インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

山戸結希

映画監督

カンバセーションズには3度目の登場となるAR三兄弟川田十夢さん。大林宣彦監督本広克行監督に続き、川田さんがインタビュー相手として指名してくれたのは、またしても映画監督の山戸結希さん。日本映画界の巨匠、ベテランであり、人生の先輩でもある過去のおふたりとは打って変わり、処女作「あの娘が海辺で踊ってる」が2012年に劇場公開されたばかりの山戸さんですが、すでに数々の賞を受賞し、いま最も将来が嘱望される映画監督の一人です。デビュー以来、山戸作品のほぼすべてを見てきているという川田さんが、山戸監督に聞いてみたいこととは?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。6月24日発売の『QUOTATION』VOL.15の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

3. 映画と小説の違いは何ですか?

山戸結希 

小説にしろエッセイにしろ、映画監督として書かざるを得ない気がしています。世界のために映画があり、映画のために小説やエッセイがあるような感覚ですね。

Q.デビュー作ではご自身でカメラを回していましたが、最近の作品では他の人に任せていますよね。先ほども他者の介在についての話がありましたが、今後その部分はより大きな要素になっていく感じなんですか?

山戸:凄く単純な話、私の身長は155cmで、この目線からしか世界を切り開いていけないんです。自分でカメラを回している限り、その映画はいつまでも一人の身体によってまなざしが固定されてしまいますよね。でも、さっきの「踊る大捜査線」への道じゃないですが、その視点やまなざし、ひいては表現はどんどん拡張していきたいと思っています。そのために具体的に何を選ぶべきかは、まだうまく確定しきれていませんが、方向としてはそっちに向かっていくことになるのだろうと思っています。映画には、私の言葉や身体を超えてほしいです。

Q.台詞のことについても伺いたいんですが、作品の中で「天変地異みたい」というフレーズが反復されるシーンがありますよね。これを見ていて「いま確実に台詞のシュート打ったな」と感じたんです(笑)。この台詞を言わせるためにシーンを作ったのかなと。哲学というのは言葉が先にあり、その言葉だけでは見つからない世界を探すために監督は映画に入ったわけですが、では台詞とシーンはどちらが先にあるんでしょう? 言葉を言わせるためにシーンを作るのか、それともシーンを作るために言葉があるのか。

山戸:きっと、肉体に言葉を通過させたいという欲望がずっと変わらずにあるんです。だから川田さんのご質問の答えるとしたら、言葉を言わせるためにシーンがあるということになりますね。年頃の女の子の持つ強烈なゆらぎの磁場で、その時の一過性、一回性の肉体が「それ一択である」台詞を言うということだけで物語が発生すると思っていて、肉体と言葉がほんの一瞬同じ夢を見ているような、その感覚が本当に愛おしいです。

「映画バンもん!~あなたの瞬きはパヒパヒの彼方へ~」(2012)  監督:山戸結希

Q.映画以外の表現手段というのはあまり考えていないんですか?

山戸:ちょうど最近、文芸誌などに依頼を頂いて、エッセイや小さな物語も書くことになりそうです。ただ、小説にしろエッセイにしろ、映画監督として書かざるを得ない気がしています。もし仮に、私が映画を撮っていなかったら、言葉の世界の中できれいに完成された小説を書こうとしていたと思うのですが、いまはあくまでも映画に芽吹いていくための最初の種を作る意識で1行目を始めてしまうと思います。やっぱりいま、映画というのが一番世界と接続している感じがするし、世界も映画を受け入れている感じが自分の意識として強いんです。世界のために映画があり、映画のために小説やエッセイがあるような感覚ですね。それは逆に、営みの原始的な部分を明るみに出せるということかもしれませんが。

Q.ところで、監督は「これがまとまらなかったら終わりだ」という思いで処女作を撮ったそうですが、何となく始めた映画なのになぜそこまで思いつめていたんですか?

山戸:映画は色んな人を巻き込んで作るものだから、はっきりと後戻りができないんです。例えば、小説や漫画なら、処女作がうまくいかなくて自分が費やした時間が残念だったということだけで済みますが、映画の場合は現実の色んなものを犠牲にしたり、人に迷惑をかけたりしているからもうそこから後戻りができないし、うまくいかなければ次を作らせてもらうこともできないなって。そういう割と卑近というか、周縁的な理由が結構大きかったですね。<続く>

インフォメーション

6月下旬より、大阪・シアターセブン、愛知・シネマスコーレにてそれぞれ開催される「MOOSIC LAB2013」で、山戸監督最新作『おとぎ話みたい』が上映予定。また、7月には吉祥寺バウスシアター「MOOSIC LAB2013」において、山戸監督のスペシャルイベントも開催予定。
現在川田さんは、テキスト系妄想メディア「ワラパッパ」にて、シンガーソングライターをタグクラウドにかけて、解体と再構築を試みる新シリーズ「シンガーソング・タグクラウド」を連載中。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 山戸結希 

    山戸結希

    映画監督

    上智大学文学部哲学科卒。在学時に映画研究会を立ち上げ、独学で撮影した『あの娘が海辺で踊ってる』が第24回東京学生映画祭審査員特別賞を受賞。2作目『HerRes』がぴあフィルムフェスティバル入選。バンドじゃないもん!やおとぎ話のMV制作なども手がけている。最新作は『おとぎ話みたい』で、次回作も待機している。