インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

KYOTARO

アーティスト

Lulu

ファッション・ブロガー

昨年、作品集をはじめ計4冊の刊行物をリリースするなど、いま注目が高まっているKYOTAROさんは、アート、マンガ、ファッションなどジャンルを超えて活躍するドローイング・アーティスト。そんな彼女がインタビューしたい人として名前を挙げてくれたのは、VOGUE JAPAN公式ファッションブロガーとして活躍するLuluさん。ふたりのお子さんを持つ母でありながら、国内外のカッティングエッジなファッションやインテリアなどの情報を発信する彼女独自の美意識に、KYOTAROさんが迫ります。

2. どうやってチョイスしているのですか?

Lulu 

写真なんかを見た時にそれだけ色がついているように飛び出してくる感覚を得る時があります。ちょっとグロテスクなものや、悪趣味一歩手前のギリギリのものが好きで、気持ち悪さのなかにある美しさに惹かれるんです。

Q.Luluさんのブログを見ていると、チョイスに一貫性を感じます。ブログで取り上げる基準やポイントはありますか?

Lulu:特に意識しているわけではないんですけど、写真なんかを見た時にそれだけ色がついているように飛び出してくる感覚を得る時があります。傾向としては、ちょっとグロテスクなものや、悪趣味一歩手前のギリギリのものが好きで、気持ち悪さのなかにある美しさに惹かれるんです。あと、アトランティスとかムーとか超古代文明も好きなので、そういう要素が入ったものにも興味がいきます。そういうものって、そんなに多くの人が好きなものではないと思うんですね。私がグロテスクなものをアップした時に「いいね!」してくれる人はだいたい決まっています (笑)。

Q.実は私が最初にLuluさんの記事を見て「いいね!」を押したのも、リスやキノコがモチーフになっているグロテスクなアクセサリーか何かだったんです。気持ち悪いから「いいね!」は少なかったんですけど、本当に美しかった。同時に、これを商品として作っている人がいるんだということにもビックリしました。

Lulu:だいたいそういうものはイタリアのものが多いんです。そして、日本にそれを持ってきても売れない。だから、私が紹介するのは日本未入荷のものが多いんです(笑)。「グロテスク」という言葉の語源は「グロッタ=洞窟」という意味なんです。昔、イタリアの貴族たちの間で、小石や石灰石を貼付け、彫刻や像で密集させた人工洞窟を作る趣味が流行したらしく、それが語源になっているらしいんですよ。

「VOGUE.talk」内にあるLuluさんのブログ。

Q.グロテスクなもののなかにある美しさというのは、それがどれだけ高いレベルにあるものでも、しっかり整理して伝えないと、人を喜ばせるのはなかなか難しいなとよく感じます。特に日本はカワイイものが求められがちですしね。でも、Luluさんのブログを見た時は、あれほどのグロテクスなモチーフの中から本当に美しいものをちゃんと拾える人が日本人にもいるんだと、面白く感じました。

Lulu:いま情報がこれだけあふれていて感じるのは、自分に必要な情報というのは実は少ないということです。情報なんて欲しければ自分から取りにいけばいいもので、上から降り注いでくる必要はないと思うんです。情報があまりにも多いから、知らないと置いていかれるような感覚になるけど、それはただ煽られているだけなんじゃないかなという気がします。<続く>

インフォメーション

KYOTAROさんの作品集「天界トリップ」「ベイビー・シャワー・ストーリー」(ともに河出書房新社)、「I SAW A LOT OF FAIRIES - 妖精の行く道」(ERECT Lab.)、漫画単行本に「MWUAI ムーアイ」(ダイトカイ)が現在発売中。

もっと知りたい人は…

  • KYOTARO 

    KYOTARO

    アーティスト

    1978年京都生まれ。1998年京都嵯峨美術短期大学卒業。ドローイング、ペインティング、マンガ、アニメーションなど、幅広い分野で活動するドローイングアーティスト。個展「天界トリップ」(2008)、「妖精の行く道」(2010/いずれもミヅマ・アクション)をはじめ多数個展を開催し、ニューヨーク、マイアミ、北京、上海、サンフランシスコなど、海外でのグループ展にも参加。主な作品集に「天界トリップ」、「ベイビー・シャワー・ストーリー」(ともに河出書房新社)、 「I SAW A LOT OF FAIRIES - 妖精の行く道」2012(ERECT Lab.)、漫画単行本に「MWUAI ムーアイ」(ダイトカイ)がある。

  • Lulu 

    Lulu

    ファッション・ブロガー

    「VOGUE JAPAN」ブロガー。高校時代のアメリカ留学、また海外駐在&海外で2児の子育てを経験。ブログでは国内外のファッションやインテリア、雑貨などを発信中。自分の周りを好きなもので「デコレーション」することに夢中。馬が大好きで高校時代は障害飛越にのめりこむが、現在財政難でお休み中。周りの目を気にしつつも、モードなファッションがやめられない40代主婦。