インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

河森正治

ビジョンクリエイター

今回でカンバセーションズ最多の4回目の登場となるインタビュアーの川田十夢さん。先日、放映されたテレビ番組「情熱大陸」も大きな反響を呼び、ますます注目を集めている川田さんが今回インタビューする相手は、「マクロス」シリーズや「地球少女アルジュナ」「創聖のアクエリオン」「AKB0048」をはじめ数々のアニメーション作品を世に送り出してきたビジョンクリエイター、河森正治さん。第26回東京国際映画祭の関連企画として、去る10月18日にMTV81主催で開催された「J-Culture in the Frame」におけるトークイベントとして実現した両者の対話の模様をお届けします。

※今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

2. 物語はどうやってつくるのですか?

河森正治 

監督をする時にしても、デザインと同じ感覚で世界観を構築しているんですね。ストーリーデザイン、世界観デザインといった具合に全部デザインだととらえています。

Q.河森さんは「マクロス」のメカニックデザインからスタートして、いまでは脚本から監督までしていますよね。これだけ広い分野で活動をしているなかで、ご自身の仕事の領域というものをどのように考えているんですか?

河森:大学2年の時から働き始めた「スタジオぬえ」という会社は人手不足だったので、入って1ヶ月後くらいには仕事を4本掛け持ちさせられていて、半年後には新しい企画開発にひとりで関わるような環境だったんです(笑)。みんな忙しかったので、「マクロス」のストーリー構成も勝手に自分で書いちゃったところが多いんです。そういう環境で育ったので、あまり役割の区別がついていないところがあります。ただ、受注のデザインの場合は気が楽です。そういう仕事では、良い悪い、売れる売れないのジャッジをするのは監督とプロデューサーなので気持ち的には凄く余裕がある。ただ、最近は意見を言ってくれる人があまりいなくなってしまって、そうなると参加する面白さも半減なんだけどなと思ったりします(笑)。

Q.これまでにひとつの分野や役割に特化しようと考えたことはなかったんですか?

河森:自分の中ではデザイナーという感覚が強いんですね。アニメーションの監督としてもシナリオを書いたりすることも全部独学でやってきたんですが、デザインだけは先輩から習っているのでロジックがわかっているんです。だから、監督をする時にしても、監督というものをデザインしているというか、デザインと同じ感覚で世界観を構築しているんですね。そもそもデザインには世界を構築するとか設計するという意味合いがあるし、大体のことはカバーできてしまうんです。ストーリーデザイン、世界観デザイン、演出デザインといった具合に全部デザインだととらえています。でも、だんだんそれだと折り合いがつかなくなってきて、「ビジョンクリエイター」というあやしい言い方になったんです(笑)。

『超時空要塞マクロス』をはじめ「マクロス」シリーズに登場するディーヴァ、リン・ミンメイ。  ©1982 ビックウエスト 『超時空要塞マクロス』をはじめ「マクロス」シリーズに登場するディーヴァ、リン・ミンメイ。  ©1982 ビックウエスト

Q.自分のことを説明する肩書きというのは難しいですよね。僕も言い方がよくわからないので「AR三兄弟」って名乗っているんです。

河森:ARというのをネーミングに入れたのは素敵だし、三兄弟という響きもいいですよね。「三位一体」という言葉がありますが、「2」だと関係性は直線的になってしまうけど、「3」になるとそこに面積が生まれてくる。自分のテーマとしても、いかに立体的に組み合わせられるかというのがあるんです。XYZ軸という3つのベクトルがあったとしたら、それらの軸をいかに組み合わせて、立体的にできるかを考える。例えば、音楽の使い方などにしても、ハリウッド映画なんかだと戦闘シーンには勇壮な曲を、悲しいシーンには悲しい曲を流すというような説明的なものが多いですよね。それはたしかに感情とリンクする強いものにはなるんですが、物語と音楽のベクトルが合い過ぎてしまって退屈に感じることもある。「マクロス」では、戦闘シーンにアイドルの歌をかけるということを試みたんですが、そうしたベクトルの開き具合、閉じ具合によって作品をつくっていく感覚があります。それを特に意識したのが劇場版「マクロス F ~サヨナラノツバサ~」なんです。<続く>

インフォメーション

河森正治監督の新企画・多次元プロジェクト「The Fool」が始動! 第1回公演は12月8日にニューピアホールにて開催される。詳細はこちらから。
AR三兄弟による年末恒例のイベント「AR忘年会」が12月12日に開催決定!
なお、今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 河森正治 

    河森正治

    ビジョンクリエイター

    1960年富山県生まれ。アニメーション監督、メカデザイナー。大学在学中からメカデザイナーとして頭角を現し、20代前半でTVアニメシリーズ「超時空要塞マクロス」に登場する「バルキリー」をデザイン。実機のようなリアルな戦闘機がロボットに完全変形するメカニズムを世に送り出し、可変ロボットデザインの第一人者となる。その後も原作、監督、脚本、絵コンテからメカデザインなど幅広く手掛けながら、様々な分野で話題作をつくり続けている。最新作は、TVシリーズ『AKB0048』、新プロジェクト『ノブナガ・ザ・フール』。