インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

黒田潔

イラストレーター

辛酸なめ子

コラムニスト
マンガ家

カンバセーションズへの登場はこれで2回目となるイラストレーターの黒田潔さん。今回黒田さんがインタビュー相手に選んだのは、マンガ家、コラムニストとして様々な媒体で活躍している辛酸なめ子さん。一見あまり接点がなさそうにも思えるこのふたりをつなぐキーワードは、ズバリ「アイドル」!! 「アイドル」にまつわるコラムなども多数執筆している辛酸さんに、意外にもアイドルからの影響を受けてきたという黒田さんが聞きたいこととは果たして?

※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。12月12日発売の『QUOTATION』VOL.13の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

2. どんな視点でアイドルを見ているのですか?

辛酸なめ子 

私は十数年くらい前にSPEEDが好きで、その後ブリトニー(・スピアーズ)とかにいったのですが、ブリトニーがおかしくなっちゃった頃からは、そういう背景も込みで受け入れないといけないなと思うようになりました。

Q.最近はAKBの総選挙とかがあったりして、競争がものスゴく苛酷じゃないですか。自分に対する評価が順位になって出てきたり、結果がよりダイレクトに求められていますよね。

辛酸:男性社会の考え方を持ち込んだ感じですよね。これがなければ「密告」とかもなかったんでしょうね(笑)。

Q.当時はまだ自分が若かったから単純に背後が見えていなかっただけなのかもしれないですが、昔のアイドルは、マイナスの要素やダークなイメージってあまりなかった気がするんですよね。でも、ネットが普及するにつれて、そういうアイドルの負の部分も見えてくるようになりましたよね。

辛酸:ですよね。私は十数年くらい前にSPEEDが好きで、その後ブリトニー(・スピアーズ)とかにいったのですが、ブリトニーがおかしくなっちゃった頃からは、そういう背景も込みで受け入れないといけないなと思うようになりました。たとえ本人がおかしくなっても、その後に出てくるCDが良ければ安心みたいな。

辛酸なめ子『アイドル万華鏡』

Q.基本的にファン視点でアイドルを見ているんですね。

辛酸:そうですね。最近のファンは、そういう背景も込みで見ているところがあるんだと思います。それがさらに進むと、男と会っていないかをチェックしたり、風紀委員みたいな感じになってきて、例えば声優さんのブログにクリスマスの食事の写真がアップされていると、そのソースを見て写真の日付をチェックするような人もいるみたいです。それが半分楽しみになっちゃっているじゃないですかね。一方で、昔みたいに妄想する楽しさみたいなものはなくなってしまったのかもしれない。あゆ(浜崎あゆみ)みたいに結婚して離婚してみたいなストーリーがあればいいんですけどね。

辛酸なめ子『アイドル万華鏡』

Q.自分の意志は関係なく、人形のように扱われていた昔のアイドルとは違って、いまは自分の意見は言えるけど、同時にファンの意見も入りすぎてしまって、あまり守られている感じがなくて大変そうですよね。

辛酸:それで恋愛禁止なんて言われた日にはという感じですよね。つんく♂なんかは、アーユルヴェーダのドーシャのバランスが乱れるという理由で日蝕を恐れていて、「日蝕禁止」にしちゃいましたからね (笑)。それが常軌を逸しているとツイッターとかでも話題になりましたよね。でも、恋愛禁止より日蝕禁止の方がいいですよね(笑)。<続く>

インフォメーション

辛酸さんの最新著作『セレブの黙示録』が朝日新聞出版から発売中。黒田さんと作家・古川日出男さんの共著『舗装道路の消えた世界』が河出書房新社より発売中。また、同書籍の発売に合わせた朗読、ライブペイント&トークイベントが12月8日に下北沢B&Bで開催される。

もっと知りたい人は…

  • 黒田潔 

    黒田潔

    イラストレーター

    イラストレーター。資生堂「ザ・コラーゲン」広告、 Van Cleef & Arpels銀座店ディスプレイ等を手掛ける。2005年新宿サザンビートプロジェクトのウォールグラフィックでグッドデザイン賞を受賞。東京都現代美術館MOTアニュアル10」。韓国ナム・ジュン・パイクアートセンター等の展覧会に参加。作品集「森へ」(ピエ・ブックス)、古川日出男氏との共作「舗装道路の消えた世界」(河出書房新社)を出版。

  • 辛酸なめ子 

    辛酸なめ子

    コラムニスト
    マンガ家

    1974年東京都生まれ、埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。漫画家、コラムニストとして活動。近刊は『厄除開運人生』(祥伝社)、『サバイバル女道』(サイゾー)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『霊的探訪』(角川書店)など。