インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

HOUXO QUE

美術家

松村宗亮

茶道家
SHUHALLY代表

今回インタビュアーを務めてくれるのは、現代における絵画表現の可能性を追求する美術家として、国内外で精力的な活動を展開しているHOUXO QUEさん。そんなQUEさんがインタビューするのは、横浜・関内にあるマンションの一室に茶室を設け、新しい「茶の湯」の提案を目指すSHUHALLYの代表である裏千家 茶道家・松村宗亮さん。偉大な先人たちが培ってきた伝統文化を尊重しながら、日本独自の美意識を更新すべく精力的な取り組みを行う松村さんに、 QUEさんが聞いてみたいこととは?

1. なぜ茶道に興味を持ったのですか?

松村宗亮 

ある種自分のことを棚に上げて(笑)、立ち振舞や態度など背景にある考え方や哲学的なことを指導しながら、自分自身も成長できる仕事だと感じたんです。

Q.まずは、松村さんがどのような環境の中で茶道というものに興味を持ったのかをお聞きしていければと思います。

松村:私の実家は代々横浜なのですが、海外文化が入りやすい土地柄、周囲に多くの外国人がいる環境で育ったんですね。その中で当然のように海外文化に興味を持つようになり、高校生の頃には自分でラップなどもやっていました。その流れでアメリカ留学を志すようになったのですが、日本の大学に入ってから留学するのもひとつの手ではないかと親から言われ、日本の大学の哲学科に入りました。やがて、フランスなどヨーロッパの哲学に興味を持つようになり、大学3年の時に休学をして1年間ヨーロッパに行ったんです。当時は、日本文化を意識することはほとんどなく、むしろヨーロッパ人になりたいと思うほど外国かぶれでした(笑)。日本人である僕がヨーロッパにいると、禅のことなどを聞かれるのですが、何も答えられない自分がいて…。結局語学を習得しても語るべき内容を持っていないということを痛感し、方向転換をして帰国したんです。

Q.僕は、メッセンジャーバイクを背負ってニューヨークに行き、現地の友人が紹介してくれた家を転々とまわるような生活を3週間くらいしたことがありました。僕には日本の他に、中国、台湾、韓国の血も流れているのですが、ニューヨークで触れ合ったローカルの人たちにとっては、そんな複雑なアイデンティティなど関係なく、僕はジャパニーズでしかないんですよ。そこで自分が日本人であるということをとても考えさせられましたし、松村さん同様に、日本の美意識や文化を思いのほか知らないということに気づきました。日本文化にもさまざまなものがあるなかで、松村さんはなぜ茶道を選んだのですか?

松村:日本文化を見つめ直したいと思ったものの、その時点では「外国人が見たニッポン」程度のイメージしかなかったんです(笑)。日本らしい芸事といえば、華道、書道、茶道だろうということで、それぞれやってみたんです。華道の型を学んで花を活けていくことも、筆さばきを覚えてきれいな字が書けるようになっていくことも非常に楽しかったのですが、お茶だけは正座がとにかくきつくて、苦痛だったんです。ただ、お茶というのは他のふたつと少し変わっていて、もちろんお点前の仕方も教えてくれるのですが、それ以外のあいまいな要素が多いんです。先生からは、立ち振舞や態度など背景にある考え方や哲学的なことを指導されることが多くて、単純にその立場が面白いと思ったんです。もともと哲学には興味があったし、ある種自分のことを棚に上げながら(笑)、生徒とコミュニケーションをしながら自分自身が成長できる場だと感じたんです。

Q.お茶の教室というと、秘匿されていて敷居が高いイメージもありますが、ご自身で教室を開くにあたり、どのようなことを考えたのですか?

松村:お茶の教室というのは、経済的に余裕のある人が、商売関係なく教えていることも多くて、ネットなどでもあまり出てこなかったり、料金が明示されていないこともよくあるんです。ある種閉鎖的な空間なのですが、それでは若い人たちはなかなか入ってこれないですよね。ただ、自分がお茶に対して面白いと感じたのだから、周りの人たちも同様に面白いと思ってくれるはずだという変な確信があったんです。そして、若い女性たちにファッションや美容の代わりにお茶にお金を出してもらうためには、しっかりわかりやすい形にする必要があると考えました。現代の様式に合わせたお茶の教室を開くことができれば、ビジネスにもなるのではないかと考えたんです。<続く>

もっと知りたい人は…

  • HOUXO QUE 

    HOUXO QUE

    美術家

    東京を拠点に活動する美術家。10代でグラフィティと出会い、壁画中心の制作活動を始める。蛍光塗料とブラックライトを用いたインスタレーション作品「day and night」で知られ、 近年はディスプレイに直接ペイントをする「16,777,216view」シリーズなどを発表。 過去には、YVES SAINT LAURENT、Lane Crawford、TOPSHOPとのコラボレーションや、 文化庁メディア芸術祭ドルトムント展にて平川紀道との共作を展示などを行っている。

  • 松村宗亮 

    松村宗亮

    茶道家
    SHUHALLY代表

    伝統を重んじながらも、 「茶の湯をもっと自由に!もっと楽しく!」というコンセプトによる活動が共感を呼び、全国の百貨店(新宿伊勢丹、銀座三越、渋谷西武等)やギャラリー、また海外(ベルギー、スペイン、アメリカ、フランス、ポーランド等)からも招かれ多数の茶会を開催。伝統文化によるチャリティイベントを主催するなど、日本文化の新たな伝統の開拓・発信に努め幅広く活動中。