インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

杉浦太一

株式会社CINRA 代表取締役

ヨシタケシンスケ

絵本作家

今回、カンバセーションズにインタビュアーとして初参加してくれるのは、カルチャーニュースサイト「CINRA.NET」の運営や、さまざまな企業や行政のWebサイト/メディアの制作などを手がけている株式会社CINRAの代表取締役・杉浦太一さん。そんな杉浦さんがインタビュー相手に選んだのは、先日最新作となる『このあと どうしちゃおう』を刊行した絵本作家のヨシタケシンスケさんです。亡くなったおじいちゃんが書き残したノートから、死について想像を巡らす主人公の少年をユーモアたっぷりに描き、各界から大きな反響を集めているヨシタケさんに、杉浦さんがいま聞きたいこととは?

1. なぜ絵本を描くようになったのですか?

ヨシタケシンスケ 

出版社の方からイラスト集にしようと声をかけて頂き、その本をきっかけに、イラストの仕事を受けるようになりました。その後、ブロンズ新社の編集者の方から連絡を頂き、最初の絵本をつくることになったんです。

Q.僕はヨシタケさんと同じ大学の出身で、社会学などを学んでいたのですが、ヨシタケさんは美術を専攻していたのですか?

ヨシタケ:はい。僕はもともとものづくりが好きで、大工や映画の小道具など職人系の仕事がしたかったので、芸術系の学部に入りました。その学部は主に現代美術を学ぶところだったのですが、現代美術は難解なイメージがあるし、何かしらの問題意識を社会に提起していかないといけないんじゃないかと思っていた。ただ、ちょうど僕の在学中は、先輩にあたる明和電機さんがデビューした時期で、自分も初期の制作の手伝いなどをさせてもらったのですが、アートをここまでエンターテインメントにできるということが驚きで、大きな影響を受けました。また、自分が好きなものを表明しつつ、それを表現として成立させていることも、それまで人に言われるがままに生きてきた自分にとっては非常に新鮮で、それ以来自分の制作も楽しくなっていきました。自分が好きなものを表現して、それを人に喜んでもらえることはやっぱり気持ち良いですし、将来はそういう仕事ができたらいいなと。

Q.あの大学は、学生生活を楽しめる人とそうでない人が二極化する傾向がありますよね。僕は完全に後者の方で(笑)、このままではヤバイと思って、学生時代にCINRAを起ち上げたのですが、ヨシタケさんは楽しい学生生活を過ごされていたみたいですね。

ヨシタケ:そうですね。大学に入ったことで初めて、それまでの自分はつまらない人生を送ってきたんだと気づいたところがありました(笑)。その分、就職してからの浮足立っている感はハンパなかったと思います(笑)。大学卒業後はゲーム会社に就職し、もぐらたたきのようなゲームセンターに置かれるローテクなゲーム機の企画開発をするようになりました。そこでは、いつも先輩から「お前の企画書は読み物としては面白いけど、このゲームに100円をつぎ込む人はいない」と言われていました。人を楽しませる方法にはいくつか種類があって、ゲーセンでは、人を興奮させるような射幸心をあおらないといけないんですね。でも僕がしたかったのは、むしろジンワリと人にニヤッとしてもらうようなことでした。当時はなかなか仕事が上手くいかない中で、企画書の端などに小学生が書く落書きのようなノリで、「課長なんて死ねばいいのに」みたいな愚痴を書いたりしていて(笑)。これが見つかるとさすがに問題になりそうだったので、一緒に女の子のイラストなんかを描いて、その子が言っているセリフだという言い訳を用意しつつ、いつでもすぐに手で隠せるように小さなサイズで描いていたんですが、それがきっかけで大きい絵が描けなくなってしまったんです(笑)。

Q.その頃から絵本を描きたいという思いはあったのですか?

ヨシタケ:それはありませんでした。ある時、その落書きを会社の経理の女性に見つかってしまったんですが、僕の絵を可愛いと言ってくれたんですね。もちろん、人に見せるためには描いていなかったから、そんなことを言われて、「この人は自分に好意があるのかな?」と思ってしまい(笑)、それまでの落書きをまとめた同人誌をつくったんです。それを、当時自分がつくっていた立体作品の個展の時に一緒に手売りしたんですが、まったく売れずに在庫が自宅にたまってしまったんです。それで、人に会う度にその本を渡していたのですが、それがまわりまわって出版社の方からイラスト集にしようと声をかけて頂き、その本をきっかけに、イラストの仕事を受けるようになりました。その頃にはゲーム会社は辞めていて、大学の同期が起ち上げた共同アトリエから造形の仕事をもらっていたのですが、日中はそれをしつつ、帰宅してから夜にイラストを描くようになりました。その頃にブロンズ新社の編集者の方から連絡を頂き、最初の絵本をつくることになったんです。<続く>

インフォメーション

ヨシタケシンスケさんの最新作『このあと どうしちゃおう』は、ブロンズ新社より発売中。

もっと知りたい人は…

  • 杉浦太一 

    杉浦太一

    株式会社CINRA 代表取締役

    2003年、大学在学中にCINRAを立ち上げる。アート、デザイン、音楽、映画などのカルチャーニュースサイト「CINRA.NET」や、アジアを中心としたバイリンガルシティガイド「HereNow」などの自社メディアの運営、企業や行政のメディア制作・運営、海外情報発信などに従事する。

  • ヨシタケシンスケ 

    ヨシタケシンスケ

    絵本作家

    1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、挿画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表。絵本デビュー作『りんごかもしれない』で、第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞、『りゆうがあります』で、第8回MOE絵本屋さん大賞1位など、数々の賞を受賞し、注目を集める。