インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

黒田潔

イラストレーター

黒田育世

ダンサー
振付師

黒田潔さんは、美しい線画で描かれる動植物のアートワークで人気のイラストレーター。雑誌や本の装丁をはじめ、さまざまな分野で活躍を続け、さらに2010年には、自らの足でアラスカの森を歩き、その情景をイラストで表現した作品集『森へ』を出版。その後も作家・古川日出男さんとのコラボレーションなど、ジャンルを横断しながら、精力的に作品発表を行っています。そんな彼が今回インタビューしたい人は、ダンサー、振付師として活躍し、近年では映画『告白』の出演でも話題を集めた黒田育世さん。黒田潔さんが初めて彼女のパフォーマンスを目にしたのは、古川日出男さんと黒田育世さんによる朗読パフォーマンス『ブ、ブルー』でのこと。そこで目にした黒田育世さんのパフォーマンスがずっと忘れられなかったそうです。幼い頃からバレエを学び、その後も自らの身体を使った表現を生業にしてきた黒田育世さんに対し、イラストレーションという平面表現を突き詰めてきた黒田潔さんが、いま本当に聞きたいこととは?

2. 何のために踊るのですか?

黒田育世 

「それなのに踊りたがっている身体」を見出して、それを空間や見る人に投げ出すということが、私のやっていることなんだと思います。

Q.セリフがあって、ストーリーがあって、配役があるといういわゆるお芝居も面白いですが、黒田さんのパフォーマンスや振り付けは、そうしたものを取っ払ってしまった上で、その人がもともと持っている素の状態を、身体を通して表現していこうとしていることが、ダイレクトに伝わってきます。人にはたぶん「こう見られたい」とか「綺麗に踊りたい」という願望があると思うんですけど、黒田さんは、その人がかぶっているものをはがすという作業を一緒にやっているからこそ、スゴく生命力にあふれたパフォーマンスになっているんじゃないかなと。ダンスを通して自己や他者と向き合う方法論ということについて聞いてみたいです。

黒田:私は、「それなのに」というのが大きなキーワードだと思っているんです。「それなのに生きている」とか、「それなのに食べている」とかね。例えば、戦争があって、人が死んでいるという事実がありながら、それなのにおやつを食べていたり、苦しい状況で何かを作るよりは死んだ方が早いだろうと思うんだけど、それなのにあきらめないとか、世の中には「それなのに」ということがあふれていると思うんです。それを実感することは、「生きたがっている自分」を見出していくことなんですね。それは、時代が判断する「美しさ」とか「カッコ良さ」などの基準には当てはまらない壮大なスケールのもので、宇宙の根源のようなものですよね。そのくらいのスケール感を身体というものは持っていて、「それなのに踊りたがっている身体」を見出して、それを空間や見る人に投げ出すということが、私のやっていることなんだと思います。あとはそれを見る人に判断して頂くという感覚ですね。

「あかりのともるかがみのくず」 Photo:石川純

Q.自分がいまやっている絵を描くという表現方法は、まったく見ず知らずの人からのレスポンスが届きにくいところがあります。でも、演劇やダンスなどのパフォーマンスというのは、その場で生まれるエネルギーのようなものが、見ている側にも満ち満ちている感じがするし、演者のパフォーマンスに対して、観客がすぐに反応を投げ返してくるようなコミュニケーションが生まれますよね。

黒田:もう恐怖ですよね。私はものスゴいアガリ症なんですよ。もちろん、本番までにものスゴく考えたり、稽古をしたりして準備はしますけど、それがうまくいく保証は何もないじゃないですか。その日のお客さんがどういう人たちなのかということもあるし、野外で演じる場合は天候なども関係してきますよね。そこで演じるということはもの恐怖なんですが、自分たちが踊るということは、「このスタンダードを人にお見せする」ということ以上に、「一緒にいて頂く」ということなんだと考えています。ライブのスゴいところは、一緒にいて頂けるということだと思うんですね。何百、何千という人たちが一緒にいてくれるということは、本当にありがたいことだなと。 <続く>

インフォメーション

黒田育世さん率いるBATIKの結成10周年を飾る新作『おたる鳥をよぶ準備』が、愛知芸術文化センターアイホール(伊丹)SPAC-静岡県舞台芸術センターの3館共同製作作品として上映される。その後、東京でも上演予定。

公演スケジュール
2012年6月30日、7月1日 SPAC 「ふじのくに⇄せかい演劇祭」 舞台芸術公園 野外劇場「有度」
2012年10月28日 アイホール(伊丹)
2012年10月31日、11月1日 愛知県芸術劇場小ホール
2012年11月15~18日 世田谷パブリックシアター

もっと知りたい人は…

  • 黒田潔 

    黒田潔

    イラストレーター

    イラストレーター。資生堂「ザ・コラーゲン」広告、 Van Cleef & Arpels銀座店ディスプレイ等を手掛ける。2005年新宿サザンビートプロジェクトのウォールグラフィックでグッドデザイン賞を受賞。東京都現代美術館MOTアニュアル10」。韓国ナム・ジュン・パイクアートセンター等の展覧会に参加。作品集「森へ」(ピエ・ブックス)、古川日出男氏との共作「舗装道路の消えた世界」(河出書房新社)を出版。

  • 黒田育世 

    黒田育世

    ダンサー
    振付師

    BATIK主宰、振付家・ダンサー。6歳よりクラシックバレエを始める。2002年にBATIKを設立し、次々に作品を発表。バレエテクニックを基礎に、身体を極限まで追いつめる過激でダイナミックな振付けは、踊りが持つ本来的な衝動と結びつき、ジャンルを超えて支持されている。飴屋法水古川日出男笠井 叡野田秀樹などアーティストとのクリエーションも多い。映画『告白』(中島哲也監督/10年)への出演も話題となった。