インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

大原大次郎

グラフィック・デザイナー

藤野真人

フェアリーデバイセズ株式会社

SAKEROCKを始めとする数々のミュージシャンのCDジャケットや、CM、TV番組のロゴデザインなどさまざまな仕事を手がけながら、「文字」を題材にしたワークショップや展覧会なども精力的に行なっているグラフィック・デザイナーの大原大次郎さん。そんな彼がインタビュー相手に選んでくれたのは、フェアリーデバイセズ株式会社で代表を務める藤野真人さん。全世界から集めた宇宙画像を用いたプラネタリウムソフトや、ピアノの鍵盤をユーザーインターフェースにしたバイオリン、切り花が枯れにくくなる花瓶などを開発する藤野さんに、大原さんが聞きたいこととは一体?

1. 無重力空間で文字はどう変わりますか?

藤野真人 

重力を前提にしているツールというのは、無重力空間では一切使えなくなってしまうわけです。

Q.藤野さんに展示を見て頂いた後に、僕の制作したモビールが、頭の中の思考が言語化される瞬間のイメージに近いというお話があって、それがとても興味深かったんです。まずはその辺のお話からお伺いできますか?

武蔵野市立吉祥寺美術館で開催されていた展覧会『モジもじ文字』のために大原さんが制作した「もじゅうりょくのモビール」。 武蔵野市立吉祥寺美術館で開催されていた展覧会『モジもじ文字』のために大原さんが制作した「もじゅうりょくのモビール」。

藤野:本来文字というのは、整然としたものじゃないですか。でも、大原さんの展示では、文字がモビールなどの形に分解されていて、スゴく生っぽくてグロテスクな感じがしたんですね。文字の断片がクルクル回りながら、ある瞬間だけ言葉として認識できるというのが、アイデアが浮かぶ瞬間に似ていると感じました。思考というのはロジカルに考えていくものですが、これは面白いと思うアイデアは、混沌の中から突然生まれてきます。その混沌のイメージというのは、タグクラウドのような言葉の集積ではなくて、まさに大原さんの作品のように、文字自体が解体されているような状態なんですよ。そこからある瞬間だけ何かしらの文字や意味が浮かび上がってくるというイメージがあって、大原さんの作品は、そうしたアイデアが生まれる時の思考過程に似ていると感じました。また、アイデアが浮かぶ瞬間というのは、周りの環境によって簡単にゆらめき、吹き消されてしまう脆弱性があって、その辺りも共通する感じがして、何か揺り動かされるものがありましたね。

Q.通常グラフィック・デザインというのは、正面から視覚情報を捉えるものですよね。でも、この展示では、グラフィック・デザインの特徴である正面性や、逆に当たり前すぎて忘れがちな重力、遠心力というような物理現象を意識しました。そこで、無重力の研究をされていたこともあるという藤野さんにお聞きしたいのですが、無重力環境では、文字を書くという行為や、文字の形象などにどんな変化が起こると考えますか?

藤野:ツールという観点から考えると、例えばボールペンというのは、インクタンクに詰まっているインクが、重力によってペン先にまで落ちていくことで文字が書けるという仕組みになっています。ということは、重力がない宇宙空間などではインクが落ちてこないで、ペン先のボールだけが空転してしまうんです。そこでアメリカは、バネを使って上からインクタンクを押すことで文字が書ける構造のボールペンを考えました。この開発には莫大なお金がかかったという話ですが、その間に宇宙開発のライバルだったロシアは、鉛筆で文字を書いていたという(笑)。これは有名な笑い話ですが、重力を前提にしているツールというのは、無重力空間では一切使えなくなってしまうわけです。ボールペンと同様に、筆に墨汁をつけて文字を書くということも難しくなると思います。

Q.ということは、もし僕らが無重力空間に生きていたとしたら、「かな文字」は生まれず、例えば球体みたいなものだったり、文字というものがいまとは全然違う形になっていた可能性もありますね。

藤野:そうですね。漢字の「ハネ」や「ハライ」というのは、明らかに重力を意識したものですよね。そうしたものの対極にあるのは、一番安定的な形態である球体だと思いますが、無重力の世界では、文字がより球体に近い形やシンプルなピクトグラムのようなものになっていたかもしれないですね。<続く>

インフォメーション

昨年、藤野真人さんが出演した「TEDxSeeds」に、今年は大原大次郎さんの出演が決定!! 「TEDxSeeds 2012」は、11月17日に横浜赤レンガ倉庫で開催される。

もっと知りたい人は…

  • 大原大次郎 

    大原大次郎

    グラフィック・デザイナー

    1978年神奈川県生まれ。タイポグラフィを基軸としたデザインワークや映像制作に従事するほか、言葉や文字を題材としたワークショップ、エキシビション、レクチャーなど、自発的なデザインプロジェクトを展開する。

  • 藤野真人 

    藤野真人

    フェアリーデバイセズ株式会社

    1981年生まれ。東京大学大学院医学系研究科医科学専攻中退。エンジニア。フェアリーデバイセズ株式会社代表。