インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

川田十夢

AR三兄弟 長男

河森正治

ビジョンクリエイター

今回でカンバセーションズ最多の4回目の登場となるインタビュアーの川田十夢さん。先日、放映されたテレビ番組「情熱大陸」も大きな反響を呼び、ますます注目を集めている川田さんが今回インタビューする相手は、「マクロス」シリーズや「地球少女アルジュナ」「創聖のアクエリオン」「AKB0048」をはじめ数々のアニメーション作品を世に送り出してきたビジョンクリエイター、河森正治さん。第26回東京国際映画祭の関連企画として、去る10月18日にMTV81主催で開催された「J-Culture in the Frame」におけるトークイベントとして実現した両者の対話の模様をお届けします。

※今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

1. 「オリジナル」とは何ですか?

河森正治 

組み合わせ方によって、明らかに既存の枠組みから意味が変わることがある。常にどこかで冒険をしたいという思いがあって、それがないとオリジナルと言ってはいけないんじゃないかと思っているところがあるんです。

Q.河森さんがこれまでにつくってきたものは、物語の構造自体が発明だったりして、過去に見たことがあるような設定というものがまずないですよね。

河森:常にどこかで冒険をしたいという思いがあって、それがないとオリジナルと言ってはいけないんじゃないかと思っているところがあるんです。もちろん古代の神話にまでさかのぼれば、たいていのストーリープロットは描かれてしまっているので完全なオリジナルなどないとも言えますが、組み合わせ方によって、明らかに既存の枠組みから意味が変わることがある。例えば「マクロス」であれば、音楽と戦争の組み合わせというだけだったら、それこそ音楽を効果的に使った戦争映画などもたくさんあるわけですが、アイドルの歌が戦争を終結させるというカタチであれば新しいんじゃないかとか。それが思いつくまではなかなかオリジナルと言い切る自信が持てないんです。

Q.僕らが普段見ているアニメーションにしても映画にしても、起承転結があったり、一定のルールの中で成立しているところがありますよね。過去に完成された文法があって、それをなぞることが映画だと思っている人もいますが、一方で文法や構造から発明しているような人も中にはいて、河森さんはまさにそういう人だなと感じます。

河森:僕はもともと発明家になりたいくらいの気持ちがありました。数学が苦手でそっちには行けなかったけど、いままでにないものをつくりたいという思いは強いんです。すでにあるものを高いクオリティでつくっている人はたくさんいるので、自分としてはこれまでになかったものや、少しでも新しいものがつくれたらいいなと思っています。若い頃はいまよりさらに生意気で、周りと同じことは絶対やりたくなかったので、既存のアニメーションでうまくいったと思われる手段をあえて全部禁じ手にしたりしていました。ただ、実際にやってみるとそれがいかに大変なことかがよく分かる(笑)。結局それらは非常に有効な手段として発明されていたということなんですよね。

「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」(1984)  ©1984 ビックウエスト

Q.既存の文法に少しずつ足し算をしてつくっていくことと、「0」を「1」にしていくことでは、だいぶ考え方も違いそうですね。

河森:冒険的な実験に付き合わせてしまったスタッフたちには頭が上がらないくらい苦労をかけてきたわけですが、自分たちが考えたプログラムでやっている分、うまくいかなかった時にもどこが失敗なのかがよくわかるんです。仮に人が作ったフォーマットを借りてつくっていたら、何が成功で何が失敗かがわからないと思うんですね。例えば、初めて監督をした劇場版作品「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」にしても、TVシリーズとはキャラクター設定などを大幅に変えているのですが、それは自分たちがつくったプログラムがもともとあったからできたことなんです。<続く>

インフォメーション

河森正治監督の新企画・多次元プロジェクト「The Fool」が始動! 第1回公演は12月8日にニューピアホールにて開催される。詳細はこちらから。
AR三兄弟による年末恒例のイベント「AR忘年会」が12月12日に開催決定!
なお、今回のトークイベントの模様は、MTVの番組「MTV81」にて、11月21日と28日の2回に分けて放映される予定です。

もっと知りたい人は…

  • 川田十夢 

    川田十夢

    AR三兄弟 長男

    1976年熊本県生まれ。2001年メーカー系列会社に就職、面接時に書いておいた「未来の履歴書」の通り、同社Web周辺の全デザインとサーバ設計、全世界で機能する部品発注システム、ミシンとネットをつなぐ特許技術発案、AdobeRecords ダブル受賞など、夢みたいなことを一通り実現させた後、2010年に独立。公私ともに長男として活躍。最新作は、真心ブラザーズMV『消えない絵』(監督+出演)、BUMP OF CHICKENと共同開発したBOC-AR、コカ・コーラとの自販機 AR、情熱大陸の出演・開発など。

  • 河森正治 

    河森正治

    ビジョンクリエイター

    1960年富山県生まれ。アニメーション監督、メカデザイナー。大学在学中からメカデザイナーとして頭角を現し、20代前半でTVアニメシリーズ「超時空要塞マクロス」に登場する「バルキリー」をデザイン。実機のようなリアルな戦闘機がロボットに完全変形するメカニズムを世に送り出し、可変ロボットデザインの第一人者となる。その後も原作、監督、脚本、絵コンテからメカデザインなど幅広く手掛けながら、様々な分野で話題作をつくり続けている。最新作は、TVシリーズ『AKB0048』、新プロジェクト『ノブナガ・ザ・フール』。