インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

勅使河原一雅

アートディレクター
ウェブデザイナー

原 和彦

臨済宗常福寺住職

今回カンバセーションズに初登場するのは、グラフィックとプログラミングを駆使した独自の作品世界をインタラクティブメディア上で発表し、国内外から高く評価されるクリエイター、qubibiでの活動でも知られる勅使河原一雅さん。そんな勅使河原さんがインタビュー相手として指名したのは、神奈川県相模原市にある臨済宗建長寺派「常福寺」の住職・原 和彦さん。禅寺でありながら、現代音楽、舞踏、映像などの分野で活動するさまざまな表現者を招いて開催される「常福寺ライブ」を年に2回開催している原さんに、昨年同ライブに出演した経験を持つ勅使河原さんが、いま聞きたいこととは?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。3月24日発売の『QUOTATION』VOL.18の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

1. なぜお寺でライブなのですか?

原 和彦 

お寺という場所でこういうことをするのは至極当然なことだと思っていますし、本来お寺というのはこういう形だったんじゃないかと。

Q.昨年、常福寺さんのライブに出させて頂きましたが、こうした芸術的な活動を通して、どんなことが生まれると考えていらっしゃるのですか?

原:簡単に言うと、来てくれた人たちが本来あるべき自分というものに気付いてくれるといいなと考えています。自分に気づくなんて言うとなかなかカッコ良いですが(笑)、いまの世の中というのは、科学という宗教に侵されているところがあると思うんですね。科学的であるということは理解できますが、それだけではなく、非科学的なことや再現性のないことを否定してしまう風潮がありますよね。科学という既存の考え方だけを信じこんでしまうと、一定の尺度でしかものが見られなくなってしまうところがある。だからこそ、勅使河原さんのような広い見地でものを提示できる人たちの表現をここで見てもらうことで何かに気づいてくれたら、それはとてもありがたいことだなと思っています。また、そこで提示してくださるものは、できればあまり常識的ではない枠の方が面白いんです。

Q.「常福寺ライブ」を始められたのはいつ頃からなんですか?

原:平成4年からです。私自身音楽が好きなこともあり、初回は知り合いのパーカッション奏者やサックス奏者に主体になってもらい、サヌカイトや笙など雑多な楽器を集めた即興音楽をやりました。自分としては、お寺という場所でこういうことをするのは至極当然なことだと思っていますし、本来お寺というのはこういう形だったんじゃないかと考えているところがあります。いまは「葬式仏教」なんて揶揄されることもありますが、いつのまにか本来あるべき姿が見えなくなってしまっている気がしていました。例えば、私が説法上手の魅力的な坊主で、どんどん人を引き寄せて、信者さんたちを救っていくことができる人間ならこんなことをする必要はないのですが、あいにくそういう能力に欠けているので、じゃあ他にお寺を使ってできることは何かということを考えていったんです。

Q.ライブが始まる前にみんなで座禅をして、演奏が終わってからは一緒にご飯を食べるという体験も新鮮でした。このような流れにしているのはなぜですか?

原:ライブも本堂で行っていることなので、基本的には宗教行事として考えているんですね。はじめに3、4分程度の座禅をするというのは、その導入という意味合いがあると同時に、これから起こることを受け入れられるように、感性を開くためなんです。普段座禅やお線香の香りなどと無縁だった人が寺に来て、こういう環境の中でライブを見て、なんだかわからないけど感動してしまったというような体験をしてもらえればと考えていて、そのための流れというのは意識しています。終わった後にご飯を食べるというのは私の楽しみでもありますが、みんなでいっぱいお酒を飲んで気持ち良くなってもらえればと。私は気が小さくて人見知りなので、あまり人付き合いがうまくないのですが、一緒にご飯を食べて、お酒を飲むことで心が開かれるところがあるんですよね。<続く>

インフォメーション

八木美知依トリオが出演する「常福寺ライヴ “be” ~死を想え」が4月5日に相模原・臨済宗常福寺にて開催予定。
3月31日まで銀座・クリエイションギャラリーG8で開催中の「光るグラフィック展」に勅使河原一雅さんが出展中。また、最新作「DRIFTER」は、devilman.nuro.jp/drifter/で公開中。

もっと知りたい人は…

  • 勅使河原一雅 

    勅使河原一雅

    アートディレクター
    ウェブデザイナー

    アートディレクター/ウェブデザイナー。Webサイトやゲーム等、インタラクティブメディア上での作品制作を行っている。D&ADやカンヌ広告祭、メディア芸術祭など国内外にて受賞多数。

  • 原 和彦 

    原 和彦

    臨済宗常福寺住職

    臨済宗常福寺住職第27代住職。自ら企画・運営を手がけ、1992年にスタートした「常福寺ライブ」では、養老孟司、ジム・オルーク、松田美由紀、ロバート・ハリス、大友良英らさまざまな文化人、クリエイターらを招き、舞踏、現代音楽、講演会などを開催している。