インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

大図まこと

クロスステッチデザイナー

森岡督行

森岡書店

今回インタビュアーとしてカンバセーションズに初登場するのは、レトロなゲームのグラフィックやピクセルアートを思わせるタッチを、クロスステッチという刺繍技法でポップに表現する大図まことさん。そんな大図さんがインタビューするのは、写真集や美術書を扱う書店として茅場町にあるビルの一室で開業し、その後8年間にわたり国内外のファンから支持され続けている森岡書店森岡督行さん。つい先日、これまでの活動について綴った『荒野の古本屋』を出版するなど、ますます注目度が高まっている森岡さんに、大図さんが聞きたいこととは?

※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。6月11日発売の『QUOTATION』VOL.19の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

2. なぜ古書店を始めたのですか?

森岡督行 

自分には建物からイメージを膨らませていくところがあるのですが、この場所が空くということを聞いて、ここで古書店をやりたいという衝動が込み上げてきたんです。

Q.本の中でも書かれていましたが、森岡書店を始めるきっかけになったのは、この場所との出会いだったそうですね。

森岡:はい。この場所のことは、以前にここに入っていた古道具屋さんに来た時に知りました。自分には建物からイメージを膨らませていくところがあるのですが、その古道具屋さんが店を閉じることになったと聞いて、ここで古書店をやりたいという衝動が込み上げてきて。こんな部屋は他にないと思いましたし、その思いがどんどんエスカレートして、歯止めが効かなくなりました。それからお客様に支えられ8年間続けることができているのですが、神田の古書店の仕事も楽しかったですし、もしこの場所との出会いがなければ、独立することもなかったんじゃないかと思います。

Q.お店を始めると決意するまではいいですが、当然色々なお金がかかったり、現実的な問題も出てきますよね。その辺はどうやってクリアされていったのですか?

森岡:やはりお金というのは切実な問題ですよね。お店を始めようとは思ったものの、そんなに貯金があったわけではないので、まずはそれをすべて切り崩し、さらに親族からの借金と、前職の退職金をすべて注ぎ込んで元手を用意しました。新規事業支援制度などにも応募してみたのですが、事業内容が適合しないということで、結局用意した元手の半分を物件取得で使ってしまったので、最初はかなり厳しい状況でしたが、本を売ったりしてなんとかつなぐことができました。

Q.お店の内装もかなりこだわられていますよね。

森岡:什器なども開店から半年くらいの間で揃え、それからは内装も変えていません。内装のコンセプトは、世界のすべては男/女、善/悪、醜/美など2つの対立項から成り立っているという思想から着想しています。ここに置かれている本や展示などもすべて世界の一部ととらえ、どんなものが置かれてもバランスが取れるような空間づくりを意識しました。また、東洋でも西洋でもないような場所にしたいという思いがあったので、シンメトリーが基本であるヨーロッパ建築的な要素と、茶室など左右非対称に空間がつくられる東洋的なイメージを融合させた空間にしています。この場所では、どんどん内装が変わっていくような商業空間のようなことはできないので、10年、20年と同じ空間で続けられるようにと考えているのですが、ここを撮影に使って頂いたある写真家の方から、8年間も変わらずに使われ続けていることは奇跡だねと言われ、とてもありがたいことだなと感じています。<続く>

インフォメーション

森岡督行さんの新著『荒野の古本屋』が晶文社より、大図まことさんの新著『GAME & STITCH ! クロスステッチで楽しむレトロゲーム』が学研教育出版よりそれぞれ発売中。
また、大図まことさんの新著出版記念展が、6月29日まで吉祥寺・METEORで開催中。

もっと知りたい人は…

  • 大図まこと 

    大図まこと

    クロスステッチデザイナー

    大学卒業後、手芸店勤務を経てクロスステッチデザイナーとなる。その大きな体から生み出される作品は男性ならではのポップなデザインが魅力。女性のフィールドと思われていた手芸界に現れた話題のルーキーは手芸の枠を越えカルチャー&アートシーンからも熱い注目を浴びる。手芸本執筆、テレビ出演の他、各地で精力的に刺繍教室を開催中。近著に『GAME & STITCH!』(学研教育出版)などがある。

  • 森岡督行 

    森岡督行

    森岡書店

    1974年生まれ。著書に『荒野の古本屋』(晶文社)、『BOOKS ON JAPAN 1931–1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『写真集 誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社)がある。『芸術新潮』にて「作家が覗いたレンズ」、新潮社・とんぼの本のホームページにて「森岡書店日記」、ビー・エヌ・エヌ新社のホームページにて対外宣伝誌を紹介する記事を連載中。