インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

ヌケメ

ファッションデザイナー
アーティスト

テンテンコ

ミュージシャン

今回インタビュアーとしてカンバセーションズに初登場してくれるのは、シュールなフレーズが刺繍されたキャップ「ヌケメ帽」や、ミシンの作動データにバグを生じさせる作品「グリッチ刺繍」をはじめ、ファッションをベースに、アート、テクノロジー、音楽などさまざまな分野と密接に関わりあいながら、多彩な活動を展開するヌケメさん。そんな彼がインタビュー相手に選んだのは、今年の7月に解散したアイドルグループBiSのメンバーとして活動をしてきたテンテンコさん。テンテンコさんとはBiS以前から面識があったというヌケメさんが、現在DJテンテンコ名義で音楽イベントなどへの出演を重ねている彼女の、アイドル時代には語られなかった知られざるバックグラウンドに迫ります。

4. アイドルと非アイドルの境界はどこですか?

テンテンコ 

誰かがつくった音楽を与えられて、それを受け入れていくのか、自分でつくって発信していくのかというところかなと思います。

Q.現在はアイドルとしてではなく、アーティストとして活動されていると思いますが、テンテンコさんの中で、アイドルとそうではない人の境界線は明確にありますか?

テンテンコ:難しいですよね。基本的には、自分にどんな肩書きをつけられたところで私自身がやることは変わらないですし、曲をつくって歌えていればいいと思っています。ただ、あえて線を引くとしたら、自分で曲をつくっているかどうかというところが大きいのかなと思います。もちろん自分でつくっていてもアイドルとして活動している人もいるので一概には言えないですが、誰かがつくった音楽を与えられて、それを受け入れていくのか、自分でつくって発信していくのかというところかなと思います。

BiS『うりゃおい!!』(2014/avex trax) BiS『FiNAL DANCE / nerve』(2014/avex trax)

Q.与えられた立場や、お客さんからの受け入れられ方など、すべての面でアイドルであることを受け入れた上で何かを表現するということなんですかね。

テンテンコ:やはりアイドルでいる限り、窓口を広くして、色々なものを受け入れないといけないと思うんです。そういう私は、実は心の窓口がとても狭いんですが(笑)。でも、そういう意味では、少し特殊だったかもしれないけど、やっぱりBiSもアイドルだったと思います。ただ、一言にアイドルと言っても、自分にとっての心の拠り所的なアイドルというのは、みんなそれぞれ違いますよね。そう考えると誰もがアイドルになり得ると思うし、私もそういう存在にはなりたいと思います。

ヌケメバンド  Photo: kaerugeko

Q.テンテンコさんにはどうしても元アイドルというイメージが残っているので、今後もアイドルのように受け入れられていく部分はある程度避けられないのかなと感じるのですが、今後のスタンスはどう考えているんですか?

テンテンコ:握手会やチェキ撮影会など、いわゆるアイドル商法的なことはもうやらなくていいかなと思っています。こういうものは、お客さんからしたらアイドルと一緒に写真が撮れて、運営側からしたらCDを売ることができ、お互いにメリットがあるからこそ成り立っているものだと思いますが、どうしてもそこにはお金儲け的な側面があるじゃないですか。もちろんお金も大事なんですが、いま私は自主イベントの企画などもしているなかで、出演者さんのギャラや場所代など最低限必要なお金は、がんばればチケット代でまかなえると思っているし、さらにみんなの時間を削ってまで、そういうことはしなくてもいいのかなと思っています。<続く>

インフォメーション

テンテンコさんが企画する音楽イベント「ブタゴリラ Vol.1」が9月12日に渋谷・GAMEで開催予定。
ヌケメさんが参加する「Konohana's Eye #5 NO ARCHITECTS 『NO SHOP』」が大阪・the three konohanaで10月19日まで、ユニットSD duet with Nukemeとして参加する「BCTION」が9月15日までそれぞれ開催中。さらに、10月3日に『カラオケスナック香港』が横浜創造センターで、10月30日にヌケメバンドライブが目白・TALION GALLERYで開催予定。その他のヌケメさんの参加イベント等はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • ヌケメ 

    ヌケメ

    ファッションデザイナー
    アーティスト

    1986年岡山生まれ。洋服を一種のメディアでありコミュニケーションツールであると捉え、ファッションアイテムを支持体とした作品を多く制作する。ミシンの作動データにグリッチを発生させる『グリッチ刺繍』が第16回文化庁メディア芸術祭にて推薦作品に選出。『Knitting Machine Hack and Glitch Knit』ではコンセプトメイキングとニットの制作を担当。ヌケメバンドのメンバーとしても活動している。

  • テンテンコ 

    テンテンコ

    ミュージシャン

    2014年7月8日に横浜アリーナで行ったライブをもって解散したアイドルグループBiSの元メンバー。BiS解散後は、ソロ、フリーランスでDJとして活動を開始。自由気ままに何にも縛られない予測不能なDJスタイル。レベッカからThe Residentsまで何でもかけます。最近は自作トラックでDJをして歌っています。尊敬するDJは根本敬。なんでもやりたいのでDJ以外にもお仕事募集中!