インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

山戸結希

映画監督

カンバセーションズには3度目の登場となるAR三兄弟川田十夢さん。大林宣彦監督本広克行監督に続き、川田さんがインタビュー相手として指名してくれたのは、またしても映画監督の山戸結希さん。日本映画界の巨匠、ベテランであり、人生の先輩でもある過去のおふたりとは打って変わり、処女作「あの娘が海辺で踊ってる」が2012年に劇場公開されたばかりの山戸さんですが、すでに数々の賞を受賞し、いま最も将来が嘱望される映画監督の一人です。デビュー以来、山戸作品のほぼすべてを見てきているという川田さんが、山戸監督に聞いてみたいこととは?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。6月24日発売の『QUOTATION』VOL.15の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

1. なぜ映画を撮り始めたのですか?

山戸結希 

言葉のエリアの境界線が前より鮮やかに見えるようになった頃から、映画を撮るようになっていったのですが、初めて映画を撮った時は全然脚本通りにいきませんでした。

Q.まず始めにお聞きしたいんですが、そもそも山戸監督はなぜ映画という表現を選んだのですか?

山戸:大学では哲学科に在籍し、哲学研究者になろうと思って勉強していました。「本当のことを知りたい、本当のことを言葉にしたい、言葉にしながら本当のことを見つけたい」という気持ちからだったのですが、「言葉だけでは表現できないものがある」という実感もたしかなものとして生まれていました。ちょうどそのタイミングで、映画研究会のポストに空きがあったので、自分で新しく映研を立ち上げて、そこから人を集めて、1本作品を撮りました。その流れでさらに2作目も作って…という感じで、気付くと制作を続ける状況の中にいました。

Q.言葉だけでは何かが足りないという感覚があったんですね。

山戸:そうですね。言葉を頼りに世界の本当のことを知ったとして、結局世界がどうできているのかを知ることと、世界を生きる意味を得るのはイコールではないということの切実がありました。そういう言葉のエリアの境界線が前より鮮やかに見えるようになった頃から、映画を撮るようになっていったのですが、初めて映画を撮った時は全然脚本通りにいきませんでした。現場でのリアリティは脚本とは全く別の源泉から来ているから。外部的要因が入ってくることで、ネガティブにも、ポジティブにも、思わぬカットが撮れたりしたんですが、そういう偶然性というのは、それまでやっていた哲学=言葉の世界の外から来るもので、ただただ刺激的でした。

Q.本当のことを見つけるための手がかりとして映画があって、監督はその作品の中で呼吸をしながら色んなことを経験をしているんじゃないかと思うんです。その経験のログみたいなものを、僕らは作品を通して見ているのかなと。

山戸:脚本のベースは、自分ひとりが考えていることだけで出来ていますが、映画というのは言葉だけでは絶対に完成しなくて、他のスタッフの思考や、役者の身体を通して表現されるものだから、どういう道筋をたどって目的地に行くのか、毎回経験しながらでしか分からないものなのだと思います。映画を撮っている時はいつも思考停止になってしまっているので、その時のログや痕跡みたいなものが逆に感知してもらえるのではないでしょうか。撮った作品がまだ少ないからかもしれないですが、いまのところ映画における外部性や偶然性というものが、毎回良い方向に開かれていきます。だから世界の中で、映画が祝福される瞬間は確実にあって、むしろそれだけのために外部性の波の上で経験を転がし続けているのではないかと思います。

「あの娘が海辺で踊ってる」(2012)  監督:山戸結希

Q.デビュー作の「あの娘が海辺で踊ってる」について、監督が「処女が集まって作った処女性に関する処女作は発明だ」ということを書いていたのを読んで、この人は発明ということに意識的なのかなと感じたんです。過去の映画をなぞって映画を撮っているわけではなく、いわゆる「映画が大好きな人の映画」じゃないんだなと。

山戸:すでにあるゲームの中で戦っても世界は広がらないと思っているところがあります。哲学、文学、映画なんでもいいのですが、そのゲームの中の評価軸でどこまで点を取れるかという陣取り合戦みたいなことには興味がないんです。既存のゲームやルールの外の、世界の本当のことを教えてくれる場所で、ある真実をつかみたいという感覚ですね。とにかく本当のことにしか興味がなくて、そのためだけに表現はあって、それは自分の頭で考え、新しいものを作っていくことでしか開かれない世界にあると思います。<続く>

インフォメーション

6月下旬より、大阪・シアターセブン、愛知・シネマスコーレにてそれぞれ開催される「MOOSIC LAB2013」で、山戸監督最新作『おとぎ話みたい』が上映予定。また、7月には吉祥寺バウスシアター「MOOSIC LAB2013」において、山戸監督のスペシャルイベントも開催予定。
現在川田さんは、テキスト系妄想メディア「ワラパッパ」にて、シンガーソングライターをタグクラウドにかけて、解体と再構築を試みる新シリーズ「シンガーソング・タグクラウド」を連載中。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 山戸結希 

    山戸結希

    映画監督

    上智大学文学部哲学科卒。在学時に映画研究会を立ち上げ、独学で撮影した『あの娘が海辺で踊ってる』が第24回東京学生映画祭審査員特別賞を受賞。2作目『HerRes』がぴあフィルムフェスティバル入選。バンドじゃないもん!やおとぎ話のMV制作なども手がけている。最新作は『おとぎ話みたい』で、次回作も待機している。