などがある。

  • 高橋智隆 

    高橋智隆

    ロボットクリエイター

    1975年生まれ。2003年京都大学工学部卒業と同時に「ロボ・ガレージ」を創業し、京大学内入居ベンチャー第1号となる。代表作に「ロピッド」「エボルタ」「週刊ロビ」「FT」「Gabby」など。ロボカップ世界大会5年連続優勝。米TIME誌「2004年の発明」、ポピュラーサイエンス誌「未来を変える33人」に選定。エボルタによるグランドキャニオン登頂、ルマン24時間走行等に成功し、ギネス世界記録認定。2013年夏に国際宇宙ステーションに向けロボット打ち上げ予定。(株)ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端研特任准教授、福山大学/大阪電気通信大学客員教授、ヒューマンキッズサイエンスロボット教室顧問。