インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

SPREAD

クリエイティブユニット

曽我部恵一

ミュージシャン

今回インタビュアーを務めてくれるのは、小林弘和さんと山田春奈さんによるクリエイティブユニット「SPREAD」。グラフィック、ウェブ、プロダクトなどさまざまな領域のデザインを手がける傍ら、人間の一日の行動を色に置き換え、24時間の時間軸に沿って記録するアートワーク「Life Stripe」を展開するおふたりが今回インタビューするのは、サニーデイ・サービスやご自身のバンド活動などで知られるシンガーソングライターの曽我部恵一さんです。「Life Stripe」にも一日の生活の記録を提供してもらった経験があるという曽我部さんに、SPREADのおふたりが聞きたいこととは?

5. なぜここまで続けられるのですか?

曽我部恵一 

ものづくりの究極的な満足度が得られるものが自分にとっては音楽で、これ以上はないんです。とにかく音楽が大好きだし、まだ全然止まる気配というのがないんです。

Q.曽我部さんにとって、音楽活動の出発点や原点はどんなところにあるんですか?

曽我部:昔から工作や絵などもの作りが好きだったんですよ。その究極的な満足度が得られるものが自分にとっては音楽で、これ以上のもの作りはないんです。人前で歌えて、おまけに形にも残らない。それが凄くロマンチックだなって。

SPREADによる「Life Type」は、アルファベットや数字、記号のスタンプを自由に押して、自分の生活や人生などを表現するプロジェクト。今回は曽我部さんにもトライして頂きました。 「『S』は曽我部の頭文字なんですけど、あちこちに誰かがいるような影が見えて、それらが寄り集まっているんだけど、実はそれらは全部自分を何かに投影しているだけなんじゃないかという思いを表してみました。結局人間はひとりだし、ひょっとして誰かいるかなと思っていたらそれが幻だったり、自分の投影だったりするというのが人生の面白さなんじゃないかと」(曽我部) 「時間に関する数字を押してみました。1分というのは60秒と決まっているし、時計にもメモリがあるけど、時間というのは人によって全然違うものですよね。そういう感じが自分の好きな音楽にも似ているし、時間をテーマに何かを作りたいというのは昔からずっとあるんです」(SPREAD小林)

Q.僕(小林)も音楽は大好きなんですが、リズムが上手く取れなくて、必ずみんなとタイミングがズレてしまうんです(笑)。コンサートではみんな手拍子とかをしますけど、周りに合わせるためにはある程度客観的にならないといけないんですよね。でも、一人ひとりこんなに違う人間なんだから本当は合うはずなんてないし、むしろ自分の方が自然なはずだと開き直ってからは、ライブも楽しめるようになったんです(笑)。

曽我部:それは凄く大事なことですよね。ライブをやっていると、完全にリズムがズレている人が見えるんですよ(笑)。この人はどうやって楽しんでいるんだろうと思うかもしれないけど、その人はその人で楽しんでいる。最近僕は曲を作る時に、自分が言いたいことをわかりやすくして提示するということをなるべくしないようにしているんです。そもそも人の心というのは、70%くらいはわからないものだと思っているんですね。それが本当のことだと思うし、もの作りにとって大事なことは、いかに自分のリズムをしっかり出せるかということだと思うんです。

Q.曽我部さんと同じように、僕(小林)が学生時代に聴いていたミュージシャンは他にもたくさんいるのですが、その後の活動が止まってしまったり、よくわからなかったりする人も多い。曽我部さんの活動を知ることができるのは音源のリリースがあるからなんですが、改めてそれは凄いことだなと。なぜずっとリリースし続けられるのですか?

曽我部:早川義夫さんという僕が大好きなミュージシャンがいて、彼はもともとジャックスというバンドをやっていたんです。バンドをやめてからもソロ作品を出したりしていたんですが、その後引退して、何十年も本屋をやっていたんです。90年代になって復活してアルバムを出したのですが、早川さんは「休んでいたということも自分にとっては歌なんだ」と言うんです。歌うことがない時には歌わないということが「歌」なんだと。それは絶対に正しいと思うし、自分も歌うことがなくなったら歌うべきじゃないと思っています。でも、まだそうなっていないだろうという意地もあるのかもしれないけど、とにかく音楽が大好きだし、まだ全然止まる気配というのがないんです。<インタビュー終わり>


インフォメーション

曽我部恵一さんの2年半ぶりとなるソロアルバム『超越的漫画』が11月1日にリリース。アルバムからの先行シングル「6月の歌」(※限定生産)は現在発売中。 SPREADは11月末にミラノ大学、サンマリノ大学で「Life Stripe」のワークショップを開催予定。また、SPREADがデザインを手がけるストールブランド「ITO」の2013年秋冬シリーズがまもなく発売予定。

もっと知りたい人は…

  • SPREAD 

    SPREAD

    クリエイティブユニット

    小林弘和と山田春奈によるクリエイティブユニット。あらゆる記憶を取り入れ、その記憶から境界を越えて『SPREAD=広がる』クリエイションを行う。2005年より、生活の記録をストライプ模様で表現するアートワーク「Life Stripe」を展開。主なデザインの仕事にCDジャケット「相対性理論/正しい相対性理論」、ストールブランド「ITO」など。主な受賞歴にD&AD Awards、red dot design award、iF design award、Pentawards、Design For Asia Award、Good Design Awardなど。

  • 曽我部恵一 

    曽我部恵一

    ミュージシャン

    1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。ソロと並行して、曽我部恵一BAND、サニーデイ・サービスとして活動。