インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

松井えり菜

アーティスト

関口泰宏

バービーコレクター

今回、インタビュアーとしてカンバセーションズに参加してくれるのは、カルティエ現代美術館に収蔵されている『えびちり大好き』をはじめとする個性的な自画像作品や、ウーパールーパーをモチーフにした作品などで知られるアーティスト、松井えり菜さん。世界を股にかけ、精力的な活動を続けている松井さんが、”いま本当に話を聞きたい人”として指名したのは、世界的なバービー・コレクターとして知られる関口泰宏さん。数えきれない程のレアなバービーたちが陳列された圧巻の関口コレクションに囲まれながら、失われつつある”ニッポンのもの作り”について、松井さんが鋭く迫ります。

1. バービーはどんな時代に生まれたのですか?

関口泰宏 

1959年にバービーが生まれて、日本が製造を請け負った頃というのは、まだ戦後の生活が安定していない時期だったんです。

Q.私はもともとアンティークドールが好きなんですが、以前に行われたパリ万博で日本が持ってきた市松人形から着想を得て作られたものだということを聞いた時にスゴく感動した覚えがあるんです。人形に服を脱ぎ着させるという発想が当時の向こうの人にはなかったらしく、とてもビックリされたんだそうです。そのアンティークドールの流れにバービーがあることを考えると、そもそものオリジンは日本にあるとも言えますよね。最近私は、日本のもの作りということについてよく考えていて、今日はバービーを通して、そういう話をお聞きできればと思い、お伺いしました!

関口:市松人形もアンティークドールもちょっと怖いイメージがあるじゃない。そういう意味では、子どもが本気で遊べる人形というのは、バービーが最初だったんじゃないかなと思います。リカちゃん人形ができたのもその10年後くらいだし、当時はアメリカがだいたい10年くらい先を行っていたんですよね。60年代半ば頃のバービーで人気があったのは、ウェディングドレスを着たお嫁さんか、スチュワーデスか看護婦で、そういうものが子どもたちの憧れだったんですね。その後、夜の社交界に出かけるためのドレスを着たバービーなんかも出てくるんだけど、昼と夜のメリハリをつけて人生を楽しむという女性像が確立されるのも、日本では女性が社会進出するようになった70年の万博以降ですよね。ファッションでもなんでも、当時の日本は10年くらい遅れていたんですね。

Q.バービーはそうした時代の流れと共にあるんですね。バービーが生まれてから最初の10年くらいは、日本が製造を請け負っていたんですよね。

関口:そうですね。59年にバービーが生まれて、日本が製造を請け負った頃というのは、まだ戦後の生活が安定していない時期だったんですね。そのなかで、所詮オモチャだし賃金も安いけど、良いモノを作って世界を驚かせてやろうという思いが当時の日本人にはあったんだと思います。それで、ファスナーをYKK、ケースを凸版印刷、洋服を横須賀メリヤスが担当するなど、日本の職人たちの技術を結集して、世界に認められるものを作っていったんですね。バービーを作ったマテル社が、当時まだ安かろう悪かろうの時代だった日本に目を向けたこともすばらしいけど、それに応えた日本人も大したものだと思います。私は55年生まれだけど、当時の日本というのはいまからは信じられないくらいひもじい思いをしていましたからね。

関口さんのコレクションルーム 関口さんのコレクションルーム 関口さんのコレクションルーム

Q.そう考えるとバービーはスゴい高級品だったんですよね。

関口:そうですね。他の人形の3倍くらい高かったけど、こういうものができたことは画期的だったと思います。当時、ミルク飲み人形や目がつぶったり開いたりする人形などが主流のなかで、人間の完全な縮小版としてこれだけ精巧な人形を作って、当時の子どもたちに夢と衝撃を与えたというのは、スゴく大きなことだった。その頃日本では、ソニーパナソニックといった会社が少しずつ伸びてきた時期でもあったんですけど、科学技術の進歩と同じくらい、人間にとって情操教育というのは大切だと思うんです。そういう意味でも、オモチャ業界だからといって侮ることなく、日本人がこうしたものを作ったというのは素晴らしいことだったと思います。<続く>

インフォメーション

松井えり菜さんの個展「わびさびウートピア」が、8月25日~9月21日まで東京・山本現代で開催予定。

もっと知りたい人は…

  • 松井えり菜 

    松井えり菜

    アーティスト

    岡山県出身。2004年に自画像『えびちり大好き』でGEISAI#6の金賞を受賞。同作品はカルティエ現代美術館のコレクションとして収蔵される。多摩美術大学油絵科卒業の後、東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻を修了。現在はスペインのジョアン・ミロ美術館での個展をはじめとして海外での展示も多く、またNTTドコモやモレスキン主催の展覧会に参加するなど活動の幅は広い。

  • 関口泰宏 

    関口泰宏

    バービーコレクター

    1955年東京生まれ。学習院大学経済学部卒。日本仕様のバービーをはじめ、世界でも珍しいバービーを多数所有し、コレクターのなかでも一目を置かれる存在。会社経営をするかたわら、バービーの展示イベントも積極的に行なっている。