インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

ヌケメ

ファッションデザイナー
アーティスト

テンテンコ

ミュージシャン

今回インタビュアーとしてカンバセーションズに初登場してくれるのは、シュールなフレーズが刺繍されたキャップ「ヌケメ帽」や、ミシンの作動データにバグを生じさせる作品「グリッチ刺繍」をはじめ、ファッションをベースに、アート、テクノロジー、音楽などさまざまな分野と密接に関わりあいながら、多彩な活動を展開するヌケメさん。そんな彼がインタビュー相手に選んだのは、今年の7月に解散したアイドルグループBiSのメンバーとして活動をしてきたテンテンコさん。テンテンコさんとはBiS以前から面識があったというヌケメさんが、現在DJテンテンコ名義で音楽イベントなどへの出演を重ねている彼女の、アイドル時代には語られなかった知られざるバックグラウンドに迫ります。

5. 今後はどうしていきたいですか?

テンテンコ 

今後はどんどん音楽をつくって、ネットなどを使いながら多くの人に届けていけたらいいなと思っています。

Q.僕は、BiSのひとりラジオの時からずっとテンテンコさんのつくるものに興味がありますし、ライブもとても面白いと思っているので、そうした方向を今後も伸ばしてほしいと思っています。BiS時代を知らない人の中にも、DJテンテンコを見て良いと思う人はたくさんいると思いますし、今後はそうした音楽性の部分をしっかり届けていけるといいですよね。

テンテンコ:私もそうしていきたいと思っているんです。ただ、私にDJをやってほしくて依頼してくださる方たちに対しては、やっていることがDJからだいぶ離れてしまっているので申し訳ない気持ちもあります…。私は自分の活動を説明する時に、BiSというアイドルグループにいて、いまはひとりでDJをさせてもらっていますと伝えるのですが、それを鵜呑みにされてしまうと困ってしまうところもあって…。すでに完全なDJイベントのようなところに呼ばれている仕事もあって、大丈夫かなと心配なんです。

Q.せっかくフリーになったわけですし、道場破りじゃないですけど、どんどん自分をぶつけてくるしかないですよね。元アイドルということがあまり意識されなくなって、いまやろうとされている音楽表現や制作物に対してオファーが来るようになれば、溝はなくなるのかなという気もしますが、しばらくは自分がやりたいことと求められることの溝をどう埋めていくのかがテーマになるかもしれませんね。

テンテンコ:まだ深い溝がありますよね…。一回そこをはっきりさせないとダメだなと思っています。

Q.これからインターネットを使って制作物を発表したり、音源を出すなどして、DJテンテンコがどんなものなのかを伝えていければ、そうした溝はなくなってくるんじゃないかと思います。あとは、大喜利ではないですが、与えられたオファーに対して、主旨から外れない範囲でいかに面白い答えを出していけるかということの繰り返しだと思うんですよね。僕はテンテンコさんに対して、その大喜利の答えの出し方の部分に凄く期待しています。時には、限られた時間の中で反射神経的に対応しないといけない時もあると思いますが、そこで力を発揮できるための筋肉みたいなものを、黙々と音楽をつくることによってつけておくのが大事なのかなと、自分のことに置き換えて想像したりしました。僕もバンドでライブをしたりするので、他人事だと思えなくて、毎回凄いなと思いながらパフォーマンスを見ています。

テンテンコ:そうですね。家でひとりで黙々とつくることは大好きです(笑)。まだ本当に始めたばかりで、BiSを終えてから人前でライブをした回数も数えるほどしかないですからね。今後はどんどん音楽をつくって、ネットなどを使いながら多くの人に届けていけたらいいなと思っています。<インタビュー終わり>

インフォメーション

テンテンコさんが企画する音楽イベント「ブタゴリラ Vol.1」が9月12日に渋谷・GAMEで開催予定。
ヌケメさんが参加する「Konohana's Eye #5 NO ARCHITECTS 『NO SHOP』」が大阪・the three konohanaで10月19日まで、ユニットSD duet with Nukemeとして参加する「BCTION」が9月15日までそれぞれ開催中。さらに、10月3日に『カラオケスナック香港』が横浜創造センターで、10月30日にヌケメバンドライブが目白・TALION GALLERYで開催予定。その他のヌケメさんの参加イベント等はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • ヌケメ 

    ヌケメ

    ファッションデザイナー
    アーティスト

    1986年岡山生まれ。洋服を一種のメディアでありコミュニケーションツールであると捉え、ファッションアイテムを支持体とした作品を多く制作する。ミシンの作動データにグリッチを発生させる『グリッチ刺繍』が第16回文化庁メディア芸術祭にて推薦作品に選出。『Knitting Machine Hack and Glitch Knit』ではコンセプトメイキングとニットの制作を担当。ヌケメバンドのメンバーとしても活動している。

  • テンテンコ 

    テンテンコ

    ミュージシャン

    2014年7月8日に横浜アリーナで行ったライブをもって解散したアイドルグループBiSの元メンバー。BiS解散後は、ソロ、フリーランスでDJとして活動を開始。自由気ままに何にも縛られない予測不能なDJスタイル。レベッカからThe Residentsまで何でもかけます。最近は自作トラックでDJをして歌っています。尊敬するDJは根本敬。なんでもやりたいのでDJ以外にもお仕事募集中!