インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

ヌケメ

ファッションデザイナー
アーティスト

テンテンコ

ミュージシャン

今回インタビュアーとしてカンバセーションズに初登場してくれるのは、シュールなフレーズが刺繍されたキャップ「ヌケメ帽」や、ミシンの作動データにバグを生じさせる作品「グリッチ刺繍」をはじめ、ファッションをベースに、アート、テクノロジー、音楽などさまざまな分野と密接に関わりあいながら、多彩な活動を展開するヌケメさん。そんな彼がインタビュー相手に選んだのは、今年の7月に解散したアイドルグループBiSのメンバーとして活動をしてきたテンテンコさん。テンテンコさんとはBiS以前から面識があったというヌケメさんが、現在DJテンテンコ名義で音楽イベントなどへの出演を重ねている彼女の、アイドル時代には語られなかった知られざるバックグラウンドに迫ります。

1. どんな青春時代を過ごしましたか?

テンテンコ 

何にも縛られることなく友達とライブに行ったり、好きなものを貸し合ったりしていて、そのすべてが新鮮でした。

Q.テンテンコさんのBiSとしての活動を知る人は多いと思いますが、まずはそれ以前のお話から聞かせてください。

テンテンコ:生まれは北海道の釧路で、その後高校3年までは札幌で過ごしました。小学生の頃は北海道を転々としていたのですが、私立の中高一貫校に進み、この時期が人生で一番楽しかったですね(笑)。6年間同じ友達と過ごすことができたし、校舎も変わることがなかったので、環境の変化に左右されず、好きなことに没頭することができたんです。何にも縛られることなく友達とライブに行ったり、好きなものを貸し合ったりしていて、そのすべてが新鮮でした。また、「天井桟敷」など演劇の色んなことを教えてくれる現代文の先生や、一年間「源氏物語」しか教えない古典の先生など、学校の先生にも自分の好きなものを貫いている人が多くて、そうした環境の影響は大きかったと思います。キリスト教系の学校だったのですが、世界のさまざまな宗教を学ぶ授業などもとても楽しかったですね。

Q.その辺りは大学で学ばれていたという民族学にもつながっていきそうですね。

テンテンコ:はい。大学進学を機に上京し、文学部で4年間民族学を学んだのですが、見世物小屋をはじめ、空間に関わる芸能について研究していました。大学2年生までは落語研究会にも所属していて、その後はバンドに入って高円寺などでライブをしていた時期もありました。大学を卒業してからは、面白い人たちが集まっていそうだと感じていた秋葉原の「ディアステージ」というライブバーで働くようになりました。そこで初めてアイドルというものをちゃんと知ることができ、色々なことがわかってきた頃に、BiSのオーディション情報がTwitterで流れてきて、運良く加入することができたんです。BiSに在籍していたのは1年余りで、私が加入してからちょうど400日後に解散しました。

Q.BiS解散後はフリーで活動すると宣言し、DJテンテンコとしてイベントなどに出演していますよね。DJをするようになったきっかけは何だったんですか?

テンテンコ:以前にDJをやってみないかというお誘いがあったことがきっかけで、その時に初めてDJテンテンコと名乗ったんです。当時は、自分が本当に好きな曲をかけるというスタイルだったのですが、最近は自分で曲をつくりたいという欲求が強くなっていて、自分の曲を流して、マイクで歌うということをしています。まだひとりになってから1ヶ月程なので、毎回試しながらやっている段階ですが、最終的には自分がつくった音楽だけでやっていきたいと思っているんです。<続く>

インフォメーション

テンテンコさんが企画する音楽イベント「ブタゴリラ Vol.1」が9月12日に渋谷・GAMEで開催予定。
ヌケメさんが参加する「Konohana's Eye #5 NO ARCHITECTS 『NO SHOP』」が大阪・the three konohanaで10月19日まで、ユニットSD duet with Nukemeとして参加する「BCTION」が9月15日までそれぞれ開催中。さらに、10月3日に『カラオケスナック香港』が横浜創造センターで、10月30日にヌケメバンドライブが目白・TALION GALLERYで開催予定。その他のヌケメさんの参加イベント等はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • ヌケメ 

    ヌケメ

    ファッションデザイナー
    アーティスト

    1986年岡山生まれ。洋服を一種のメディアでありコミュニケーションツールであると捉え、ファッションアイテムを支持体とした作品を多く制作する。ミシンの作動データにグリッチを発生させる『グリッチ刺繍』が第16回文化庁メディア芸術祭にて推薦作品に選出。『Knitting Machine Hack and Glitch Knit』ではコンセプトメイキングとニットの制作を担当。ヌケメバンドのメンバーとしても活動している。

  • テンテンコ 

    テンテンコ

    ミュージシャン

    2014年7月8日に横浜アリーナで行ったライブをもって解散したアイドルグループBiSの元メンバー。BiS解散後は、ソロ、フリーランスでDJとして活動を開始。自由気ままに何にも縛られない予測不能なDJスタイル。レベッカからThe Residentsまで何でもかけます。最近は自作トラックでDJをして歌っています。尊敬するDJは根本敬。なんでもやりたいのでDJ以外にもお仕事募集中!