インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

喜田夏記

映像作家
アートディレクター

オダギリジョー

俳優

今回インタビュアーとして登場するのは、TVCM、ミュージックビデオ、アニメーションなどの映像ディレクションから、パッケージやテキスタイルなどのデザインまでを手がける喜田夏記さん。そんな彼女がインタビューするのは、「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」「ゆれる」「東京タワー」をはじめ数々の映画に出演し、日本映画界において唯一無二の存在感を放つ俳優・オダギリジョーさん。音楽活動も行うオダギリさんが、バンド・勝手にしやがれとコラボレートした「チェリー・ザ・ダストマン」のミュージックビデオの監督を手がけて以来、公私に渡って交流を続けている喜田さんが、オダギリさんの知られざる一面に迫ります。

1. 映画とCMの違いは何ですか?

オダギリジョー 

CMの場合は、時間帯や状況に関係なく流れてくるもので、無意識のうちに目にしてしまうものだから、あまりコアな部分を出しても拒絶されてしまうと思うんですね。

Q.最近は、ミュージックビデオよりもCMの仕事をする機会が増えているんですが、オダギリさんは、役者として映画に出ることをメインのお仕事とする一方で、CMにも出ていますよね。CMを撮っていると、やっぱり役者さんからは特別なパワーを感じるし、CMとはいえ、コメントする時の気持ちやキャラクター性を掘り下げていく人が多いんですよ。オダギリさんとはまだCMの仕事は一緒にできていないですが、映画とCMではスタンスの違いはありますか?

オダギリ:例えば、映画やドラマというのは、自分で選んで見るものじゃないですか。一方でCMは、意識していない時にふと目に入って来るようなものですよね。ある意味無防備な見せられ方をするということも含めて、下手なことをしたら痛い目を見るというある種の怖さがあるんですよね。だから、より慎重に向き合っている部分があります。

Q.それが広告の怖さであり、強さでもありますよね。たかだか15秒だとしても、それだけ影響を及ぼすものだから、制作陣とキャストがちゃんとディスカッションして作るのが理想だと思うんです。でも、タレントさんとは事前に話す時間があまりないことがほとんどで、現場でも撮影時間が短いから、なかなかじっくり追求して作るのが難しいのが現状ですよね。私はもともと広告業界にいた人間ではないけど、広告を作る時でも自分なりのメッセージやストーリー性が出せるものをやりたいなと思っているんです。それによって広告業界に少しでも自分流の風を入れられたらいいなと思うし、さらっと流れてしまうようなものは作りたくないんですよね。

「ディア ジャングル」CM  Dir.喜田夏記  ©Japan Gateway 2013 「ディア ジャングル」CM  Dir.喜田夏記  ©Japan Gateway 2013

オダギリ:せっかくお金をかけて、優秀なスタッフや機材を揃えて作るわけだから、さらっとしたものを作っている場合じゃないですよね。喜田さんのようにちゃんともの作りができるアーティストが然るべき予算とスタッフを使って、自分の世界を表現するというのがベストだと思います。僕自身、CMの仕事をしていても、もの作りを大切にしている企業やクリエイターと一緒にやれると凄くうれしいですからね。

Q.私は、オダギリさんのプライベートな表情を知っているだけに、CMとかで見せる表情が普段見たことのないものだったりする時があるんですね。「これは一体何モードなんだろう?」と(笑)。オダギリジョーという一人の人間が、映画、CM、ドラマ、ドキュメンタリーなどさまざまな場所に出て行く時に、自分の中の引き出しを使い分けている感覚ってあるんですか?

オダギリ:CMの場合は、さっきも話したように時間帯や状況に関係なく流れてくるもので、無意識のうちに目にしてしまうものだから、そこであまりコアな部分を出しても拒絶されてしまうと思うんですね。ある意味お客さんを選べない場所だから、全体的に平たいものを出そうとしているところはあるかもしれないですね。もちろん作品によりけりで、挑戦的なことが許される場合は喜んでやりますが、基本的には老若男女すべての人に受け取ってもらわないといけないものですからね。そこで自分が好きなことだけをやっていても受け取ってもらえる範囲が凄く狭くなってしまうと思うんです。そういう意味では、やっぱり仕事によって使い分けているところがあるのかもしれないですね。<続く>

インフォメーション

喜田夏記さんによるオリジナル・ストップモーションアニメ「Liv&Bell」 がNHKにて連載放送中。

もっと知りたい人は…

  • 喜田夏記 

    喜田夏記

    映像作家
    アートディレクター

    東京藝術大学美術学部デザイン科大学院修了。在学中、ニューヨーク大学映画学科で映像制作を学ぶ。在学中からMV・TV-CM等で映像を制作。映像Directionの他、Art Direction、Animation、グラフィック、美術デザイン、パッケージデザイン、テキスタイルデザイン等も手がける。エジンバラ国際映画祭、Vila do Conde(ポルトガル映画祭)、Anifest(チェコアニメーション映画祭)SICAF(韓国国際アニメーションフェスティバル)、onedotzero、Resfest 作品招待、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品受賞。NHKプチプチアニメにてオリジナル・ストップモーションアニメーション『Liv&Bell』連載中。

  • オダギリジョー 

    オダギリジョー

    俳優

    1976年2月16日生まれ。岡山県出身。03年に黒沢清監督作品『アカルイミライ』で映画初主演。その他の主な出演作品に『この世の外へ クラブ進駐軍』『血と骨』(04)、『パッチギ!』『メゾン・ド・ヒミコ』『スクラップ・ヘブン』(05)、『ゆれる』『パビリオン山椒魚』(06)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『サッド ヴァケイション』(07)、『空気人形』(09)、『ウォーリアー&ウルフ』『奇跡』(11)、『マイウェイ 12,000キロの真実』(12)、『舟を編む』『リアル~完全なる首長竜の日~』(13)。現在、NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演中。待機作には『人類資金』などがある。