インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

喜田夏記

映像作家
アートディレクター

オダギリジョー

俳優

今回インタビュアーとして登場するのは、TVCM、ミュージックビデオ、アニメーションなどの映像ディレクションから、パッケージやテキスタイルなどのデザインまでを手がける喜田夏記さん。そんな彼女がインタビューするのは、「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」「ゆれる」「東京タワー」をはじめ数々の映画に出演し、日本映画界において唯一無二の存在感を放つ俳優・オダギリジョーさん。音楽活動も行うオダギリさんが、バンド・勝手にしやがれとコラボレートした「チェリー・ザ・ダストマン」のミュージックビデオの監督を手がけて以来、公私に渡って交流を続けている喜田さんが、オダギリさんの知られざる一面に迫ります。

インタビューの前に

喜田夏記 

いま、喜田夏記さんが聞きたいこと

「オダギリさんと知り合ったのは、勝手にしやがれとオダギリさんが出した『チェリー・ザ・ダストマン』のミュージックビデオを撮らせてもらった時なんです。ミュージックビデオには脚本がないので、自分なりに感じた楽曲の世界観を映像で表現していくわけですが、この作品は合成が多くて、ブルーバックの前でオダギリさんに歩いてもらうというシーンがいくつかあったんですね。たいていミュージシャンは音楽に合わせてサラッと歩くんですが、オダギリさんは、『こいつはいまどういう思いなのか?』というようにキャラクターを凄く深く掘り下げていて、その結果ただ歩くだけというシーンに物語性が生まれたんです。編集をしている時にそれを痛感して、ひとりで静かに感動したのを覚えています(笑)。
その後もオダギリさんが監督した『さくらな人たち』でもアニメーションを担当したり、毎年開催されるオダギリ会にも呼んでもらっていたりと仲良くさせて頂いているんですが、変に馴れ合いになることもなく、仕事の話などをしていても凄くストイックで堅実だなと感じるんです。今回こういう機会を頂いたので、改めてオダギリさんに色々話を聞いてみたいと思っています」

インフォメーション

喜田夏記さんによるオリジナル・ストップモーションアニメ「Liv&Bell」 がNHKにて連載放送中。

もっと知りたい人は…

  • 喜田夏記 

    喜田夏記

    映像作家
    アートディレクター

    東京藝術大学美術学部デザイン科大学院修了。在学中、ニューヨーク大学映画学科で映像制作を学ぶ。在学中からMV・TV-CM等で映像を制作。映像Directionの他、Art Direction、Animation、グラフィック、美術デザイン、パッケージデザイン、テキスタイルデザイン等も手がける。エジンバラ国際映画祭、Vila do Conde(ポルトガル映画祭)、Anifest(チェコアニメーション映画祭)SICAF(韓国国際アニメーションフェスティバル)、onedotzero、Resfest 作品招待、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品受賞。NHKプチプチアニメにてオリジナル・ストップモーションアニメーション『Liv&Bell』連載中。

  • オダギリジョー 

    オダギリジョー

    俳優

    1976年2月16日生まれ。岡山県出身。03年に黒沢清監督作品『アカルイミライ』で映画初主演。その他の主な出演作品に『この世の外へ クラブ進駐軍』『血と骨』(04)、『パッチギ!』『メゾン・ド・ヒミコ』『スクラップ・ヘブン』(05)、『ゆれる』『パビリオン山椒魚』(06)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『サッド ヴァケイション』(07)、『空気人形』(09)、『ウォーリアー&ウルフ』『奇跡』(11)、『マイウェイ 12,000キロの真実』(12)、『舟を編む』『リアル~完全なる首長竜の日~』(13)。現在、NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演中。待機作には『人類資金』などがある。