インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

勅使河原一雅

アートディレクター
ウェブデザイナー

原 和彦

臨済宗常福寺住職

今回カンバセーションズに初登場するのは、グラフィックとプログラミングを駆使した独自の作品世界をインタラクティブメディア上で発表し、国内外から高く評価されるクリエイター、qubibiでの活動でも知られる勅使河原一雅さん。そんな勅使河原さんがインタビュー相手として指名したのは、神奈川県相模原市にある臨済宗建長寺派「常福寺」の住職・原 和彦さん。禅寺でありながら、現代音楽、舞踏、映像などの分野で活動するさまざまな表現者を招いて開催される「常福寺ライブ」を年に2回開催している原さんに、昨年同ライブに出演した経験を持つ勅使河原さんが、いま聞きたいこととは?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。3月24日発売の『QUOTATION』VOL.18の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

2. 説明をしないのはなぜですか?

原 和彦 

寺という精神性が高いとされている空間で、老若男女関係なく、わけのわからないものを楽しんでくれている。その反応を見ることがこのライブをやっているひとつの楽しみなんです。

Q.ライブの後、若い方から年配の方まで、幅広い層の方々とお話ができてとてもうれしかったのですが、あのライブにはどのようにして人が集まってきたのですか?

原:そう感じて頂けたならありがたいですね。実は、ライブにいらっしゃるご年配の方たちの中に檀家さんはほとんどいないんですよ。誰にでも間口は広げているのですが、おかげさまで続けていくうちに信頼を得られてきたということが一番ありがたいですね。始めた頃は、各所に協賛をお願いしたりしながら一生懸命赤字にならないようにがんばってきたのですが、次第に赤字覚悟でやるようになっていきました(笑)。その結果いまは、老若男女関係なく自分で来たいと思ってくれた人たちが来て、見たいものを見るという感じになってきました。中には、お寺という特別な環境や雰囲気があるから来てくれるという方もいらっしゃいますね。

Q.普段僕はものをつくっている時に年配の方たちのことはあまり意識しないのですが、そういう方たちも楽しんでくれているんだなと感じました。

原:お寺という場は垣根を外しやすいところがあるのだと思います。例えば、お年寄りというひとつの括りで、あの人たちにはわからないだろうと考えてしまうことがあるとすれば、それはとてもつまらないことですよね。「常福寺ライブ」では、音楽にしても、形ある表現にしても、抽象芸術というものを提示してきているのですが、抽象的なものというのはみんな説明を受けたがりますよね。このライブでは、お寺という精神性が高いとされている空間で、説明をせずにそれらを提示しているのですが、老若男女関係なく、わけのわからないものを楽しんでくれている。そういう反応を見ることがこのライブをやっているひとつの楽しみでもあるし、信心が失われたと言われる時代になってもなお、お寺というのは信頼性や精神性を持っているものだと思うし、そこはもっと上手く使ってもいいんじゃないかと考えています。

常福寺ライブ「"-be-"~有明の月/下り月~」 2013年9月28日(土)  出演:佐藤允彦(ピアノ), 勅使河原一雅(映像) 常福寺ライブ「"-be-"~有明の月/下り月~」 2013年9月28日(土)  出演:佐藤允彦(ピアノ), 勅使河原一雅(映像) 常福寺ライブ「"-be-"~有明の月/下り月~」 2013年9月28日(土)  出演:佐藤允彦(ピアノ), 勅使河原一雅(映像)

Q.禅宗というと、「禅問答」などのように割と言葉を使うイメージがあるのですが、お話を聞いていると、むしろ説明的なことを排除されようとしているんですね。

原:例えば、禅問答と言うと「鐘が鳴るのか、撞木が鳴るのか?」「手を叩いた時に音が鳴るのは右手か?左手か?」というものがよく例に出されますが、その答えが大切なわけではないですし、そもそも答えがあるわけではありません。ただ、こういう問いをされると人は頭を使って答えを出そうとするじゃないですか。その時点でその人は引っかけられているわけなんですが、その引っかけられたことに気づければいいんです。そういう意味で「禅問答」は全体を見る訓練のようなものなんです。また、臨済宗というのは教義として明確なものがあるわけではなく、修行の時なども仏教の教えはこうですよということを教えてくれるわけではない。それよりも座禅をして、肉体を通して己を知っていくところがあるんです。<続く>

インフォメーション

八木美知依トリオが出演する「常福寺ライヴ “be” ~死を想え」が4月5日に相模原・臨済宗常福寺にて開催予定。
3月31日まで銀座・クリエイションギャラリーG8で開催中の「光るグラフィック展」に勅使河原一雅さんが出展中。また、最新作「DRIFTER」は、devilman.nuro.jp/drifter/で公開中。

もっと知りたい人は…

  • 勅使河原一雅 

    勅使河原一雅

    アートディレクター
    ウェブデザイナー

    アートディレクター/ウェブデザイナー。Webサイトやゲーム等、インタラクティブメディア上での作品制作を行っている。D&ADやカンヌ広告祭、メディア芸術祭など国内外にて受賞多数。

  • 原 和彦 

    原 和彦

    臨済宗常福寺住職

    臨済宗常福寺住職第27代住職。自ら企画・運営を手がけ、1992年にスタートした「常福寺ライブ」では、養老孟司、ジム・オルーク、松田美由紀、ロバート・ハリス、大友良英らさまざまな文化人、クリエイターらを招き、舞踏、現代音楽、講演会などを開催している。