インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

松井えり菜

アーティスト

関口泰宏

バービーコレクター

今回、インタビュアーとしてカンバセーションズに参加してくれるのは、カルティエ現代美術館に収蔵されている『えびちり大好き』をはじめとする個性的な自画像作品や、ウーパールーパーをモチーフにした作品などで知られるアーティスト、松井えり菜さん。世界を股にかけ、精力的な活動を続けている松井さんが、”いま本当に話を聞きたい人”として指名したのは、世界的なバービー・コレクターとして知られる関口泰宏さん。数えきれない程のレアなバービーたちが陳列された圧巻の関口コレクションに囲まれながら、失われつつある”ニッポンのもの作り”について、松井さんが鋭く迫ります。

2. 日本人が作ったバービーは何がスゴかったのですか?

関口泰宏 

洋服の縫い目などを見ても本当に子ども向けのオモチャなのかと思うくらいスゴく丁寧にできているんですよ。

Q.日本で作られていた頃のバービーを見ると、スゴく小さく細いファスナーが使われていたりして、いまではもうできないんじゃないかというくらい精巧な作りですよね。

関口:アメリカからこういうものを作ってほしいと色々オーダーされるなかで、当然できるものとできないものがあるわけですよね。そこで日本人が、こういうものならできますといって作ったものが当時のバービーだったわけですけど、洋服の縫い目などを見ても本当に子ども向けのオモチャなのかと思うくらいスゴく丁寧にできているんですよ。最初の10年間に日本人が作っていたバービーのスゴさが評価され始めたのはここ最近のことなんですね。バービー自体はいまでも世界中で人気がありますが、その中でも特に価値の高いバービーは日本で作られたもので、そこには日本人の魂が入っているんだということは、日本人がしっかり主張していかないといけないなと思っています。

Q.その使命感からバービーをコレクションしているんですか?

関口:使命感とは違いますけど、日本が高度成長期に向かっていった10年間の重みや価値というのを残すためにも、誰かが持っている必要はあると思っています。本来オモチャというのは遊び終わったら捨てられる運命にあるもので、バービーも基本的にはそうだったと思うんですけど、その中でも捨てられずに残ったものを僕はこうして展示をしているわけですよね。他にもブリキのオモチャなどをコレクションしているんですけど、みんなにも流れている日本人の力、メイドインジャパンのスゴさというのを忘れちゃいけないなと思って集めているところがあります。いまはどうしてもみんな、日本という国が悪いから自分たちに仕事がないんだという話になりがちですけど、その前に一度原点に返って、そこから色々変えていくということは大切だと思います。

Q.当時の日本人にこれだけのもの作りができた背景には何があったと思いますか?

関口:日本人がバービーを作っていた59年から70年前後までというのは、日本に純粋なやる気があった時代。64年には東京オリンピックがあって、70年の大阪万博をピークに第一期の経済成長期を迎えていたんですね。これからの日本を豊かにするにはどうしたらいいかということをみんなが考えていた。なかには過激なこともあったけど、このままじゃまずいという意識や、新しいことをしないといけないという思いで、試行錯誤を繰り返していた時代だったんだと思います。

Q.形は違えど、みんなが何かを変えようとしていたんですね。

関口:そうですね。いまの若い人でもしっかりやれる人はたくさんいますが、言われたこと以上はやらないというか、何をしていいかがわからないんですよね。上から言われたことは忠実にしますが、例えば早く会社に来たりした時に掃除をしたり、机を拭いたりはあまりしないですよね。全部が全部そういうわけではないと思いますが、会社愛といったようなものは薄れてきていると思います。「なぜ、給料分以上働かなくてはいけないの?」「そんなの業者に任せればいいじゃん」的なところがあって、良くも悪くもアメリカナイズされてる部分が多々あるなぁと思います。<続く>

インフォメーション

松井えり菜さんの個展「わびさびウートピア」が、8月25日~9月21日まで東京・山本現代で開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 松井えり菜 

    松井えり菜

    アーティスト

    岡山県出身。2004年に自画像『えびちり大好き』でGEISAI#6の金賞を受賞。同作品はカルティエ現代美術館のコレクションとして収蔵される。多摩美術大学油絵科卒業の後、東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻を修了。現在はスペインのジョアン・ミロ美術館での個展をはじめとして海外での展示も多く、またNTTドコモやモレスキン主催の展覧会に参加するなど活動の幅は広い。

  • 関口泰宏 

    関口泰宏

    バービーコレクター

    1955年東京生まれ。学習院大学経済学部卒。日本仕様のバービーをはじめ、世界でも珍しいバービーを多数所有し、コレクターのなかでも一目を置かれる存在。会社経営をするかたわら、バービーの展示イベントも積極的に行なっている。