インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

大図まこと

クロスステッチデザイナー

森岡督行

森岡書店

今回インタビュアーとしてカンバセーションズに初登場するのは、レトロなゲームのグラフィックやピクセルアートを思わせるタッチを、クロスステッチという刺繍技法でポップに表現する大図まことさん。そんな大図さんがインタビューするのは、写真集や美術書を扱う書店として茅場町にあるビルの一室で開業し、その後8年間にわたり国内外のファンから支持され続けている森岡書店森岡督行さん。つい先日、これまでの活動について綴った『荒野の古本屋』を出版するなど、ますます注目度が高まっている森岡さんに、大図さんが聞きたいこととは?

※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。6月11日発売の『QUOTATION』VOL.19の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

5. これからも本屋を続けていきますか?

森岡督行 

本屋を中心に、ギャラリーの運営や書き仕事など、いまやっていることをこれからも続けていきたいと思っています。

Q.森岡さんの一日の仕事の流れはどんな感じなんですか?

森岡:特に決まっているわけではないですが、午前中に本の仕入れなどをして、合間にご飯を食べて、午後はお店に来て展示の管理や本の販売をするという感じが多いですね。現在の私の仕事は、本屋とギャラリー、スタジオ貸し、それと時々依頼を受ける書き仕事の4つなのですが、月々によって仕事量や売り上げの割合は変わります。

森岡督行『荒野の古本屋』 大図まこと『GAME & STITCH!』

Q.本屋さんはこれからもずっと続けていくおつもりですか?

森岡:そうですね。本屋を中心に、ギャラリーの運営や書き仕事など、いまやっていることをこれからも続けていきたいと思っています。あと、いつか2店舗目なんかも出せたらいいなと考えていますが、そんなに大きく展開できるような仕事ではないですし、何人かアルバイトに来てもらうこともあるのですが、基本的にはひとりでやっていける規模で続けられればなと。一人だと病気をした時などには大変なのですが、やっぱり気が楽なんですよね(笑)。

Q.最後に、本屋さんを営むことの醍醐味を教えてください。

森岡:お店をやっている楽しさというのは、やはりこうして色んな方と知り合えるということですよね。いまこうして大図さんたちとお話ししているのもとても楽しいですし、さらにこの先に何かつながるんじゃないかとワクワクするんです。このお店をスタートした当初、この場所にあった古道具屋さんから、「商品はコミュニケーションの手段でしかないからね」とボソッと言われたことがあって、当時はそれがあまりよく理解できなかったのですが、いまは本当にその通りだなと思います。おそらくこのインタビューを読んでくれた方がこのお店にいらっしゃってくれるということもあるでしょうし、さらにその人が作家さんだったとしたら、未知の写真展などにもつながっていくかもしれません。もちろん本自体はずっと好きですし、それ自体が完成されたものだと思っていますが、最近は本を通じたコミュニケーションに大きな喜びを感じています。そうは言っても、月々の家賃や生活費の支払いは大変ですし、それさえなくなれば本当に良いんですけどね(笑)。<インタビュー終わり>

インフォメーション

森岡督行さんの新著『荒野の古本屋』が晶文社より、大図まことさんの新著『GAME & STITCH ! クロスステッチで楽しむレトロゲーム』が学研教育出版よりそれぞれ発売中。
また、大図まことさんの新著出版記念展が、6月29日まで吉祥寺・METEORで開催中。

もっと知りたい人は…

  • 大図まこと 

    大図まこと

    クロスステッチデザイナー

    大学卒業後、手芸店勤務を経てクロスステッチデザイナーとなる。その大きな体から生み出される作品は男性ならではのポップなデザインが魅力。女性のフィールドと思われていた手芸界に現れた話題のルーキーは手芸の枠を越えカルチャー&アートシーンからも熱い注目を浴びる。手芸本執筆、テレビ出演の他、各地で精力的に刺繍教室を開催中。近著に『GAME & STITCH!』(学研教育出版)などがある。

  • 森岡督行 

    森岡督行

    森岡書店

    1974年生まれ。著書に『荒野の古本屋』(晶文社)、『BOOKS ON JAPAN 1931–1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『写真集 誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社)がある。『芸術新潮』にて「作家が覗いたレンズ」、新潮社・とんぼの本のホームページにて「森岡書店日記」、ビー・エヌ・エヌ新社のホームページにて対外宣伝誌を紹介する記事を連載中。