インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

タナカカツキ

マンガ家
映像作家

半田浩規

水草ショップ エイチツー目黒店 店長

オッス! トン子ちゃん」や「バカドリル」などのマンガから、CGを駆使した映像作品まで、幅広い分野でその才能を発揮するタナカカツキさん。そんな彼がここ数年すっかり魅せられているのが、水草の世界です。水草を未来のビジュアル表現と考えるカツキさんは、キリンジのCDジャケットのお仕事に水草水槽を登場させてしまうなど、水草普及のために公私にわたる奮闘を続けています。そんな彼が、いまインタビューしたい相手は、そのキリンジの仕事でコラボレートを果たした水草ショップ「エイチツー」の半田浩規さん。ショップの運営をしながら、世界水草レイアウトコンテストで幾度となく好成績を収めている水草界の匠に、稀代の天才クリエイターが独自の視点で迫ります。

1. まずは作品を見せて頂けますか?

半田浩規 

水槽を写真で撮って広めるということを始めた時にひとつの芸術になったと思うんですね。

Q.半田さんは、水草レイアウトの世界コンテストで第5位を2回も獲られているんですよね。つまり、日本では間違いなくトップレイアウターです。まずは、その半田さんの作品を、読者の皆さんに見てもらいたいと思うんです。僕は水草レイアウトを「水景画」と呼ばせてもらっているんですが、この作品は水の中というよりは山の景色、つまり風景ですね。

半田浩規さん 2004年世界水草レイアウトコンテスト出品作 ©Aqua Design Amano Co.,Ltd. All Rights Reserved.

半田:そうですね。僕は東京育ちなので、近くの自然というのがあまりわからないんです。だから、寄った景色よりも、引いた景色の方が作りやすい。もともと広く見える水槽が好きというのもあります。都会は家が狭いので、水槽くらい大きく見えるものがいいなと。だから、流木とかを使ってレイアウトをした場合でも、結局遠景を作ってしまうんです。例えば、うちのお店の馬塲(美香)という女性が作るレイアウトは、もっと近景のものが多いんですね。彼女は山に囲まれた環境で育ったから、本格的な自然を知っているんですよね。

馬塲美香さん 2010年世界水草レイアウトコンテスト出品作 ©Aqua Design Amano Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Q.同じくエイチツーの早坂(誠)さんの作ったこの水景もスゴいですね。僕はこれを見た時にショックを受けたんですよ。もはや「近景」「遠景」という次元ではなく、スーパー自由な表現。完全に絵だなと思いました。しかも、水槽の中に生態系ができていて、生物も草も生き生きしている。その上でこんなビジュアルが作れるんだと大きな可能性を感じました。同じお店の方だけでもこれだけスタイルが違っていて、スゴく面白い。

早坂 誠さん 2004年世界水草レイアウトコンテスト出品作 ©Aqua Design Amano Co.,Ltd. All Rights Reserved.

半田:「スタイル」ということをあまり意識したことはなかったですが、水槽を見るとその人の性格がわかりますよね。早坂のレイアウトはとても細かくて几帳面ですが、東京出身なので、自然の細かいところまでは見れていないと思うんですね。彼はよく、自然を見るよりもビルのデザインなどからヒントを得ていると言っているんですが、その感じはよくわかりますね。

早坂 誠さん 2004年世界水草レイアウトコンテスト出品作 ©Aqua Design Amano Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Q.目が肥えていない素人からすると、水草レイアウトはすべて同じに見えてしまうところもあって、自然の風景を模して、そのまま縮小しているんだと捉えられがちですが、この早坂さんの作品は、誰が見ても自由だと感じると思うんですね。その表現においての、自由さ、独創性を感じて、ああ、この世界はおもしろいなぁと感じたんですよ。

半田:人それぞれ作りたいものを作ればいいと思いますよ。ちなみに、レイアウトコンテストが始まるまでは、水槽の周りを動き回って眺めながら、三次元でレイアウトを考えるというのが一般的だったんですよ。でも、レイアウトコンテストは二次元の世界なんですね。ADAというメーカーの代表である天野(尚)さんという方が、水槽を写真で撮って広めるということを始めて、その時にひとつの芸術になったと思うんですね。水草というのは日々状態が変わるものなので、それを写真という二次元の形に残して伝えていくというのは、とても良いことだったと思っています。<続く>

もっと知りたい人は…

  • タナカカツキ 

    タナカカツキ

    マンガ家
    映像作家

    1966年大阪生まれ。1985年大学在学中にマンガ家としてデビュー。著書には『オッス!トン子ちゃん』『サ道』、天久聖一との共著「バカドリル」などがある。

  • 半田浩規 

    半田浩規

    水草ショップ エイチツー目黒店 店長

    有限会社エイチツー取締役。エイチツー目黒店店長。世界水草レイアウトコンテストで5位2回など上位多数。