インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

ヌケメ

ファッションデザイナー
アーティスト

テンテンコ

ミュージシャン

今回インタビュアーとしてカンバセーションズに初登場してくれるのは、シュールなフレーズが刺繍されたキャップ「ヌケメ帽」や、ミシンの作動データにバグを生じさせる作品「グリッチ刺繍」をはじめ、ファッションをベースに、アート、テクノロジー、音楽などさまざまな分野と密接に関わりあいながら、多彩な活動を展開するヌケメさん。そんな彼がインタビュー相手に選んだのは、今年の7月に解散したアイドルグループBiSのメンバーとして活動をしてきたテンテンコさん。テンテンコさんとはBiS以前から面識があったというヌケメさんが、現在DJテンテンコ名義で音楽イベントなどへの出演を重ねている彼女の、アイドル時代には語られなかった知られざるバックグラウンドに迫ります。

インタビューの前に

ヌケメ 

いま、ヌケメさんが聞きたいこと

「4年ほど前に、僕が運営に携わっていたCULTIVATEというギャラリーで開催したあるライブにテンテンコさんが来てくれたことがあったんです。その時にお話ししたのが彼女との最初の出会いで、その後テンテンコさんのTwitterをフォローし始めるようになり、BiSに加入してからもずっと活動は見続けていました。
彼女のTwitterなどを見ていると、好きなものや興味の方向性が自分と近いような感じはしていたのですが、以前にBiSが持っていた深夜ラジオで、テンテンコさんがひとりで番組をほぼ1本丸ごと担当した回の放送を聴き、『この人は一体何者なんだろう』と思うようになったんです。その時に流していた音楽や自作の曲がとにかくヤバくて、これが公共の電波で放送されているということに衝撃を受けました(笑)。
それまでは、彼女自身のセンスやBiSの活動を通して見えてくる生き様的な部分に惹かれていたところがあったのですが、このラジオを聴いて以来、テンテンコさんのつくるものにも興味を持つようになりました。そんな彼女が、BiS解散後にDJテンテンコという名義でフリーで活動するようになり、誰かの曲を歌うのではなく、自分がつくったもので勝負をしていこうとしていることを知り、この機会にお話を聞いてみたいと思ったんです。
アイドル時代から、戸川純さんが好きということなどは公言されていましたが、そこまで深く掘り下げられる機会はなかったと思うので、今日はテンテンコさんが聴いてきた音楽の話や、今後の活動についてどう考えているのかなどをお聞きしたいと思っています」

インフォメーション

テンテンコさんが企画する音楽イベント「ブタゴリラ Vol.1」が9月12日に渋谷・GAMEで開催予定。
ヌケメさんが参加する「Konohana's Eye #5 NO ARCHITECTS 『NO SHOP』」が大阪・the three konohanaで10月19日まで、ユニットSD duet with Nukemeとして参加する「BCTION」が9月15日までそれぞれ開催中。さらに、10月3日に『カラオケスナック香港』が横浜創造センターで、10月30日にヌケメバンドライブが目白・TALION GALLERYで開催予定。その他のヌケメさんの参加イベント等はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • ヌケメ 

    ヌケメ

    ファッションデザイナー
    アーティスト

    1986年岡山生まれ。洋服を一種のメディアでありコミュニケーションツールであると捉え、ファッションアイテムを支持体とした作品を多く制作する。ミシンの作動データにグリッチを発生させる『グリッチ刺繍』が第16回文化庁メディア芸術祭にて推薦作品に選出。『Knitting Machine Hack and Glitch Knit』ではコンセプトメイキングとニットの制作を担当。ヌケメバンドのメンバーとしても活動している。

  • テンテンコ 

    テンテンコ

    ミュージシャン

    2014年7月8日に横浜アリーナで行ったライブをもって解散したアイドルグループBiSの元メンバー。BiS解散後は、ソロ、フリーランスでDJとして活動を開始。自由気ままに何にも縛られない予測不能なDJスタイル。レベッカからThe Residentsまで何でもかけます。最近は自作トラックでDJをして歌っています。尊敬するDJは根本敬。なんでもやりたいのでDJ以外にもお仕事募集中!