インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

真鍋大度

メディアアーティスト
株式会社ライゾマティクス

細貝淳一

株式会社マテリアル
「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト

今回のインタビュアーは、Perfume紅白歌合戦をはじめとするエンターテインメント分野の演出から、ホンダラフォーレ原宿などの広告案件、国内外でのアートプロジェクトへの参加まで、幅広い領域で活動するアーティスト/プログラマーの真鍋大度さん。各業界から熱い視線が注がれている真鍋さんがインタビューするのは、アルミ材料を主軸に素材の販売から加工、最終製品までを手がける株式会社マテリアルの細貝淳一さん。大田区の町工場が中心となり、日本の技術だけで作る国産ボブスレーを開発し、冬季オリンピック出場を目指す「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト推進委員会の委員長も務める細貝さんに、真鍋さんが聞きたいこととは?

1. もの作りに大切なことは何ですか?

細貝淳一 

自分たちは製造業と言われているけど、実はサービス業じゃないといけない。「技術は金を生まない」とはよく言われるけど、結局はプロモーションができないとダメなんですよ。

Q.細貝さんとの出会いは卒業制作の時なんですよね。マテリアルに飛び込みで行って相談をして、夜中に工場の機械などを使わせてもらって作品を完成させることができたのですが、展示にも来て頂けましたよね。

細貝:そうだったね。最初は、真鍋たちにどれくらいやる気があるのかなと思っていたんだけど、マシンだけこちらでセッティングしてあげたら、自分たちで徹夜で作っていたよな。それから何年かして、真鍋たちの工房に遊びに行ったら、その時にお金を返してきて、なんて律儀なヤツなんだと(笑)。

Q.借りたお金でしたから(笑)。でも、4年くらい経つまでなかなか(お金が)作れなかったんですよ。細貝さんにはその後も飲みに連れて行って頂いたり、仕事のご相談をしたりしていますが、例えばアートプロジェクトなどに取り組む際にもの作りの技術が必要になったら、協力してくれそうな企業や工場をグーグルなどで調べて、片っ端から電話をするというケースも結構多いんですね。僕の場合は細貝さんに聞くことが多いですが、技術力のある中小企業などと接点を持とうとする時に何か良い方法はあると思いますか?

細貝:もの作りをする時に、選定先が全方位になってしまうと、とても面倒くさくなるよね。例えば、真鍋が何かネタを持っていたとして、それを一からすべて説明して相談するのは大変だし、ちょっと悪い会社だとそのネタだけ持っていくこともある。だから、信頼ができるもの作りの会社を紹介してくれるような人がいるのがやっぱりいいんだよね。それに、そういう会社と信頼関係が築けると、その後もしっかりローテーションしていくからね。自分たちは製造業と言われているけど、実はサービス業じゃないといけないと思っていて、真鍋にしても同じだと思うけど、いくら技術があってもそれを出すところがなかったらマスターベーションで終わっちゃうでしょ。

Q.そうですね。実際にしばらくはそういう状態が続いていたんですが、YouTubeなどが普及して、そこに動画をアップすることで多くの人に見てもらえるようになり、仕事などにも繋がっていくようになりました。細貝さんと出会った頃から、そこまで行き着くのはかなり大変でしたが(笑)。こういう業界は人気商売的なところもあるんですが、僕らにしかできないプログラミングやエンジニアリングでもの作りをしていきたいというのはありますね。

細貝:「技術だけでは金を生みにくい」という話はよく言われることだけど、結局はプロモーションができないとダメなんだよね。いまもの作りの現場というのは日本から海外に流れていってしまっているけど、もともと資源のない国だった日本にとって、技術というものは大きな武器だったわけだよね。もちろんその技術がなければ始まらないけど、我々のような中小企業が技術技術と吠えても意味がない。そこで目を付けたのが、ボーイング787の機体などに使われていて、今後のトレンドになっていくであろう炭素繊維で、これをオリンピックという場所で配信をしていこうというのが、いま進めている「下町ボブスレー」なんだよね。<続く>

もっと知りたい人は…

  • 真鍋大度 

    真鍋大度

    メディアアーティスト
    株式会社ライゾマティクス

    身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さに着目している。2006年にウェブからインタラクティブデザインまで幅広いメディアをカバーするデザインファーム「rhizomatiks」を立ち上げ、2008年には、石橋素とハッカーズスペース「4nchor5 La6」(アンカーズラボ) を設立。

  • 細貝淳一 

    細貝淳一

    株式会社マテリアル
    「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト

    1966年生まれ。東京都大田区出身。1992年にアルミ材料を主軸に素材の販売から加工、最終製品までを手がける株式会社「マテリアル」を創業。大田区の町工場が中心となり、日本の技術だけで作る国産ボブスレーを開発し、冬季オリンピック出場を目指す「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト推進委員会の委員長も務める。