インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

タナカカツキ

マンガ家
映像作家

古屋大貴

株式会社奇譚クラブ主宰

今回でカンバセーションズ2度目の登場となるマンガ家、映像作家のタナカカツキさん。前回の水草ショップ「エイチツー」半田さんに続き、カツキさんがインタビュー相手として挙げてくれたのは、フィギュア・カプセル玩具メーカー「奇譚クラブ」の古屋大貴さん。マニアックな”ガチャガチャ”アイテムを次々とリリースし、業界に旋風を巻き起こすまでの存在に成長した同社の代表である古屋さんの脳内を、カツキさんと一緒に覗いてみましょう。

1. どんなガチャガチャを作っているんですか?

古屋大貴 

うちは出禁になったガチャなんかも結構出してきているんですけど、みんなに嫌われるような情操教育も大事だと思うんです。

Q.奇譚クラブさんはすでにファンも多いですけど、まだまだ知らない人もいると思うんですね。そこでまずは、どんな商品を作っているのか、見せてもらいたいなと思います。

古屋:そうですね。これは「キノコシリーズ」の第一弾です。「ほぼ日」さんにも取り上げて頂きました。こっちには「山菜シリーズ」とかもありますね。

ネイチャーテクニカラーMONOキノコソフトストラップ2 「だったらカニそのものでいいじゃん!」(カツキ)

Q.「こんなん作ってどうすんの?」って感じ (笑)。でも、目の前に出されてみると、「オレ、これ欲しかったんや」って気づくというね。このカニとかも、裏側スゴいですよねぇ。普通フィギュアや人形は、デフォルメとかして違う表現になるはずなのに、本物とまったく同じ…。「だったらカニそのものでいいじゃん!」って話ですよね。…この「ウミウシ」とかも気持ち悪いですねぇ。

古屋:そう言われると喜んじゃうんですよね。こっちは「キノコシリーズ」のパート2ですね。キノコはパート3まで制作中です。もうすぐ「山菜シリーズ」の続編も発売になりますよ。

「この『ウミウシ』とかも気持ち悪いですねぇ」(カツキ) 「もうすぐ『山菜シリーズ』の続編も発売になりますよ」(古屋) 「このフジツボ最高!フジツボの断面!誰も求めてなかったけど、ほしい!」(カツキ)

Q.続編、誰も待ってないですよ(笑)。このフジツボとかもホントそっくりやなぁ。でも誰もフジツボ望んでない(笑)。他にも色々あるんですけど、こうやって見て頂いて、「これ知ってる!」と思った読者もいると思いますが、そこで気になるのが「このご時世にフジツボを作ろうと思った人の脳の仕組みはどうなっているのか?」ということなんです。そこを色々聞いていきたいと思うんですけど、その前にまずは、「ガチャガチャ」とみんな普通に呼んでいますけど、正式名称は何なんですか?

古屋:「ガチャ」とか「ガチャポン」とか大手のメーカーごとに商標登録しているんですよね。僕らは特にこだわりはないので、普通に「ガチャガチャ」って言っていますね。

Q.商品自体は「カプセルトイ」なんていう呼び方もされていますね。ガチャガチャメーカーというのは、どんなところがあるんですか?

古屋:大手だとバンダイさんやタカラトミーさん、エポックさん、システムサービスさんなんかがありますね。老舗だと今野産業さんとか、ビームさんとか、一般の人はあまり知らないようなメーカーもあります。昔は「コスモス」という伝説のガチャガチャメーカーが、かなりいかがわしいものばかり作っていて、スゴくショックを受けたんです。いまはもうなくなっちゃったんですけど、自分が子どもの頃にそういうものからショックを受けた経験があって、「もう一度こういうものを取り戻さないといけないんじゃないか」という思いがあるんです。例えば、土手で拾ったエロ本なんかもそうですが、そういうものから衝撃を受けることが、いまの子ども達にはなかなかないんじゃないかなと。

Q.普段は何か覆われていて見れないものだからこそ、グッと来るんですよね。いまは道端に屍骸とか落ちてないですもんね。僕らはどんだけ屍骸を凝視して育ってきたか(笑)。じゃあ、最近の子ども達は何を凝視してるの?って話ですよねぇ。

古屋:そうなんですよ。うちは出禁になったガチャなんかも結構出してきているんですけど、みんなに嫌われるような情操教育も大事だと思うんです。もちろんそれは一部ですけど(笑)、そういうものもうちでは一方的に出していっているんです。<続く>

インフォメーション

タナカカツキさん原案の新商品「コップのフチ子」は大絶賛展開中。取扱い店舗についてはこちらから。 その他の奇譚クラブ商品はこちらでご覧になれます。また、最新情報が随時更新されている奇譚クラブのブログも要チェック!

もっと知りたい人は…

  • タナカカツキ 

    タナカカツキ

    マンガ家
    映像作家

    1966年大阪生まれ。1985年大学在学中にマンガ家としてデビュー。著書には『オッス!トン子ちゃん』『サ道』、天久聖一との共著「バカドリル」などがある。

  • 古屋大貴 

    古屋大貴

    株式会社奇譚クラブ主宰

    1975年埼玉生まれ。株式会社ユージンでガチャガチャを学び、2006年に独立し株式会社奇譚クラブを設立。他社に真似できないクオリティとアイデアで、ガチャガチャ業界を躍進中。