インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

黒田潔

イラストレーター

黒田育世

ダンサー
振付師

黒田潔さんは、美しい線画で描かれる動植物のアートワークで人気のイラストレーター。雑誌や本の装丁をはじめ、さまざまな分野で活躍を続け、さらに2010年には、自らの足でアラスカの森を歩き、その情景をイラストで表現した作品集『森へ』を出版。その後も作家・古川日出男さんとのコラボレーションなど、ジャンルを横断しながら、精力的に作品発表を行っています。そんな彼が今回インタビューしたい人は、ダンサー、振付師として活躍し、近年では映画『告白』の出演でも話題を集めた黒田育世さん。黒田潔さんが初めて彼女のパフォーマンスを目にしたのは、古川日出男さんと黒田育世さんによる朗読パフォーマンス『ブ、ブルー』でのこと。そこで目にした黒田育世さんのパフォーマンスがずっと忘れられなかったそうです。幼い頃からバレエを学び、その後も自らの身体を使った表現を生業にしてきた黒田育世さんに対し、イラストレーションという平面表現を突き詰めてきた黒田潔さんが、いま本当に聞きたいこととは?

4. 作品のテーマはどのように生まれるのですか?

黒田育世 

呼ばれる感じです。しんどいことはわかっているし、本当は作りたくないんですよ(笑)。

Q.黒田さん率いるBATIKの新作『おたる鳥をよぶ準備』のテーマは「死への準備」だそうですね。その言葉だけを聞くとドキッとしますが、同時にスゴく興味がわきました。僕は作品を作る上であまりそういうことを考えたことがなかったのですが、最近、周りの大切な人が死ぬということが、自分が年を重ねていくということなんだなとスゴく感じていて、いなくなってしまった人と共有した思い出を、その後どう消化していくのかということを考えるようになっていたんです。だからこそ、次の公演は絶対見たいと思っているんですが、こういう作品のアイデアはどのように出てくるのですか?

黒田:呼ばれる感じですね。しんどいことはわかっているし、本当は作りたくないんですよ(笑)。でも、ワーって引っ張られてしまうから、やらなきゃいけないんだとあきらめています。といっても、常に自分の中に何かがあるというわけではなく、人の生きている姿に感動したことなどがきっかけになることが多いですね。もちろん、自分の幼少期の記憶や、いま抱えている悩みなども出てきてしまいますが、基本的にはみなさんに作らせてもらっていると思っているし、だから私がソロでやることはほとんどありません。

「矢印と鎖」

Q.生みの苦しみというのはありませんか?

黒田:もう悲惨ですよ。正座したまま突っ伏して、何時間も微動だにしないことなんかもあります。おでこにゲンコツを当てて、アイデアが出てくるのをずっと待つんですね。この時が一番つらくて、過呼吸になってしまって、気づいたらコンビニの袋を頭からかぶせられていることとかもあるんです。

「花は流れて時は固まる」 Photo:石川純

Q.それは壮絶ですね…。そこからどんな世界が生まれるのかますます気になります。静岡での新作公演は野外ということですが、会場は毎回テーマに合わせて決めているのですか?

黒田:いえ、むしろ場所を見てから作品ができていくことが多いですね。ただ、場所はとても重要なので、必ず下見には行くようにしています。今回もダンサーを連れて会場に行ったのですが、翌日のお昼までその場を貸して頂けたので、その日はひとり残って、野外ステージを巨大な机に見立て、そこで森を見ながら作業をするというぜいたくな体験ができました。王様になった気分でしたね(笑)。

Q.この仕事をしているからこそできる経験ですね。自分がこんなことをしていたら、こんな素敵なことが待っていたという体験が蓄積していくことが、幸せに生きるということなんじゃないかなと思います。

黒田:そうですね。先日、オーストリアから親友が来たので、何年ぶりかにクラブに行ったんですね。私がクラブで踊っていると、みんな一緒になって踊ってくれるんですよ(笑)。自分が踊りで生きているんだということを実感できた瞬間で、それは幸せなことですよね。 <インタビュー終わり>

インフォメーション

黒田育世さん率いるBATIKの結成10周年を飾る新作『おたる鳥をよぶ準備』が、愛知芸術文化センターアイホール(伊丹)SPAC-静岡県舞台芸術センターの3館共同製作作品として上映される。その後、東京でも上演予定。

公演スケジュール
2012年6月30日、7月1日 SPAC 「ふじのくに⇄せかい演劇祭」 舞台芸術公園 野外劇場「有度」
2012年10月28日 アイホール(伊丹)
2012年10月31日、11月1日 愛知県芸術劇場小ホール
2012年11月15~18日 世田谷パブリックシアター

もっと知りたい人は…

  • 黒田潔 

    黒田潔

    イラストレーター

    イラストレーター。資生堂「ザ・コラーゲン」広告、 Van Cleef & Arpels銀座店ディスプレイ等を手掛ける。2005年新宿サザンビートプロジェクトのウォールグラフィックでグッドデザイン賞を受賞。東京都現代美術館MOTアニュアル10」。韓国ナム・ジュン・パイクアートセンター等の展覧会に参加。作品集「森へ」(ピエ・ブックス)、古川日出男氏との共作「舗装道路の消えた世界」(河出書房新社)を出版。

  • 黒田育世 

    黒田育世

    ダンサー
    振付師

    BATIK主宰、振付家・ダンサー。6歳よりクラシックバレエを始める。2002年にBATIKを設立し、次々に作品を発表。バレエテクニックを基礎に、身体を極限まで追いつめる過激でダイナミックな振付けは、踊りが持つ本来的な衝動と結びつき、ジャンルを超えて支持されている。飴屋法水古川日出男笠井 叡野田秀樹などアーティストとのクリエーションも多い。映画『告白』(中島哲也監督/10年)への出演も話題となった。