インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

真鍋大度

メディアアーティスト
株式会社ライゾマティクス

細貝淳一

株式会社マテリアル
「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト

今回のインタビュアーは、Perfume紅白歌合戦をはじめとするエンターテインメント分野の演出から、ホンダラフォーレ原宿などの広告案件、国内外でのアートプロジェクトへの参加まで、幅広い領域で活動するアーティスト/プログラマーの真鍋大度さん。各業界から熱い視線が注がれている真鍋さんがインタビューするのは、アルミ材料を主軸に素材の販売から加工、最終製品までを手がける株式会社マテリアルの細貝淳一さん。大田区の町工場が中心となり、日本の技術だけで作る国産ボブスレーを開発し、冬季オリンピック出場を目指す「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト推進委員会の委員長も務める細貝さんに、真鍋さんが聞きたいこととは?

インタビューの前に

真鍋大度 

いま、真鍋大度さんが聞きたいこと

「細貝さんとは、美術学校の卒業制作で骨伝導を利用した椅子の作品を作る際に飛び込みでマテリアルに行った時に初めてお会いしました。そこで図面を見て頂き、普通に作ったら非常にコストがかかるところを、安く作る方法を考えようと言ってくれて、夜中に工場の機械を使わせてもらい、無事に作品が完成することができたんです。それからも細貝さんには何度かもの作りの相談などをさせてもらっていますし、ちょくちょくご飯にも連れて行って頂き、僕が浮足立たないようにいつも気を引き締め直してくれるんです(笑)。今日はそんな細貝さんに、もの作りのことや『下町ボブスレー』のことなどをお伺いできればと思っています」

もっと知りたい人は…

  • 真鍋大度 

    真鍋大度

    メディアアーティスト
    株式会社ライゾマティクス

    身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さに着目している。2006年にウェブからインタラクティブデザインまで幅広いメディアをカバーするデザインファーム「rhizomatiks」を立ち上げ、2008年には、石橋素とハッカーズスペース「4nchor5 La6」(アンカーズラボ) を設立。

  • 細貝淳一 

    細貝淳一

    株式会社マテリアル
    「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト

    1966年生まれ。東京都大田区出身。1992年にアルミ材料を主軸に素材の販売から加工、最終製品までを手がける株式会社「マテリアル」を創業。大田区の町工場が中心となり、日本の技術だけで作る国産ボブスレーを開発し、冬季オリンピック出場を目指す「下町ボブスレー」ネットワークプロジェクト推進委員会の委員長も務める。