インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

HOUXO QUE

美術家

松村宗亮

茶道家
SHUHALLY代表

今回インタビュアーを務めてくれるのは、現代における絵画表現の可能性を追求する美術家として、国内外で精力的な活動を展開しているHOUXO QUEさん。そんなQUEさんがインタビューするのは、横浜・関内にあるマンションの一室に茶室を設け、新しい「茶の湯」の提案を目指すSHUHALLYの代表である裏千家 茶道家・松村宗亮さん。偉大な先人たちが培ってきた伝統文化を尊重しながら、日本独自の美意識を更新すべく精力的な取り組みを行う松村さんに、 QUEさんが聞いてみたいこととは?

3. いま茶の湯を嗜む魅力は何ですか?

松村宗亮 

この茶室には現代的な要素を取り入れていますが、これらはこの場所に来なければ体験できない。ここに来て、触る、味わう、話すという体験はひとつの魅力だと思います。

Q.「ハマーのような茶室」というフレーズがありましたが、その感覚からはかつての舶来品を楽しむ文化に近いものを感じます。「文彩庵」にあるのは、利休の「侘数寄」のような「レス・イズ・モア」を目指す美意識とは少し違うと思うんですね。「写し」という伝統的な文化を踏襲しつつ、現代的な装飾性が同居している状態が非常に面白いと感じました。

松村:結局どこまで行ってもこの時代の自分がやっていることなのだという意識が前提にあります。例えば、美術館や博物館のガラスケースに入れられているようなクラシックな道具などもとてもシビれるのですが、これらは当時の空気を吸収した人たちによってアウトプットされたものだから、それをコピーするだけでは勝負にならないと思うんですね。おこがましいですが、やっぱり(千)利休(古田)織部(小堀)遠州たちと勝負したい。現代的な要素をとりわけ意識しているわけではないですが、それらがアウトプットとして出てくるのは当たり前のことだと思うし、この時代にしかないステンレスやLEDという素材を使っているのも同じことなんです。

QUEさんがアーティストとして参加した光茶会。 Photo: 田村孝介 Photo: 田村孝介

Q.SHUHALLYでは、若手の陶芸家や現代アーティストの作品を積極的に取り入れていますよね。僕らが思い描く茶道の世界というのは、歴史的な価値が担保されていて、持つこともためらわれるような器が出されるイメージがあるのですが、松村さんは非常にアバンギャルドな人たちの作品や道具をあえてセレクトされているように感じます。

松村:利休は晩年になってから、急にアバンギャルドな道具を使うようになったんですね。それまではそれこそ歴史的な価値が担保された美しい道具を使っていたのですが、急にボテッとした茶碗や、節が真ん中にある茶杓などを使って客をもてなすようになりました。個人的には、この価値の大転換というものが利休の最も凄い点だと思っているのですが、ここで使われている道具というのは、やはり当時の現代作家のものなんですね。そのクレイジーさ、アバンギャルドさに大きな衝撃を受けたし、自分もその系譜の中でお茶をやりたいという思いが根底にあるのだと思います。茶道の世界では、誰々がつくった茶碗ということがブランドになるのですが、大してわかりもしないくせに、作家の名前を聞いた瞬間に反応が変わるのがムカつくんです(笑)。もちろん知識を持つことで楽しめる世界も素敵だと思いますが、自分としては現代作家がつくるものを使う方が楽しいし、彼らと一緒に成長していくことで、いつかそれが自分のお茶になっていくのではないかと思っています。

Photo: 田村孝介

Q.例えば、いまの時代に利休や織部がいたら、どんな素材で茶室を建てるのかということにとても興味がありますが、おそらく土壁一択ではないと思うんです。古くから続く伝統や美意識がある一方で、いま僕たちが生きている時代は当時とは大きく違うものですよね。そのなかで、いま茶の湯を楽しむということには、どんな魅力があると思いますか?

松村:人間の根源的な部分は変わらないと思っているので、限られた時間だけ日常から切り離されるスペシャルな体験という点は昔もいまも変わらない茶道の楽しみだと思います。また、この茶室には現代的な要素をふんだんに取り入れているのですが、これらはこの場所に身体を持ってこなければ体験できないんですね。ここに来て、触る、味わう、話すという体験もひとつの魅力だと思います。<続く>

もっと知りたい人は…

  • HOUXO QUE 

    HOUXO QUE

    美術家

    東京を拠点に活動する美術家。10代でグラフィティと出会い、壁画中心の制作活動を始める。蛍光塗料とブラックライトを用いたインスタレーション作品「day and night」で知られ、 近年はディスプレイに直接ペイントをする「16,777,216view」シリーズなどを発表。 過去には、YVES SAINT LAURENT、Lane Crawford、TOPSHOPとのコラボレーションや、 文化庁メディア芸術祭ドルトムント展にて平川紀道との共作を展示などを行っている。

  • 松村宗亮 

    松村宗亮

    茶道家
    SHUHALLY代表

    伝統を重んじながらも、 「茶の湯をもっと自由に!もっと楽しく!」というコンセプトによる活動が共感を呼び、全国の百貨店(新宿伊勢丹、銀座三越、渋谷西武等)やギャラリー、また海外(ベルギー、スペイン、アメリカ、フランス、ポーランド等)からも招かれ多数の茶会を開催。伝統文化によるチャリティイベントを主催するなど、日本文化の新たな伝統の開拓・発信に努め幅広く活動中。