インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

黒田潔

イラストレーター

黒田育世

ダンサー
振付師

黒田潔さんは、美しい線画で描かれる動植物のアートワークで人気のイラストレーター。雑誌や本の装丁をはじめ、さまざまな分野で活躍を続け、さらに2010年には、自らの足でアラスカの森を歩き、その情景をイラストで表現した作品集『森へ』を出版。その後も作家・古川日出男さんとのコラボレーションなど、ジャンルを横断しながら、精力的に作品発表を行っています。そんな彼が今回インタビューしたい人は、ダンサー、振付師として活躍し、近年では映画『告白』の出演でも話題を集めた黒田育世さん。黒田潔さんが初めて彼女のパフォーマンスを目にしたのは、古川日出男さんと黒田育世さんによる朗読パフォーマンス『ブ、ブルー』でのこと。そこで目にした黒田育世さんのパフォーマンスがずっと忘れられなかったそうです。幼い頃からバレエを学び、その後も自らの身体を使った表現を生業にしてきた黒田育世さんに対し、イラストレーションという平面表現を突き詰めてきた黒田潔さんが、いま本当に聞きたいこととは?

インタビューを終えて

黒田潔 

伝えたいものを必死で人に伝えようとしている姿勢は、とても美しいと感じました。

「以前、黒田さんのパフォーマンス後のトークを聞いたことがあるんですが、踊っている時とはまったく違う物腰の柔らかさにとてもギャップを感じたんです。こんなに綺麗な人が舞台では水をかぶったり、叫んだりしていて、でもその後のトークでは淡々と話していて(笑)。今日もまさにそんな感じだったので、きっとダンスの時には普段とは違うスイッチが入る人なんでしょうね。ただ、エネルギーの固まりのような人だということは、話をしているだけでもビンビン伝わってきたし、バレエを初めてやった時に『知ってる』と思ったという話は、まさに踊るために生まれてきた人のセリフだなと。 今日は、忘れてはいけない話をたくさん聞けたのですが、特に印象に残ったのは、自分に謙虚でいるという話ですね。人間としてはもちろんですが、自分のパフォーマンスに常に謙虚でいる姿勢は、見習わないといけないと感じたし、プロとして本当にカッコ良い生き方ですよね。黒田さんは公演数がそう多くないにも関わらず、たくさんの賞を獲っていているので、天才肌と思われがちなのかもしれないですが、苦しみや葛藤のなかで作品を生み出していることがよくわかったし、伝えたいものを必死で人に伝えようとしている姿勢は、とても美しいと感じました。
僕は黒田さんのパフォーマンスを見た時に、自分の感覚が引っ張られまくられたのですが、僕自身、自分の作品が見る人の感覚を何かしら刺激するきっかけになればいいと思って絵を描いているところがあります。今日聞けたことなどを自分の中で消化して、これからもしっかり絵を描いていきたいなと感じました」

インフォメーション

黒田育世さん率いるBATIKの結成10周年を飾る新作『おたる鳥をよぶ準備』が、愛知芸術文化センターアイホール(伊丹)SPAC-静岡県舞台芸術センターの3館共同製作作品として上映される。その後、東京でも上演予定。

公演スケジュール
2012年6月30日、7月1日 SPAC 「ふじのくに⇄せかい演劇祭」 舞台芸術公園 野外劇場「有度」
2012年10月28日 アイホール(伊丹)
2012年10月31日、11月1日 愛知県芸術劇場小ホール
2012年11月15~18日 世田谷パブリックシアター

もっと知りたい人は…

  • 黒田潔 

    黒田潔

    イラストレーター

    イラストレーター。資生堂「ザ・コラーゲン」広告、 Van Cleef & Arpels銀座店ディスプレイ等を手掛ける。2005年新宿サザンビートプロジェクトのウォールグラフィックでグッドデザイン賞を受賞。東京都現代美術館MOTアニュアル10」。韓国ナム・ジュン・パイクアートセンター等の展覧会に参加。作品集「森へ」(ピエ・ブックス)、古川日出男氏との共作「舗装道路の消えた世界」(河出書房新社)を出版。

  • 黒田育世 

    黒田育世

    ダンサー
    振付師

    BATIK主宰、振付家・ダンサー。6歳よりクラシックバレエを始める。2002年にBATIKを設立し、次々に作品を発表。バレエテクニックを基礎に、身体を極限まで追いつめる過激でダイナミックな振付けは、踊りが持つ本来的な衝動と結びつき、ジャンルを超えて支持されている。飴屋法水古川日出男笠井 叡野田秀樹などアーティストとのクリエーションも多い。映画『告白』(中島哲也監督/10年)への出演も話題となった。