インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

SPREAD

クリエイティブユニット

曽我部恵一

ミュージシャン

今回インタビュアーを務めてくれるのは、小林弘和さんと山田春奈さんによるクリエイティブユニット「SPREAD」。グラフィック、ウェブ、プロダクトなどさまざまな領域のデザインを手がける傍ら、人間の一日の行動を色に置き換え、24時間の時間軸に沿って記録するアートワーク「Life Stripe」を展開するおふたりが今回インタビューするのは、サニーデイ・サービスやご自身のバンド活動などで知られるシンガーソングライターの曽我部恵一さんです。「Life Stripe」にも一日の生活の記録を提供してもらった経験があるという曽我部さんに、SPREADのおふたりが聞きたいこととは?

2. 曲はいつ完成するのですか?

曽我部恵一 

時間切れとか、ふと間違って完成なんじゃないかと錯覚するとか、それこそ事故的なものでしかなくて。それを認識できているかどうかが大事で、完璧なものを作り上げようとすると難しい気がします。

Q.ジャマイカのレコードの話にもつながりますが、結婚相手の親戚って面白いなと思うんです。結婚相手というのはお互いに好き同士だからいいけれど、その先にいる親戚というのはまったく選択できないじゃないですか。中には凄い人なんかもいたりして、付き合っていくのは大変だけど、選択できない出会い方が面白いなと思うんです。そういう意図しないハプニング的な要素というのが、世の中が最適化にばかり向かうなかで少なくなっている気がします。

曽我部:そうですよね。アートなどのもの作りとは一見離れているような領域でそういうことが起こったりしますが、本当はそこにアートが立たないといけないなと思います。もの作りをそういうところから切り離してしまうのはちょっと違うと思うし、どうしようもないしがらみのなかで僕らは生きている。そこに立つということがあらゆるもの作りおいて大切なことだし、それでこそ初めてアートとしてカッコ良いものになるんじゃないかと。

Q.いまお話して頂いたことは、曽我部さんの曲を聴いていて自分に凄く馴染んでくる感覚と重なります。例えば「満員電車は走る」という曲は、誰もが知っている風景なんだけれど新鮮に感じるし、ここがアーティストが立つべき場所なんだなと。曽我部さんはそういう日常的なことを見つめられていて、そのメッセージにも凄く共感できます。

曽我部:日常ということよりも、まずは自分の歌であるということが大事なのかなと。聴く人たちに「お前はどうなんだ?」と問いかけるのではなく、あくまでも自分に対する問いかけなんです。人に問いかけてばかりいてもキャッチボールは起こり得ないし、つまらないと思うんです。自分に対する問いかけが、ひょっとしたら人に対する問いにもなり得るんじゃないかとか、自分が思っていることを誰かも思っているかもしれないとか、そういういう感覚ですね。

Q.曲を作っていて、これで完成だと感じる瞬間はありますか?

曽我部:そういうタイミングは本当にないんです。時間切れとか、ふと間違って完成なんじゃないかと錯覚するとか、それこそ事故的なものでしかなくて。もの作りに完成は絶対ないと思っていて、生きている間はずっともの作りだから、結局そういうタイミングでしかない。それを認識できているかどうかが大事で、完璧なものを作り上げようとするとなかなか難しい気がします。例えば、キューブリックのように凄く時間をかけて、数少ない完璧な作品を作っていくようなスタンスも憧れるけど、僕の場合はもっと量産していって、その中に良いものもあれば、よくわからないものもあるというバランスでいいと思っています。よくわからない作品というのは、その時の自分がよくわからなかったからできたものだと思うし、いま自分が残せるものを毎日やるという感覚で作っています。<続く>

インフォメーション

曽我部恵一さんの2年半ぶりとなるソロアルバム『超越的漫画』が11月1日にリリース。アルバムからの先行シングル「6月の歌」(※限定生産)は現在発売中。 SPREADは11月末にミラノ大学、サンマリノ大学で「Life Stripe」のワークショップを開催予定。また、SPREADがデザインを手がけるストールブランド「ITO」の2013年秋冬シリーズがまもなく発売予定。

もっと知りたい人は…

  • SPREAD 

    SPREAD

    クリエイティブユニット

    小林弘和と山田春奈によるクリエイティブユニット。あらゆる記憶を取り入れ、その記憶から境界を越えて『SPREAD=広がる』クリエイションを行う。2005年より、生活の記録をストライプ模様で表現するアートワーク「Life Stripe」を展開。主なデザインの仕事にCDジャケット「相対性理論/正しい相対性理論」、ストールブランド「ITO」など。主な受賞歴にD&AD Awards、red dot design award、iF design award、Pentawards、Design For Asia Award、Good Design Awardなど。

  • 曽我部恵一 

    曽我部恵一

    ミュージシャン

    1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。ソロと並行して、曽我部恵一BAND、サニーデイ・サービスとして活動。