インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

タナカカツキ

マンガ家
映像作家

濡れ頭巾ちゃん

サウナ愛好家

カンバセーションズにはこれで3度目の登場となるタナカカツキさんが、今回インタビュー相手に選んでくれた相手は、独自の目線で全国のサウナ施設を検証するブログ「湯守日記」が人気を集めているサウナ愛好家・濡れ頭巾ちゃん。サウナ好きが高じて、自らのサウナ体験をエッセイやマンガで綴った著書『サ道』を刊行してしまったカツキさんが、今回取材場所を提供してくれた「サウナ東京ドーム」さんでひと汗かいた後の休憩室で、奥深いサウナの世界を濡れ頭巾ちゃんから聞き出します。
取材協力:サウナ東京ドーム

1. サウナで「整う」ってどういうことですか?

濡れ頭巾ちゃん 

現世でよどんでしまったものが水によって浄化されて、全身が生まれ変わった時に、自然と「整った!」という声が出ちゃったんですよ。これこそが自分のオリジンに還っていく感覚なんです。

Q.湯守日記」は日本一内容の濃いサウナブログだと思うんですが、これを見てまず気になるのは、サウナや銭湯というのはある意味道楽なわけで、「一体この人は、普段何をしているんだろう?」ということだと思うんですよ。

濡れ頭巾ちゃん:広告/デザイン関係の会社で働いていますが、これはあくまでも仮の姿です。地方に行くことも多いんですけど、まずサウナありきで、そこに色々と理由をつけて出張を作っているところがあるくらいなんです。その場所に行って、仕事は5分くらいで済ませて、あとは5時間くらいサウナに入っていますね。出張というほどではない場合にしても、サウナ次第で行き先までの路線が変わるんですよ。だから、路線探索のアプリなんかでも、運賃や時間優先モードだけじゃなく、サウナという項目も欲しい。

Q.そのアプリ、開発が急がれますね。要は濡れ頭巾ちゃんは、基本サウナが優先だと。そこ重要ですね。とはいえ、残念ながら世の中的には、サウナってさほど興味を持たれていないと思うんですよ。サウナと言っても色々なものがありますが、多くの人が思い浮かべるのは、日本式のサウナですよね。

濡れ頭巾ちゃん:そうですね。日本のサウナというのは高温で、湿度が低いんですね。フィンランドなんかに行くと温度はもっと低いんですが、高温の石に水をかけた時の蒸気が立っていて、湿度は高いんです。

Q.以前に、フィンランド人のサウナ―の人と対談をさせて頂いた時に、「日本のサウナは、熱い中でただ身体を焼いているみたいだ」と言っていましたね。フィンランド人からすると重要なのは水風呂で、捉え方が全然違うんですね。濡れ頭巾ちゃんを筆頭に、日頃からサウナを楽しんでいる人たちにも、それぞれオリジナルの楽しみ方がありますよね。

濡れ頭巾ちゃん:そうですね。100人いれば100人分のサウナ観というのがあると思うんですね。僕自身は、サウナは単に温浴して汗を流すだけのものではなく、もっと根源的なものだと思っています。それは何かと言うと、「自分に還る」ということなんです。

濡れ頭巾ちゃんが執筆するブログ「湯守日記」。

Q.濡れ頭巾ちゃんが最初に言い始めて、いまやサウナ―の間で浸透している「整う」という表現がありますが、これはピッタリの言葉ですね。「リフレッシュ」や「ストレス解消」という言葉では言い切れないものがあるんですよね。「整う」と言われても、ねづっちのことくらいしか思い浮かばないサウナ未経験者も多いわけですが、この感覚もう少し説明して頂けますか?

濡れ頭巾ちゃん:サウナに入ると、汗や老廃物が全部出て、ドロドロしていた血液もサラサラになって、体内の血や水がすべて入れ替わる感じがするんです。世の中には仕事とかで色んな嫌なことがありますよね。そうした現世でよどんでしまったものが水によって浄化されて、全身が生まれ変わる。その時に、柔道で背負投げが決まって「一本!」と声が上がるのと同じような感覚で、自然と自分の内から「整った!」という声が出ちゃったんですよ。これこそが自分のオリジンに還っていく感覚なんです。よく若い人が自分探しをしますけど、サウナと水風呂の行き来を繰り返していくことで、すべてがスパーンと整って、自分が見つかるんです。

Q.でも、濡れずきんちゃんはしょっちゅうサウナに行っているじゃないですか。一体何度自分を失ってるんですか!(笑)<続く>

インフォメーション

3月7日「サウナの日」より、タナカカツキさんが「サウナ大使」に就任!! 同日、大阪・カバーナでは、サウナ大使任命式やサウナトーク、体験入浴などが開催される。 詳細はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • タナカカツキ 

    タナカカツキ

    マンガ家
    映像作家

    1966年大阪生まれ。1985年大学在学中にマンガ家としてデビュー。著書には『オッス!トン子ちゃん』『サ道』、天久聖一との共著「バカドリル」などがある。

  • 濡れ頭巾ちゃん 

    濡れ頭巾ちゃん

    サウナ愛好家

    全国のスパ・サウナ施設をめぐり、独自の目線で検証するブログ「湯守日記」の執筆者。サウナ⇔水風呂で心身を整えて酒場に繰り出すことを日課としている。大切なことはすべてサウナが教えてくれる。サウナこそ人生そのもの。