インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

河森正治

ビジョンクリエイター

今回でカンバセーションズ最多の4回目の登場となるインタビュアーの川田十夢さん。先日、放映されたテレビ番組「情熱大陸」も大きな反響を呼び、ますます注目を集めている川田さんが今回インタビューする相手は、「マクロス」シリーズや「地球少女アルジュナ」「創聖のアクエリオン」「AKB0048」をはじめ数々のアニメーション作品を世に送り出してきたビジョンクリエイター、河森正治さん。第26回東京国際映画祭の関連企画として、去る10月18日にMTV81主催で開催された「J-Culture in the Frame」におけるトークイベントとして実現した両者の対話の模様をお届けします。

※今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

4. アニメの未来はどうなりますか?

河森正治 

僕はもともと体感型の表現が好きなのですが、そのライブ性をアニメーションにおいても何とか留めたい。アニメや映画などにしても、まだまだ感動の振幅を激しくしていくような拡張ができるかもしれないですね。

Q.僕は「ノートから鳩が出る」とか「名刺からビームが出る」というネタをやっているんですが、これらは現実の世界に「大学ノートから鳩が出る」というルールがないからこそ面白いわけですよね。技術者には、リアリティとファンタジーの関係の妙みたいなものを操ることが下手な人が多いんです。高い技術を積み上げれば、クオリティの高いものが生まれるのはある意味当たり前。でも、その当たり前を違う見せ方にした時に、河森さんが仰るような立体的なものが立ち上がってくると思うんです。そういう種を映画の中などでも探すのですが、そもそもそういう発想で映画を作っている人は少ないですよね。

河森:もともと映画や特撮というのは、マジシャンや魔法使い、シャーマンなんかがやっていそうなことをテクノロジーを使ってやっているのに近いんですよね。映画が生まれた時にはそのくらいのインパクトがあったと思うんですが、それが普及し過ぎて当たり前になり、退屈になってしまった。もっとメディアとして活性化していかないといけないと思うし、100年以上前に作られた映画というメディアを借り続けているというのは少し情けない。何か新しいメディアを作るくらいのことをしないと申し訳ない気もしてきますね。

「AKB0048」 「地球少女アルジュナ」  (c)2001 アルジュナ製作委員会

Q.まだ言語化されていないだけで、現実と繋がれるプログラムというのは、アニメーションの中にもあると思っているんですね。そこに通信をしたら、現実が少しずつ拡張してくんじゃないかという感覚を持っています。物語の向こう側にあるものをこちら側に持ってきてもなお成立するようなものを河森さんと作れたらいいなと思います。

河森:面白いですね。アニメーションというのは、実写に比べてはるかに長い時間をかけないと作れないのですが、それによって現実世界で進んでいるものとのスピード感のズレが出てしまうんです。僕はもともと体感型の表現が好きなのですが、そのライブ性をアニメーションにおいても何とか留めたい。僕は、テレビよりも映画、映画よりも演劇の方が、良い作品と悪い作品の振れ幅が広いと思っているんですね。要は、感動の振幅というのは現実に近い方が大きいということなんですが、アニメや映画などにしても、まだまだ感動の振幅を激しくしていくような拡張ができるかもしれないですね。

Q.すでにこれだけ携帯電話が普及しているのに、なぜかまだ公衆電話って残っているじゃないですか。その公衆電話で使えて、物語につながれるテレホンカードを作れないかなと思っているんです。作品世界に電話がかけられるようになったら、公衆電話も結構機能するんじゃないかとか、そんなことばっかり考えています(笑)。アニメーションというのは実写とは明確に違って、アニメの中にあるものをこっちの世界に持ってくることで一気に立体的になるところがありますよね。

河森:すでに現実にあるものが出てくる実写とは違い、アニメルックの人なんて現実にはいないのに成立していますからね。人間の脳は不思議で、例えばリミテッド・アニメーションのように1秒に8コマしかないようなものでも実際に動いているように感じてしまう。その錯覚の構造というのが面白いし、さらにそこに感情移入ができるというのは人間の凄い能力だと思うので、そもそも存在していないものが現実世界に出てくるというのは楽しいかもしれないですね。<続く>

インフォメーション

河森正治監督の新企画・多次元プロジェクト「The Fool」が始動! 第1回公演は12月8日にニューピアホールにて開催される。詳細はこちらから。
AR三兄弟による年末恒例のイベント「AR忘年会」が12月12日に開催決定!
なお、今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 河森正治 

    河森正治

    ビジョンクリエイター

    1960年富山県生まれ。アニメーション監督、メカデザイナー。大学在学中からメカデザイナーとして頭角を現し、20代前半でTVアニメシリーズ「超時空要塞マクロス」に登場する「バルキリー」をデザイン。実機のようなリアルな戦闘機がロボットに完全変形するメカニズムを世に送り出し、可変ロボットデザインの第一人者となる。その後も原作、監督、脚本、絵コンテからメカデザインなど幅広く手掛けながら、様々な分野で話題作をつくり続けている。最新作は、TVシリーズ『AKB0048』、新プロジェクト『ノブナガ・ザ・フール』。