インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

黒田潔

イラストレーター

韓 亜由美

アーバンスケープアーキテクト

カンバセーションズには4回目の登場となるイラストレーターの黒田潔さん。今回彼がインタビュー相手に選んだのは、黒田さんがイラストレーションを担当した朝霞浜崎団地のトータルバリューアップ計画「URBAN FOREST ASAKAHAMAZAKI DANCHI」で、デザインディレクションを担当したアーバンスケープアーキテクト・韓 亜由美さん。老朽化した団地の改修にとどまらず、3棟にも及ぶ建物全体を森に見立てたデザイン計画のもと、団地という住空間全体に新たな価値を与えることを目指した2年越しの大プロジェクトの舞台裏について、さまざまなお話を聞きました。

1. 空間デザインの肝は何ですか?

韓 亜由美 

自分で最後のピリオドまでは打たず、その空間に住んでいる主役の方たちに委ねるということを常に意識しています。

Q.2005年の「新宿サザンビートプロジェクト」や、今回の朝霞浜崎団地など、韓さんのお仕事には、その空間を別の視点から見直し、イメージを転換させていくようなものが多いと感じます。一方で僕は紙媒体の仕事が多く、その中で個人的な世界観をいかにつくっていくかというところに矛先が向かっているので、ある意味対極にあると言えるかもしれませんが、韓さんはイラストレーションなどの表現が公共の場所や建築物に混ざっていくことについて、どう考えていますか?

韓:私の仕事の大きなテーマは都市なんですね。私は新宿生まれ新宿育ちなのですが、都市というのは生き物のようなもので、時代とともにどんどん変化し、新陳代謝を繰り返していきます。そうした空間や場所を、都市に生きる人たちの生息環境と考えているのですが、ツルツルピカピカの綺麗に整備された高層ビルや再開発された空間ばかりだと、写真映えはするかもしれませんが、あまり憩うことはできないだろうし、人は寄り付かないと思うんです。例えば、以前に新宿の工事現場の仮囲いにイラストを描いてもらった時もそうですが、ホワイトキューブのギャラリーとは違う空間、つまり生息環境としての都市に絵があることで、そこに暮らす人たちが介在してきて、化学変化が起きることがある。そうした触媒のように機能するものとして、イラストレーションやデザインを考えているところがあるんです。

Q.「生息環境」というのはとても腑に落ちる表現です。多くの人たちが集まる都心は、まさにどんどん変化する生き物のようですが、今回の団地というのは、建てられてからすでに数十年が経っていて、実際に足を運んでみると、その時間の経過というものが強く感じられました。色々な面で新宿の時とはだいぶ違うプロジェクトでしたよね。

韓:団地というのは住環境なので、新宿の街中のように不特定多数の人たちがすれ違っていくような場ではなく、プライベートとパブリックの境目にあるような空間ですよね。新宿サザンビートは、壁に描かれた絵や言葉と通行人が相対するような関係性でしたが、今回は常にそこに住んでいる人たちを包み込むような環境づくりが必要だと考え、そこから「森」というコンセプトが生まれたんです。

Shinjuku Southern Beat project URBAN FOREST ASAKAHAMAZAKI DANCHI  Photo:Nacasa&Partners URBAN FOREST ASAKAHAMAZAKI DANCHI  Photo:Nacasa&Partners

Q.すでにある環境とグラフィックをどう関係づけて、空間を変化させていくかということを一緒に考えられたので面白かったですし、とても勉強になりました。今回は、毎日見ても何かしら発見があるようなグラフィックというものを、段階を踏みながら模索していったのですが、お披露目会の時に子どもたちがその空間を通って行ったり、植物のイラストが描かれたすぐ横に本物の植物が置かれている状況を見て、こういうことだったんだなと納得できたところがありました。韓さんは、人が生活している空間にデザインや表現を入れ込んでいくことにとても長けていて、自分にはない思考回路をお持ちだと感じます。

韓:デザインをする際に、自分で最後のピリオドまでは打たず、その空間に住んでいる主役の方たちに委ねるということを常に意識しているんですが、委ねる楽しさというものがあるんですよね。人間には素晴らしい知覚、感覚がもともと備わっていて、今回のプロジェクトにしても、毎日黒田さんの絵を目にしている住民の方たちは、何も解説しなくても、こちらの意図を超えるほどの想像力や繊細さで、微妙なディテールやテクスチャまで感じ取ってくれているんですよね。だから、私は常に受け手のことを信頼してデザインしていますし、ある程度余地を残すことで、参加してもらえるような空間をつくりたいと考えています。<続く>

インフォメーション

黒田潔さんと小説家・古川日出男さんによる朗読イベントが、6月21日に京都・恵文社一乗寺店COTTAGEで開催。また、関連企画として、「舗装道路の消えた世界」原画展が京都・prinzで6月22日から7月19日まで開催される。

もっと知りたい人は…

  • 黒田潔 

    黒田潔

    イラストレーター

    イラストレーター。資生堂「ザ・コラーゲン」広告、 Van Cleef & Arpels銀座店ディスプレイ等を手掛ける。2005年新宿サザンビートプロジェクトのウォールグラフィックでグッドデザイン賞を受賞。東京都現代美術館MOTアニュアル10」。韓国ナム・ジュン・パイクアートセンター等の展覧会に参加。作品集「森へ」(ピエ・ブックス)、古川日出男氏との共作「舗装道路の消えた世界」(河出書房新社)を出版。

  • 韓 亜由美 

    韓 亜由美

    アーバンスケープアーキテクト

    東京生まれ。前橋工科大学教授。Studio Han Design代表。現代の都市に生活する誰もが人間らしく主体的に享受できる豊かさの新しい価値を求め、パブリックスペースを対象に、領域を超えて統合的なデザイン活動を展開する。地域性と社会性を意識したデザインで橋梁やトンネル、工事現場など数多くの都市環境のプロジェクトに参画。主な仕事に、日本海沿岸東北自動車道トンネルルート、「工事中景」新宿サザンビート、豊田ジャンクション全体景観など。