インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

新津保 建秀

写真家

ドミニク・チェン

株式会社ディヴィデュアル

今回カンバセーションズに初登場となるのは、企業のための広告や映像の撮影、建築、文芸、音楽、情報デザインなど領域を横断したドキュメントと共同作業を多く手がけている写真家の新津保建秀さん。そんな新津保さんがインタビュー相手に選んだのは、インターネット上における表現活動やコミュニケーション、コミュニティのあり方などに関する数々の著作で注目を集めるドミニク・チェンさん。スマートフォンアプリの開発などを行う株式会社ディヴィデュアルの設立メンバーでもあり、新たな視覚共有アプリをまもなくリリースするというドミニクさんに、新津保さんが聞きたいこととは?

1. どんな子供時代を過ごしましたか?

ドミニク・チェン 

ファミコンの影響が強かったからかビジュアルに対する関心が強く、祖父の形見のペンタックスで写真を撮ったりもしていました。

Q.ドミニクさんの少年時代はどんなものだったのですか?

ドミニク:81年生まれの僕にとって、幼い頃の遊びの記憶はまずファミコンなのですが、父親がオタクの走りのような人で、「PCロクハチ」と呼ばれていた日本産のマイコンが家にあるような環境だったんですね。マイコンを使って、当時プログラム雑誌に書かれていたコードを打ち込むと、音が出たり図形が動いたりして、自分が好きだったファミコンのゲームがつくられる過程を垣間見るような感覚がとても面白かったんです。また、8歳年上の兄の影響で、小学生の頃からエレクトロニカなどをよくわからないまま聴いたり、吉田戦車相原コージなどの不条理系のマンガを読んだりしていました。ファミコンの影響が強かったからかビジュアルに対する関心が強く、近所に開館したばかりだった東京都写真美術館に自転車で行ったりしていましたし、祖父が満州で新聞記者をやっていたこともあり、形見としてもらったペンタックスで写真を撮ったりもしていました。また、父親が仕事でMACとスキャナーを使っていたので、10歳の頃には撮影した写真を取り込んで、Photoshopで合成したりもしていましたね。

Q.当時の作品を見てみたいですね(笑)。中学・高校時代はどうだったんですか?

ドミニク:小学校を卒業してからは日本のフランス人学校に進んだのですが、父の転勤でフランスに行くことになり、高校生までは向こうで過ごしました。フランスやアメリカが面白いのは、オタクの人たちがとても社交的なところで、ゲームやアニメへの愛情をまったく隠そうとしないんですね。僕が学校をさぼって、パリのシャンゼリゼ通りにある映画館で「攻殻機動隊」を見て衝撃を受けたことをフランス人の友達に話すと、みんな凄く興奮するんです(笑)。オタク的な話題が広く共有できる気持ち良さというのがありましたね。あと、フランス人はお酒を飲むと余興的に政治談義をするようなところがあって、そういうフランスならではの文化の薫陶も受けました。フランスではあまりにバカをやりすぎて、高校2年の時に落第してしまったんですが、中・高校生の偶数年は落第しても自分の意志で進学ができるという不思議なシステムのおかげで救われました(笑)。

Q.とはいえ、オタクと聞いて日本人がイメージするような人物像とは違って、ドミニクさんはどちらかというとリア充というか、コミュニケーション力がとても高いですよね。

ドミニク:いえ、全然高くないですよ! でも、アホな青春時代をフランスで過ごしたことで、身体的な感覚のようなものが多少培われたのかもしれません(笑)。先ほどもお話したように僕は81年生まれなのですが、コンピューターが特殊なものと捉えられていた少し上の世代とは違い、僕らは物心ついた頃からゲームのコントローラーを握っていて、ピクセルが動くとともに身体も反応するような感覚を持っているんですね。その後ネットが普及して、遠く離れた友達にメールが送れるようになったりして、なんだこの世界は!と(笑)。もっと下の世代になると、インターネットなども当たり前なんでしょうが、ちょうど僕らはネットやコンピュータに対する常識と驚きの間にいる世代で、身体とコンピューターが完全に一体化はしていないけど、情報のレイヤーなしでは生きていけないような感覚を持ち合わせているのかなと。大学院では、生命と情報の関係について研究したのですが、インターネットとの出会いには、18世紀の物理学者が顕微鏡によって新たな世界を発見したことに近い驚きがある気がしていて、それを客観的に記述したいという思いがあるんです。<続く>

インフォメーション

ドミニクさんが開発した視覚共有アプリ「Picsee」のダウンロードはこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 新津保 建秀 

    新津保 建秀

    写真家

    映像、写真、フィールドレコーディングによる制作を行う写真家。近年の活動に、雑誌『思想地図β』誌上における、福島県およびチェルノブイリの取材、代官山ヒルサイドテラスと周辺地区のドキュメント《Hillside Scenery》などがある。著書に『\風景』(角川書店)、『Rugged TimeScape』(池上高志との共作、フォイル)、『Spring Ephemeral』(フォイル)など、関連書籍に『建築と写真の現在』(TNプローブ)、『MTMDF』(HAKUHODO DESIGN)などがある。

  • ドミニク・チェン 

    ドミニク・チェン

    株式会社ディヴィデュアル

    1981年東京生まれ。フランス国籍。博士(東京大学、学際情報学)。NPO法人コモンスフィア理事。株式会社ディヴィデュアル共同創業者。主な著書に『インターネットを生命化する〜プロクロニズムの思想と実践』(青土社、2013年)、『オープン化する創造の時代〜著作権を拡張するクリエイティブ・コモンズの方法論』(カドカワ・ミニッツブック、2013年)、『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック〜クリエイティブ・コモンズによる創造の循環』(フィルムアート社、2012年)。