インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

大林宣彦

映画作家

AR(拡張現実)という技術を武器に、テレビ、雑誌、音楽、ファッションなどあらゆる素材やメディアをマッシュアップし、未来の可能性を次々と見せてくれる話題のユニット、AR三兄弟。そんな彼らは、未来の映画についても色々と考えを巡らせているようです。そこで、今回AR三兄弟の長男こと川田十夢さんがインタビュー相手に指名したのは、「時をかける少女」「転校生」などの代表作で知られる日本映画界の巨匠・大林宣彦監督。現在全国で公開中の最新作「この空の花―長岡花火物語」を劇場で見たことが、川田さんに大きな衝撃を与えたといいます。日本映画の常識を覆してきた大林監督に、果たして川田さんが聞きたいこととは?

1. 監督にとって映画とは何ですか?

大林宣彦 

黒澤、小津、ジョン・フォードの後継者を目指すのではなく、エジソンが発明した映画というものの可能性を自由に考えたいという意識があるんです。

Q.最新作「この空の花」を有楽町スバル座の最終日に観に行ったのですが、まるで劇場空間そのものが映画になってしまったかのようなとんでもない体験をしたように感じました。この映画作家はなぜこんなものを作れるんだろうと思い、お伺いさせて頂きました。

大林:昔からずっとこういうことをやってきたんですよ。僕の作品は、映画人からは受けが悪くて、美術関係の人たちなどの間で盛り上がっていくことが多いんですね。つまり映画ではないのかもしれないですね。

Q.監督の映画は、僕が小学生の頃から上映されていたし、日本映画の基礎を築いたひとりとして、もちろん前から存じ上げていたんですが、今回改めて過去の作品を観直して、毎回スゴイことをやっていたんだなと。『北京的西瓜』では意図的に37秒間の空白を入れるなど、映画の常識にとらわれないことをされていますよね。

大林:僕自身としては、極めて古典的に映画を作っているつもりなんだけど、同時に世の中の映画の通念とはずいぶん違うことをやっているなとも感じています。もともと僕は熱心な映画少年で、映画の100年の歴史は追体験も含めすべて見てきているんですね。映画というのは本来自由で、何をやってもいい表現のはずなんです。ところが不幸なことに、劇映画は2時間という尺が基本になってきて、劇映画以外のものはドキュメンタリーくらいしかなくなってしまった。それがとても不自由に感じたし、自分はそこにハマらないで映画を作ろうと。普通映画を見て育ってきた人には憧れの監督がいると思うけど、僕の場合それがエジソンなんです。

Q.映画というメディアそのものを発明した人ですね。


大林:そう。黒澤(明)小津(安二郎)ジョン・フォードの後継者を目指すのではなく、エジソンが発明した映画というものの可能性を自由に考えたいという意識があるんです。そういう意味では、僕にとって映画を撮るということは発明なんですね。僕が「HOUSE」という映画で初めて日本映画界と一緒に仕事をした時にね、スタッフたちと色んな映画の話を楽しくしたんです。でも、「そういうものと、みんなが実際に作っている映画は違うね」と聞くと、「だって監督、仕事ですから」と言うんですね。東宝なら東宝映画を作ること、松竹なら松竹映画を作ることが彼らの仕事なんですね。そこから生まれてきた名作ももちろんあるわけですが、僕はスゴく違和感を持ったんです。それ以降は、あくまでも個人の映画少年/映画作家という生き方を続けてきたし、そこに自分が映画を作る意味もあるのかなと思っています。

有楽町スバル座最終日の大林監督による舞台挨拶。 (C)大林千茱萸

Q.僕も普段はまったく手本もジャンルもないようなことをやっているんですが、監督を見ていると、全然違う世界なのにスゴく良いお手本になるような気がします。

大林:ものを作るということは、手本を作ることだと思うんです。手本があって何かを作るのは、アマチュアです。アマチュアをバカにしているということではなくて、趣味の世界に生きるというのは生活者として素晴らしいことです。でも、詐欺師のような業を持ってしまった僕らのような人間がやることは、手本を作ることしかない。それが良い手本か悪い手本かはわかりませんが、なんとか少しでも多くの人が真似してくれるような手本を作りたいなと願ってやっています。役に立って、ようやく詐欺師ではなくなる(笑)。<続く>

インフォメーション

大林宣彦監督最新作「この空の花―長岡花火物語」の上映情報はこちらから。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 大林宣彦 

    大林宣彦

    映画作家

    1938年広島県生まれ。自主製作映画『EMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』が、画廊・ホール・大学を中心に上映されジャーナリズムで高い評価を得る。『喰べた人』(63)はベルギー国際実験映画祭で審査員特別賞を受賞。この頃からテレビコマーシャルの草創期に本格的に関わり始め、その数は2000本を超える。1977年『HOUSE/ハウス』で商業映画にも進出。同年、ブルーリボン新人賞受賞。故郷で撮影された『転校生』(82)『時をかける少女』(83)『さびしんぼう』(85)は“尾道三部作”と称され親しまれ、その後も数々の映画作品で受賞多数。2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。