インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

山戸結希

映画監督

カンバセーションズには3度目の登場となるAR三兄弟川田十夢さん。大林宣彦監督本広克行監督に続き、川田さんがインタビュー相手として指名してくれたのは、またしても映画監督の山戸結希さん。日本映画界の巨匠、ベテランであり、人生の先輩でもある過去のおふたりとは打って変わり、処女作「あの娘が海辺で踊ってる」が2012年に劇場公開されたばかりの山戸さんですが、すでに数々の賞を受賞し、いま最も将来が嘱望される映画監督の一人です。デビュー以来、山戸作品のほぼすべてを見てきているという川田さんが、山戸監督に聞いてみたいこととは?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。6月24日発売の『QUOTATION』VOL.15の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

インタビューの前に

川田十夢 

いま、川田十夢さんが聞きたいこと

「僕は普段からプログラミングで感覚の拡張ができないかと思っているところがあるのですが、映画というのは、感覚レベルで世界と接続していける表現だと感じていて、普遍的な興味があるんです。
山戸監督の作品は、オーディトリウム渋谷で処女作の『あの娘が海辺で踊ってる』を見たのが最初なんですが、いままで僕が見てきた映画とは全く違うもので凄くビックリしたんです。その時に会場で売られていた『あの娘新聞』というペーパーも読んだんですが、そこには『処女が集まって作った処女作というのは発明だ』ということをはじめ、監督の思いの丈が色々書かれていたんですね。映画を見た直後は、才気あふれる人が才能の赴くままに、それでいてなんとなく撮ったら凄い作品になったのかなとも感じたのですが、そのペーパーを読んで、凄く色んなことを考えて撮っていたことがわかり、これはぜひ話を聞いてみたいと思ったんです」

インフォメーション

6月下旬より、大阪・シアターセブン、愛知・シネマスコーレにてそれぞれ開催される「MOOSIC LAB2013」で、山戸監督最新作『おとぎ話みたい』が上映予定。また、7月には吉祥寺バウスシアター「MOOSIC LAB2013」において、山戸監督のスペシャルイベントも開催予定。
現在川田さんは、テキスト系妄想メディア「ワラパッパ」にて、シンガーソングライターをタグクラウドにかけて、解体と再構築を試みる新シリーズ「シンガーソング・タグクラウド」を連載中。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 山戸結希 

    山戸結希

    映画監督

    上智大学文学部哲学科卒。在学時に映画研究会を立ち上げ、独学で撮影した『あの娘が海辺で踊ってる』が第24回東京学生映画祭審査員特別賞を受賞。2作目『HerRes』がぴあフィルムフェスティバル入選。バンドじゃないもん!やおとぎ話のMV制作なども手がけている。最新作は『おとぎ話みたい』で、次回作も待機している。