インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

熊野森人

クリエイティブディレクター

石井ゆかり

ライター

企業のブランディングや広告製作などを手がけるエレダイ2で代表を務める熊野森人さんが今回インタビューするのは、ご自身のWebサイト「筋トレ」やツイッター、ミリオンセラーとなった書籍「12星座シリーズ」、数々の雑誌やWebメディアでの占いコーナーなどをはじめとした文筆活動で知られるライターの石井ゆかりさん。かねてから石井さんのファンだったという熊野さんが、独自の視点と語り口で多くの熱狂的なファンを抱える石井さんに、星占いのことからコミュニケーションの話まで、さまざまな質問を投げかけました。
※このインタビューは、2016年10月20日に収録されました。

2. 読者にどんな影響を与えたいですか?

石井ゆかり 

物を書いて人を変えたいとか救いたいというのは、私自身は、少し違うのかなという気がしています。

Q.石井さんは著書の中で、占いのことをどちらかというと否定的に書かれていたりして、一般的にイメージされる占い師のような演出が一切ないですよね。私が書くことが良ければ聞いてほしいけど、良くないと感じるなら聞いてくれなくていいというフラットな姿勢を常に保たれているように感じます。

石井:私は、占い以外の文章も最近結構書かせて頂いているのですが、これは大変不思議な仕事で、たとえば専門家や研究者の方が発信することには、ちゃんと「ナカミ」があるわけですが、そういった深い裏付けのない状態でとにかく「書いている」自分は、これは一体何をしているんだろう? と思うことがあります。その点、占いというのは、それを求めている人というのが確実にいるんですね。「貴方はこうですね」という、二人称の文章です。文章自体が、まるっと相手のためのものなんです。ですから、実は私自身が言いたいことというのは、特にないんです。例えば、ファッション誌の企画などでは、「幸せになるための方法」とか「いまをどう過ごすべきか?」ということについてアドバイスを求められがちです。でも、「ピンクの服を着たら幸せになれる」みたいなことは言いたくないわけです。「ピンクがいい」と言った時に、「ピンクなんか絶対着たくない」と思う人は絶対にいますし、「着たくない」という思いの方が絶対的に正しいんです。それを尊重したいというか、「こうしたい」という気持ちをできるだけジャマしたくないと思うと、どんどん言いたいことがなくなっていくんです(笑)。そうした状況で仕事をしているから、自分は一体何をしてるのか? とつくづく不思議になることがあります。

石井さんが「FEATURE.FELISSIMO」で連載している12星座占い「今週の星模様」。 石井さんが「FEATURE.FELISSIMO」で連載している12星座占い「今週の星模様」。

Q.お話を聞いていて、需要と供給の関係の中で他者とのコミュニケーションを成立させようとしている石井さんの仕事は、ある意味デザイナーに近いのかなと感じました。占いというのは、もう少しファンタジーの世界に足を踏み入れても成立する世界だと思いますが、そういうことはされないですよね。

石井:それをしてすると嘘くさくなってしまいますよね。ちょっと話が脱線しますが、ドラマなどで役者のセリフが棒読みだったりすると、お芝居だと思って冷めてしまうことがあるじゃないですか。もっと本物っぽくやって騙してよ! と(笑)。以前にある編集者の方が、「本当に書ける作家は、自分が見たことがないものは書かない」と言っていたんですね。一つひとつは見たことがあるもので、それらが組み合わされることによって現実ではない世界が創り出されていると。たしかにその通りだと思うし、私自身、それが例え話だったとしても、自分が見たことがあるものを書くようにしています。占いというのは未来のことを語る以上、「目の前の現実」ではないので、その意味では完全なフィクションなのですが、読み手にとってはそうではないです。ちゃんと「自分のことだ」と思って、ぐっと自分の手元に引き寄せて読んでくださるわけですから、ある意味それはリアルなんです。これは別に、占いを信じるとか信じないにかかわらず、占いというものがそういうものなんです。「占いなんか信じないよ」と言っている人でも、お正月におみくじを引いたりすれば、どうしたって「これは自分のことだ」と思って読まずにいられないです。そういうことです。

Q.僕は占いをインチキだとは思っていないし、まったく否定はしていません。例えば、僕は大学の先生もしていますが、学生に不幸になってほしくはないですし、できれば人生うまくやってほしいという思いを持っています。どれだけ小さなことでも、良い方向に変えるきっかけになりたいという気持ちがありますが、石井さんはご自身が与える影響という点についてはどう考えていますか?

石井:誰しもが、少なからず「人に影響を与えたい」という思いを持っていると思います。たとえば「モテたい」とかでもそうですよね(笑)。ただ、人を変えたいと思っている人はたくさんいても、逆に「自分を誰かに変えてもらいたい」と思う人は、そう多くないんじゃないでしょうか。恋愛などは別ですが、基本的に自分は自分のままでいたいはずだし、変わるにしても、自分の力で変わりたいんじゃないかなと。だから、物を書いて人を変えたいとか救いたいというのは、私自身は、少し違うのかなという気がしています。何かが変わるとしても、それは読者の側が勝手にしていることで、書き手側が変えることを目的にしてしまうと、とんだカンチガイ野郎になるなと思って(笑)。<続く>

インフォメーション

まるごと一冊石井ゆかりさんを特集した「Figaro」の占いMOOK本が12月9日に発売。書き下ろしの占い特集と、半期ごとに出していた「袋とじ」が収録予定。
熊野さんが、「快適な食時間をデザインして、毎日しあわせを感じられるようにすること。」をテーマにした新会社「ゆっくりおいしいねむたいな」を設立。

もっと知りたい人は…

  • 熊野森人 

    熊野森人

    クリエイティブディレクター

    1978年生まれ。大阪府出身。IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)特別研究課程修了。株式会社eredie2代表取締役、クリエイティブディレクター。株式会社ゆっくりおいしいねむたいな代表取締役、京都精華大学非常勤講師、京都造形芸術大学非常勤講師、東京芸術学舍講師。企業の商品やサービスの売り方を考えて広告をつくったり、企業そのものをブランディングしたり、行政の企画を練ったり、自社で世の中をちょっとザワザワさせるものをつくることが1つめの仕事。学生に「考える方法」と「行動する方法」を教えることが2つめの仕事。家で食器を洗ったり、トイレやお風呂を掃除したりすることが3つめの仕事です。

  • 石井ゆかり 

    石井ゆかり

    ライター

    1974年生まれ。星占いの記事やエッセイなどを執筆、独特の文体で人気を集める。2010年刊行『12 星座シリーズ』(WAVE 出版)は120万部を超えるベストセラーに。2014年には続編『3年の星占い』を刊行、33万部のヒットとなる(2015年2月現在)。著書は、他に『禅語』『親鸞』『青い鳥の本』シリーズ(パイ・インターナショナル)、『愛する人に。』『愛する力』『「美人」の条件』(幻冬舎コミックス)、『子どもの自分に会う魔法』(白泉社)、「ひかりの暦」(小学館)等多数。