インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

環ROY

ラッパー

角田光代

小説家

今回カンバセーションズにインタビュアーとして初登場するのは、今年4月に4枚目となるオリジナルアルバム「ラッキー」をリリースしたラッパーの環ROYさん。ヒップホップの解釈を押し広げながら、精力的な活動を続けている環さんがインタビュー相手として指名したのは、「空中庭園」「八日目の蝉」「対岸の彼女」など数々のベストセラー作品を世に送り出してきた作家・角田光代さん。同じ言葉を操る仕事を生業とし、人生の先輩でもある角田さんに、果たして環さんはどんな質問を投げかけるのでしょうか?

1. どんな気持ちで書いていますか?

角田光代 

これまで文学というのは何か大きなことを言わなきゃいけない風潮があるような気がしていたんですけど、もっと小さい話でも小説になるんじゃないか、私たちの暮らしというのは常に小さくて普通なんじゃないかと。

Q.角田さんの本で最初に読んだのは「空中庭園」です。ちょうどプライベートで問題があった時期で、現実逃避をするために手に取ってみたんですけど、人にはダメな部分が必ずあって、それを肯定してくれるような印象を受けました。

角田:なぜ私の小説には素敵な男が少なくて、ダメ男ばかり出てくるのかとよく聞かれるんです。でも、私はダメ男と思って書いているわけではないんですね。小説を書く時はいつも、いかに登場人物に説得力を持たせられるかを考えるんですけど、みんなの人気者で、嘘もつかなければ、浮気もしないというような人があまり考えられないんですね。むしろ、欠点の方から人物造形を考えていく方が説得力があると思っているんですけど、欠点のある人ってちょっと魅力的だったりするじゃないですか。自分の恋人が浮気性だったら嫌だけど、端から見ている分には、ちゃんとした人よりもむしろ魅力的だと思うんです。

Q.なるほど、自分なりにリアリティを追及していたら自然とそういう人物像になるということですね。これまでに読んだ角田さんの本で一番好きなのは「彼女のこんだて帖」です。何度も泣きそうになったほどです。書いてあることは凄く普通で、3軒くらい隣の家に住んでいそうな人が出てくるんだけど、そのなかで「幸福とは何か?」という普遍的なお話を、凄く微細に扱っていらっしゃているように感じました。自分もこんな詞が書けたらなと思いました。

角田:ありがとうございます。でも、「彼女のこんだて帖」って割と小さな話じゃないですか。そんなことをラップで歌ってもいいんですか? ラップは詳しくないですが、もっと攻撃的な感じのイメージがあったので。

Q.ラップが生まれてからもう40年くらい経っているんですけど、時間の経過の中で多様化してきていると僕は考えています。ですので極端な話、何を扱ってもいいと思っています。例えばですが、ダンス、踊りというのはもともと五穀豊穣を祈ったり、儀式的なものだった時間が長いと思うんです。絵画も、教会や貴族にオーダーされたなかで描かれてきた時間が長いですよね。でも、ある時からそうじゃなくてもよくなった。それと同じで、ラップ音楽も、既存の定型を通過して、より自由になっている時期なんだと解釈しています。

角田:なるほど、よくわかりました。私は、普段の生活とか、普通のことが凄く好きなんですね。ダンスやラップの話と同じで、これまで文学というのは何か大きなことを言わなきゃいけない風潮があるような気がしていたんですけど、もっと小さい話でも小説になるんじゃないか、私たちの暮らしというのは常に小さくて普通なんじゃないかと。それを書くことが、それこそ儀式から開放されて自由になるための第一歩なのかなと思っていた時期があったんです。<続く>


もっと知りたい人は…

  • 環ROY 

    環ROY

    ラッパー

    宮城県仙台市出身。東京都在住。2006年に1stアルバム「少年モンスター」を発表。以降、これまでにフルアルバム「BREAK BOY」「あっちとこっち」「ラッキー」を発表する。第15回文化庁メディア芸術祭大賞受賞作品「スペースバルーンプロジェクト」へ参加、楽曲提供を行う。FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする様々な大型音楽イベントへ出演するほか、全国各地、屋内外、様々な場所にてパフォーマンスを行う。

  • 角田光代 

    角田光代

    小説家

    1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞、03年『空間庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞を受賞。著者に『三月の招待状』『森に眠る魚』『くまちゃん』など多数。