インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

黒田潔

イラストレーター

寺坂直毅

放送作家

カンバセーションズには3回目の登場となるイラストレーターの黒田潔さん。ダンサーの黒田育世さん、コラムニスト/マンガ家の辛酸なめ子さんに続き、今回黒田さんがインタビュー相手に選んだのは、放送作家の寺坂直毅さん。さまざまなラジオ、テレビ番組の構成を手がける傍ら、「紅白歌合戦」「徹子の部屋」、デパートなどに関する膨大な知識を持ち、「やりすぎコージー」などのテレビ出演や「胸騒ぎのデパート」の著作などでも知られる寺坂さんに、黒田さんが迫ります。

1. なぜ紅白歌合戦が好きなんですか?

寺坂直毅 

高校2年生の時の「紅白」をセットを意識しながら見ていたら、ひとつのステージの中でセットが40回くらい変わっていたんです。しかも、司会者がMCをしている間にセットチェンジしてしまうその技が凄い。

Q. 僕は、80年代のアイドルや歌番組が大好きで、「紅白歌合戦」(以後「紅白」)も毎年家族で見ていたんですね。だから、寺坂さんが紅白のセットのミニチュアをご自身で再現されているという話をラジオで聞いた時にとても興味を持ったんですが、どういうきっかけでそんなことを始めたのですか?

寺坂:僕は中学2年から高校3年までひきこもりだったんですけど、ある日自分の部屋の勉強机を眺めていたら、蛍光灯やスポットライトなどがあって、ステージみたいに見えてきたんですよ。それで、最初は台所にある水切りネットやアルミホイルなんかを使って、「ザ・ベストテン」や「ニュースステーション」のセットを作ったりするようになったんです。その後、僕が高校2年生の時の「紅白」をセットを意識しながら見ていたら、ひとつのステージの中でセットが40回くらい変わっていたんですね。しかもNHKでCMがないから、司会者がMCをしている間にセットチェンジしてしまうその技が凄いと。それを自分の家でもやってみたいと思い、文房具屋でカラーセロファンなんかを買って照明の色を変えたり、書道の半紙で紙吹雪を降らせたりと色んな工夫をしながら、「紅白」のセットのミニチュアを作るようになりました。

Q.それは現在の放送作家のお仕事にもつながっていくのですか?

寺坂:まったく関係ないですね(笑)。僕がひきこもりをしていた90年代後半、自分の部屋にはテレビがなかったので、よくラジオを聴いていて、今田耕司さんと東野幸治さんの番組にハガキを投稿していたんですね。僕の実家は宮崎なんですけど、当時友達がひとりもいなくて、ラジオにネタを書くことが唯一人とコミュニケーションする手段でした。送ったネタも何度か読まれていたので、将来はこういう仕事をしたいと思うようになり、上京したんです。

寺坂さんが制作した紅白歌合戦のミニチュアセット 寺坂さんが制作した紅白歌合戦のミニチュアセット

Q.子供の頃に見ていたテレビやラジオというのは、ひとつの番組にかけるエネルギーが凄かった記憶があります。特に歌番組のセットとかはビックリしながら見ていましたね。

寺坂:最近の歌番組はセットは変えず、背景のCGで変化を出したりしていますけど、当時は1曲ごとにセットが変わっていましたよね。火薬や紙吹雪の量もいまより全然多い(笑)。

Q.紙吹雪と言えば、去年の「紅白」ではYUKIさんのちょうど頭の上に紙吹雪が落ちてきたりして、そういうミラクルが生まれるのも「紅白」ならではですよね。

寺坂:そうですね。「紅白」の醍醐味は、サブちゃんが歌っている時の金紙吹雪がまだ床に落ちている状態でSMAPが歌い始めたりするところで、演歌からJ-POPまで色んなものが集まっているところでみんなが歌っているのがいいんですよね。<続く>

インフォメーション

黒田潔さんは現在、小説家・村上龍氏がJRA新聞広告・スポーツ新聞各紙に連載中の「速いものは、美しい」のイラストを担当。また、Samantha Thavasaのキャンペーン「Smantha Thavasa × カワイイ × Art.」の8月のグラフィックも担当し、CMもオンエアー中。

もっと知りたい人は…

  • 黒田潔 

    黒田潔

    イラストレーター

    イラストレーター。資生堂「ザ・コラーゲン」広告、 Van Cleef & Arpels銀座店ディスプレイ等を手掛ける。2005年新宿サザンビートプロジェクトのウォールグラフィックでグッドデザイン賞を受賞。東京都現代美術館MOTアニュアル10」。韓国ナム・ジュン・パイクアートセンター等の展覧会に参加。作品集「森へ」(ピエ・ブックス)、古川日出男氏との共作「舗装道路の消えた世界」(河出書房新社)を出版。

  • 寺坂直毅 

    寺坂直毅

    放送作家

    1980年宮崎生まれ。家から徒歩圏内にデパートが何軒も乱立する環境で幼少期を過ごし、魅力に憑りつかれたために日本全国のデパートを行脚した「胸騒ぎのデパート」(東京書籍)を刊行。紅白歌合戦、黒柳徹子研究などの趣味を持つ。