インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

河森正治

ビジョンクリエイター

今回でカンバセーションズ最多の4回目の登場となるインタビュアーの川田十夢さん。先日、放映されたテレビ番組「情熱大陸」も大きな反響を呼び、ますます注目を集めている川田さんが今回インタビューする相手は、「マクロス」シリーズや「地球少女アルジュナ」「創聖のアクエリオン」「AKB0048」をはじめ数々のアニメーション作品を世に送り出してきたビジョンクリエイター、河森正治さん。第26回東京国際映画祭の関連企画として、去る10月18日にMTV81主催で開催された「J-Culture in the Frame」におけるトークイベントとして実現した両者の対話の模様をお届けします。

※今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

3. 「リアル」と「リアル感」は違うのですか?

河森正治 

「バルキリー」は、身体能力拡張装置としての機能が作品の中にあるから面白いわけで、現実世界で役立つわけではないのですが、そこを混同しがちなところがある。あくまでも「リアル」ではなく「リアル感」でとどまるという感じです。

Q.僕はARという技術を使って現実を拡張しているんですが、現実というのは誰かが書いたプログラムの通りに作用していて、そのプログラムをちょっと書き換えるだけで、世界が入れ替わったように感じられることがあるんです。河森さんの場合も、脚本や設定を書き換えることで、あのシーンがこう変わっていくという感覚を持ってデザインしているような気がします。ただ、多くの人にとってそれはなかなか難しいことなのかなと。

河森:一応頭の中ではシュミレートしているのですが、急に設定を変えたりするとまわりはザワザワと慌てますね(笑)。あまりに決まり切っていると硬くなってしまうので、特にTVシリーズの場合などは途中で変えられるようにしているところがあります。実写映像や演劇が羨ましいのは偶然性やアクシデントがあることで、それをアニメにも盛り込めないかと思って、ギリギリで変えたりもするんですね。多くの人は世界をきれいに構築して、謎を全部解いて終わりたがりますが、本当は謎なんて全然解けていないんですよね。技術がこれだけ進歩しても、宇宙の始まりや生命の謎というのは解けていないし、すべては仮説に基づいているだけ。その自覚が薄れていくとおかしなことになるんじゃないかと思うし、全部答えないと終わった気がしないと言われると釈然としない(笑)。世の中はそういう風にできていないですよね。

河森監督の代名詞とも言える「マクロス」シリーズに登場する可変戦闘機「バルキリー」。 河森監督の代名詞とも言える「マクロス」シリーズに登場する可変戦闘機「バルキリー」。 河森監督の代名詞とも言える「マクロス」シリーズに登場する可変戦闘機「バルキリー」。

Q.仮説の文法に従順すぎる人が多いのかもしれないですね。おそらく多くの人は文法や設定がないと動けないところがあるだろうし、地図が急に変わってしまうと混乱するんだと思います。例えば、新しく設定した世界観に応じて、「バルキリー」のデザインを輪郭から変えていくということはなかなか普通の人にはできないことですよね。

河森:世界観というのは作品ごとにあって、時代設定はいつで、技術のレベルはどうかというのもあるし、同じ時代でも地球上の色んな国によって民度も違う。そういう作品の世界観の中でのルールというのがまずあって、さらにそれを漫画的なスタイルで表現するのか、実写的なスタイルにするのかなど、表現の上でのルールもつくっていくんです。もしこれが小説や漫画などの原作ものになると、世界観の設定がすでに終わってしまっているので、自分がやれる部分がほとんど残ってないなと思ってしまうんです。

Q.物語の中で積み上げてきた作品内リアリティのようなものと、この世界のリアリティというものが別にあって、河森さんは両者のバランスの取り方が尋常じゃないですよね。

河森:どこかで勘違いするのが怖いんです。例えば「人型巨大ロボ」のことで言えば、人間には巨人になるという願望が神話の時代からあって、その願望を現代社会の肌触りの中で体感できるというものなんですね。そういう身体能力拡張装置としての機能が作品の中にあるから面白いわけで、これが現実の世界で役に立つわけではないのですが、そこを混同しがちなところがあるんです。また、「マクロス」の戦闘シーンには現実世界の戦闘ではあり得ないところがあるのですが、もともと飛行機で空を飛んでいる感覚が好きで、美しく飛ぶ、気持ち良く飛ぶということを体感的に表現したらどうなるのかというところから入っているんです。だからこれらは「リアルっぽさ」であって、本当のリアリティではない。あくまでも体感的なもので、「リアル」ではなく「リアル感」でとどまるという感じです。<続く>

インフォメーション

河森正治監督の新企画・多次元プロジェクト「The Fool」が始動! 第1回公演は12月8日にニューピアホールにて開催される。詳細はこちらから。
AR三兄弟による年末恒例のイベント「AR忘年会」が12月12日に開催決定!
なお、今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 河森正治 

    河森正治

    ビジョンクリエイター

    1960年富山県生まれ。アニメーション監督、メカデザイナー。大学在学中からメカデザイナーとして頭角を現し、20代前半でTVアニメシリーズ「超時空要塞マクロス」に登場する「バルキリー」をデザイン。実機のようなリアルな戦闘機がロボットに完全変形するメカニズムを世に送り出し、可変ロボットデザインの第一人者となる。その後も原作、監督、脚本、絵コンテからメカデザインなど幅広く手掛けながら、様々な分野で話題作をつくり続けている。最新作は、TVシリーズ『AKB0048』、新プロジェクト『ノブナガ・ザ・フール』。