インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

鈴木 心

写真家

ハリス鈴木絵美

「Change.org」キャンペーン・ディレクター

今回のインタビュアーは、写真展や作品集の制作から、広告や雑誌などさまざまな媒体での仕事まで精力的な活動を続けている写真家の鈴木心さん。そんな鈴木さんがインタビュー相手に選んだのは、全世界196カ国にユーザーを持つ世界最大の署名プラットフォーム「Change.org」の日本におけるキャンペーンディレクター、ハリス鈴木絵美さん。アメリカ在住時にバラク・オバマ氏の大統領選挙に関わった経験を持ち、テレビなどさまざまなメディアで目にする機会も増えている絵美さんに、東日本大震災以降、故郷の福島・郡山市での活動も展開している鈴木心さんが、文字通り「CHANGE」をテーマに話を聞きました。

1. 何から変えていけばいいですか?

ハリス鈴木絵美 

まずは小さな成功事例を積み重ねていくことで、みんなにシステムに対して自信を持ってもらうことが大切かなと思っています。

Q.僕は写真家として、歴史上最も多くの人がカメラを持っているこの時代に、平面上だけで何かを表現するのではなく、社会の中でどう写真を使えば世の中がより良くなっていくかということを考えていきたいと思っています。例えば、写真愛好家の人たちには、自分の中にある美の概念を疑わずに山や風景の写真を撮り続けている人たちも多いですが、ただ美的感覚を露骨にした風景写真だけではなく、その感覚を疑うような社会的な風景写真というものがあってもいいかもしれないし、写真を使った政治的な活動などもできるかもしれない。ツールとしての写真が爆発的に普及したのに、まったくリテラシーは上がっていない。写真が持つ多様な機能を十分に発揮し切れていない現状に対して、自分なりのやり方を編み出しながら、少なからず状況を「変えたい」と考えているんです。

絵美:自分の中に植え付けられた美の概念にクエスチョンしていかないというのは本当にその通りですよね。「Change.org」のキャンペーンにしても、まず自分が何かを考えて、変えたいと思わなければ始まらないんですね。「Change.org」自体はそのための場を提供しているツールでしかなくて、ユーザーが自主的に何かを変えたいと思ってコンテンツをアップしていくわけですが、日本が難しいのは、みんな何を変えたいのかわからないということなんです。鈴木さんがやられている写真にしても、「Change.org」のキャンペーンにしても、まずは自分がどう思うかという意見を主張できるところまで持っていかないと難しいんじゃないかなと。

Q.僕は基本的にシンプルなものが好きなんですけど、先日大胆にも赤い車を買ったんです。中古車でコンデションが良いのがその色しかなかったからしかたなく買ったんですが、いざ乗ってみると、赤い車に乗る人の気分というのがわかりました (笑)。その時に気づいたのは、結局自分は外からの目を気にして車の色を選んでいたんだということだったんですね。例えば、これが海外の人なら、赤が好きだからという理由だけで買うと思うんですけど、もしかしたら僕は知らず知らずのうちに周りからの見え方を気にして意見を言うということをやっていたのかなと。 それって日本人的なんじゃないかなって。

絵美:日本の場合は、ある程度情報を得た上で、自分がそれを分析して、考えて、意見を持つというトレーニングをする機会がないというのも大きいですよね。世界に答えはひとつしかなく、1枚の絵しか描けないというのは残念な状況だなと思います。日本でも色んなことが変わり始めているとは思いますが、最も必要なのはアイデアの多様性。それぞれが個人的にどう思うのかということが問われていると思います。

Q.何かを変えるというのは凄く難しいことだし、大きな仕組みがガチャって変わるようなイメージを持ってしまうと、大変そうに感じてしまいますよね。最初は僕もそう考えていて、本当に何かを変えるなら自分の街の市長くらいにはなる必要があると思っていたんですけど、そこに行き着くまでの選挙運動というのは、あまりにも自分の理念に反した活動だったりする(笑)。それならまずは自分の手が届く人たちと感覚をシェアしていくことで、最終的にたくさんの人とつながっていくのが理想だなと。

絵美:変化した後に自分の生活がどうなるかが見えないままで変化を求めるのは相当難しいですよね。まずは小さな成功事例を積み重ねていくことで、みんなにシステムに対して自信を持ってもらうことが大切かなと思っています。「Change.org」全体で見ても、大きな革命を起こすというよりも、自分の子供がいる学校に何かを求めるとか、生活に直結したところで使われている場合が大半なんですね。もしこれが法律や生活保護など国家レベルの問題になると、決断者が自分から遠すぎて、そこに対して影響を与えられる気がしないですよね。私も選挙には行くけど、本音では自分の一票で日本が変わるとは信じ切れていないところがあるし、それよりは自分と同じ意思を持っている人たちと小さなコミュニティを結成した上で活動したいと思っています。自分の力で何かに参加して変えていくという経験を重ねることが大切だと思うし、例えばそれがAKB48のライブをUstreamで流してほしいというようなことでもいいと思うんです。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 鈴木 心 

    鈴木 心

    写真家

    1980年郡山生まれ。東京工芸大学写真学科卒業。銀閣寺同仁写真部部長。広告、雑誌の写真制作、テレビCMなどの映像制作をする傍ら、写真のワークショップの開催や自身の作品制作発表を国内外で継続的に行っている。主な仕事に「NHK大河ドラマ平清盛」ポスター撮影、「JR SKISKIキャンペーン」ポスター撮影、「福島テレビ FTV@HOME」CM撮影などがある。最近は毎週郡山に帰って来るチャキチャキの郡山っ子。

  • ハリス鈴木絵美 

    ハリス鈴木絵美

    「Change.org」キャンペーン・ディレクター

    米国人の父と日本人の母の間に生まれ、高校卒業まで日本で育つ。米イェール大学卒業後はマッキンゼー&カンパニー、オバマ氏の選挙キャンペーンスタッフ、ソーシャルインキュベーター企業Purposeの立ち上げなどを経て、2012年にChange.orgの日本代表に就任とともに帰国。