インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川村真司

クリエイティブ・ディレクター

上田文人

ゲームデザイナー

今回カンバセーションズに登場するインタビュアーは、昨年クリエイティブ・ラボ「PARTY」を立ち上げたクリエイティブ・ディレクター、川村真司さん。SOUR『日々の音色』や、androp『Bell』など、これまでの概念を覆す斬新なミュージックビデオをはじめとする数々の作品で、世界中から注目を集めている川村さんが今回インタビューするのは、『ICO』『ワンダと巨像』などの作品を手がけ、現在はゲームファン待望の新作『人喰いの大鷲トリコ』を制作中のクリエイティブ・ディレクター、上田文人さん。インタラクティブ・デザインの元祖とも言えるゲーム界のトップランナーである上田さんに、川村さんが鋭く迫ります。

1. なぜゲームデザイナーになったのですか?

上田文人 

もともとゲームをプレイしていたから知識はあったし、CGやインタラクティブアートなどをベースに、うまく表現していけるんじゃないかと思ったんです。

Q.上田さんがゲームデザイナーになった経緯を教えて下さい。

上田:もともとゲームは好きだったんです。中学生くらいの頃にファミコンが出てきて、その後メガドライブなんかをやっていた世代です。大学時代はゲームから離れていて、卒業してからはコンピュータでCGを作ったり、インタラクティブアートなんかも少しやっていました。その頃は、ゲームデザイナーになりたいという気持ちはなかったんですが、食べていくことを考えた時に、自分のスキルを生かせる場としてこの仕事があったという感じですね。もともとゲームをプレイしていたから知識はあったし、CGやインタラクティブアートなどをベースに、うまく表現していけるんじゃないかと思ったんです。

Q.たしかに上田さんの作品を見ると、インタラクティブアートをやっていたというのが納得できる気がします。物語や世界観がすばらしいだけではなく、コンセプトが明確だし、必ずどこかに発明やユーザーにとっての発見がある。たとえば、初期のゲームというのは「スーパーマリオ」のBダッシュやジャンプみたいに、操作インタラクションに発明がありつつ、それが物語の一部にもなっていたと思うんですが、『ICO』を初めてプレイした時にも、それに似た感覚があって、スゴく魅せられた記憶があります。

上田:僕らくらいの世代からすると、ビデオゲームの進化というのは、新しいメカニズムの発明とイコールなところがありますよね。だから、『ICO』や『ワンダと巨像』は、新しいゲームには新しいメカニックがないといけないという考えのもとに作っていました。基本的に僕がいつも考えているのは、映画など違うメディアでもできてしまうものではなく、ビデオゲームでしかできない表現をいかに見出していくかということなんです。

Q.スゴくわかります。僕はいま映像をメインで作っていますが、とにかくアイデアを出すことが好きな人間なので、特定のメディアにこだわっているわけではなくて、その時々の課題に応じて、最も良い形を考えていきたいんです。従来とは違う視点を持って、そのメディアだからこそできることは何かいうことを考えながら、できれば毎回違うメカニズムを発明して、しかもそれを誰にも真似できないクオリティで出していきたい。見方をすると、『ICO』は「手をつなぐ」という新しいメカニズムと、圧倒的なクオリティのストーリー/世界観のインテグレーションがあるからこそ、良いゲームになっているんだと感じます。

上田:『ICO』と『ワンダと巨像』に関しては、かなり恵まれていたと思います。というのも、新しいメカニズムをゲームに盛り込もうとすると、それだけで手一杯になって、ビジュアル表現やチューニングに時間が割けないことが多いんです。でも、この2本に関してはその部分にも時間を割くことができて、世界観や物語の部分も評価してもらうことができました。それでも自分としては反省点があったので、いま作っている『人喰いの大鷲トリコ』では、新しいメカニズムを構築することよりも、自分たちが確立したフォーマットの中で、より積み上げていくような表現をしたいなという思いがあるんです。今回はメカニズムの部分へのチャレンジは押さえ気味にして、キャラクター同士の触れ合いや物語の部分などに注力したいと思っています。<続く>

インフォメーション

川村真司さんが企画・制作を手掛けたNHKの番組「TECHNE:映像の教室」の上映会とトークが、9月22日にTokyo Art Book Fair内のプログラムとして開催予定。また、同番組の第3シリーズも現在制作中。
上田文人さんは、現在PS3用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』を鋭意制作中。

もっと知りたい人は…

  • 川村真司 

    川村真司

    クリエイティブ・ディレクター

    1979年東京生まれ、サンフランシスコ育ち。博報堂、BBH Japan、180 Amsterdam、BBH New York、Wieden & Kennedy New Yorkを経て、現在東京とニューヨークを拠点とするクリエイティブ・ラボPARTYを設立し、クリエイティブディレクターとして在籍。ToyotaやGoogleといったブランドのグローバルキャンペーンを手がけつつ、プロダクト・デザインからミュージックビデオのディレクションまで活動は多岐に渡る。主な受賞歴に、カンヌ国際広告祭、文化庁メディア芸術祭、アヌシー国際アニメーションフェスティバル、NY ADC、One Showなどがある。

  • 上田文人 

    上田文人

    ゲームデザイナー

    1970年兵庫県生まれ。大阪芸術大学美術学科卒業後、コンピュータグラフィックのスキルを独学で学び、1997年にソニー・コンピュータエンタテインメントに入社。PS2専用ソフト『ICO』 『ワンダと巨像』のディレクター、ゲームデザイナー、アートディレクターとして活躍。絵画的な表現とエンタテインメント性を両立させた独特の世界観で国内外で高い評価を受けている。現在はクリエイティブ・ディレクターとしてPS3用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』を制作中。