インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

山戸結希

映画監督

カンバセーションズには3度目の登場となるAR三兄弟川田十夢さん。大林宣彦監督本広克行監督に続き、川田さんがインタビュー相手として指名してくれたのは、またしても映画監督の山戸結希さん。日本映画界の巨匠、ベテランであり、人生の先輩でもある過去のおふたりとは打って変わり、処女作「あの娘が海辺で踊ってる」が2012年に劇場公開されたばかりの山戸さんですが、すでに数々の賞を受賞し、いま最も将来が嘱望される映画監督の一人です。デビュー以来、山戸作品のほぼすべてを見てきているという川田さんが、山戸監督に聞いてみたいこととは?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。6月24日発売の『QUOTATION』VOL.15の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

4. これからも映画を撮り続けるのですか?

山戸結希 

いまはまだ映画に対して片思いしている感じなので、いつか映画の方からもそう思ってもらえるように心を尽くしたいです。

Q.監督の作品で、長回しのショットの中で急にそこにいないはずの人が現れる場面がありますよね。現実の世界ならあり得ないことなんですが、当事者の感覚からしたらそれはリアルなんですよね。ある感覚や主観に接続して、それが凝視したものにだけカメラが入っていき、それ以外のものはどうでもよくなる感じがあって、映画というのは知覚レベルで世界と接続し、再構築しているメディアなんだなと。監督は映画に感覚を委ねているんだということを強く感じました。

山戸:そうですね。そっちの世界に全部の知覚が行ってしまって、こっちの世界にある大きな釘を踏んだまま撮影を続けてしまっていたことがありました。しかも、なぜかその感覚ごと映画のシーンの感情に入っていってしまっている気がします。

 「あの娘が海辺で踊ってる」(2012)  監督:山戸結希

Q.唐突ですが、監督は中島みゆき松任谷由実だったらどっちが好きですか?

山戸:中島みゆきを聴きながら、松任谷由実が好きな人と付き合っている感じがします(笑)。私ひとりだったら中島みゆきタイプなんですが、自分が好きな人は男女問わず松任谷由実タイプなんですよ。他者性を取り込みながら生きているんですね(笑)。

川田十夢「シンガーソング・タグクラウド」 川田十夢「シンガーソング・タグクラウド」

Q.なぜこんな質問をしたかと言うと、最近いろんな楽曲の歌詞をプログラムで解析し、あるアーティストがよく使う言葉をランキングにしたりして、その人がどんなことを歌っているかを可視化するということをやっているんですね。そうすると中島みゆきと松任谷由実は全然違うことを歌っていることがわかって。中島みゆきは内的なことを歌っているけど、松任谷由実は男性に対して歌っていて、言ってみれば開かれているんです。監督も以前に「開いた女」という表現をしていましたが、処女性をテーマにした処女作からスタートし、いつかご自身が「開いた女」になったとしても、果たして映画は撮り続けるのかなと。

山戸:もし仮に私が作っているものが小説など言葉の世界の表現だったら、「開いた」後はきっと断筆してしまうと思うんです。内的な中島みゆき的な世界を、開いた松任谷由実が歌うことには、はっきり矛盾があるので。でも、映画の世界においては、両者のはざまにあるものこそが何かを生むんだろうなという予感があります。映画は現実と交わるメディアで、その現実の中でしか、ある時間においてしか撮影されないものだから、いまここと別れがたく、結局どうしてもそこにあるリアリティを内包してしまう。どれだけ逃れようとしても、絶対に空気は映ってしまう。いくら私の言葉や身体が矛盾したとしても、それすらを内包して、それを超えた世界の中で映画が鳴っていると思うから、きっと撮り続けると思います。いまここで呼吸していることのアンビバレンスを投射できるのは、映画だけだと思うんです。

Q. 映画と出合えて良かったですね。

山戸:芯からそう思います。いまはまだ映画に対して片思いしている感じなので、いつか映画の方からもそう思ってもらえるように心を尽くしたいです。<インタビュー終わり>

インフォメーション

6月下旬より、大阪・シアターセブン、愛知・シネマスコーレにてそれぞれ開催される「MOOSIC LAB2013」で、山戸監督最新作『おとぎ話みたい』が上映予定。また、7月には吉祥寺バウスシアター「MOOSIC LAB2013」において、山戸監督のスペシャルイベントも開催予定。
現在川田さんは、テキスト系妄想メディア「ワラパッパ」にて、シンガーソングライターをタグクラウドにかけて、解体と再構築を試みる新シリーズ「シンガーソング・タグクラウド」を連載中。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 山戸結希 

    山戸結希

    映画監督

    上智大学文学部哲学科卒。在学時に映画研究会を立ち上げ、独学で撮影した『あの娘が海辺で踊ってる』が第24回東京学生映画祭審査員特別賞を受賞。2作目『HerRes』がぴあフィルムフェスティバル入選。バンドじゃないもん!やおとぎ話のMV制作なども手がけている。最新作は『おとぎ話みたい』で、次回作も待機している。