インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

鈴木 心

写真家

ハリス鈴木絵美

「Change.org」キャンペーン・ディレクター

今回のインタビュアーは、写真展や作品集の制作から、広告や雑誌などさまざまな媒体での仕事まで精力的な活動を続けている写真家の鈴木心さん。そんな鈴木さんがインタビュー相手に選んだのは、全世界196カ国にユーザーを持つ世界最大の署名プラットフォーム「Change.org」の日本におけるキャンペーンディレクター、ハリス鈴木絵美さん。アメリカ在住時にバラク・オバマ氏の大統領選挙に関わった経験を持ち、テレビなどさまざまなメディアで目にする機会も増えている絵美さんに、東日本大震災以降、故郷の福島・郡山市での活動も展開している鈴木心さんが、文字通り「CHANGE」をテーマに話を聞きました。

インタビューの前に

鈴木 心 

いま、鈴木心さんが聞きたいこと

「「僕は普段めったにテレビを見ないのですが、お盆に妻の実家にいる時にたまたまつけた番組に絵美さんが出演していたんです。そこでは、あるテーマに関する議論が行われていたんですが、ほとんどの人たちが自分の経験に直結したひとつの答えしか出さないなかで、絵美さんだけが相対的なふたつの意見を出していました。僕は自分にとって最善だと思うひとつの答えを出せばと考えていたのですが、絵美さんの話を聞いて、これこそがいま自分に必要な意見の仕方だと感じたのです。でも、テレビでは長くなる絵美さんの話が中途半端な状態でCMに入ってしまい(笑)、その先の流れが凄く気になり、もっとこの人の物事の考え方を聞きたいと思ったんです。
絵美さんは、アートとして何かを作るのではなく、現象を作ることが仕事ですが、僕がいま必要としている要素をすでにお持ちになっているなと感じます。最近、同世代で話を聞いてみたいと思う人がなかなかいなかったのですが、自分より年下の女性が偶然お盆の時期に自分の前にパッと現れて、まさにこういう人が現れるのを待っていたと。いま僕が会いたい人ランキング1位の人なので緊張していますが、色々と質問を投げさせてもらいながら、どんなことを考えているのか聞いてみたいと思っています」

もっと知りたい人は…

  • 鈴木 心 

    鈴木 心

    写真家

    1980年郡山生まれ。東京工芸大学写真学科卒業。銀閣寺同仁写真部部長。広告、雑誌の写真制作、テレビCMなどの映像制作をする傍ら、写真のワークショップの開催や自身の作品制作発表を国内外で継続的に行っている。主な仕事に「NHK大河ドラマ平清盛」ポスター撮影、「JR SKISKIキャンペーン」ポスター撮影、「福島テレビ FTV@HOME」CM撮影などがある。最近は毎週郡山に帰って来るチャキチャキの郡山っ子。

  • ハリス鈴木絵美 

    ハリス鈴木絵美

    「Change.org」キャンペーン・ディレクター

    米国人の父と日本人の母の間に生まれ、高校卒業まで日本で育つ。米イェール大学卒業後はマッキンゼー&カンパニー、オバマ氏の選挙キャンペーンスタッフ、ソーシャルインキュベーター企業Purposeの立ち上げなどを経て、2012年にChange.orgの日本代表に就任とともに帰国。