インタビューアーにスポットを当てる新感覚インタビューサイト

RSS

Qonversations Twitter

鹿野 護

映像作家
アートディレクター

柴 幸男

劇作家
演出家

カンバセーションズには今回で2度目の登場となるアートディレクター、映像作家の鹿野護さん。前回の小説家・小川洋子さんに続き、今回鹿野さんがインタビュー相手として選んだのは、劇団「ままごと」の主宰として活動する劇作家、演出家の柴幸男さん。ループやサンプリングなど音楽的手法を演劇の世界に持ち込んだ独自の表現で注目を集め、2010年には『わが星』で第54回岸田國士戯曲賞を受賞するなど、目覚しい活動を続ける柴さんに、鹿野さんがいま聞きたいこととは果たして?
※このインタビューは、雑誌「QUOTATION」との共同コンテンツです。13年12月24日発売の『QUOTATION』VOL.17の誌面でもダイジェスト版をご覧になれます。

インタビューを終えて

鹿野 護 

私たちは無意識の先に何を見ているのでしょう? 偶然性の奥に何を見いだしているのでしょう? ますます「分かりたいこと」が連鎖していく、興味深い対談となりました。

「映像やインタラクティブな作品を作ることは、時間をいかに制御するか、ということでもあります。1カットの長さ、トランジションの時間、操作に対する反応速度、動き出しの加速速度など、細部にわたる時間への配慮が必要です。それはデジタルな空間に緻密な『装置』を組み立てていく感覚に近いかもしれません。細やかな調整の連動こそが全体の品質を上げる基盤となるのです。
柴さんの『時間そのものを彫刻のように削り取るような感覚』という言葉はとても印象的でした。組み立てるのではなく、削り取っていく。これは演劇にはまず『実際の空間』という高密度なキャンバス的存在があるからこそ感じられる感覚なのかもしれません。デジタル表現におけるキャンバスの初期状態はNULL(空)が敷き詰められている概念的状態ですが、実際の空間は素粒子も含めて様々な物質がはじめから満たされているのですから。
演劇の台本の話になった時、『行間を読む』という言葉が頭をよぎりました。台本にポーズや身振りのすべてを細かく書いてしまっては、それは膨大な厚さの一冊となってしまいます。抽象的な指示をもとに、俳優が自律的に演技を具体的に組み立てていくことが必要となるのです。俳優の中で作られる具体的でローカルな演技と、劇作家が作る抽象的でグローバルな物語の展開。この二つが乗算されて精度の高い時間の流れがつくり出されていくのでしょうか。
いかに俳優に自律的に演じさせるか。これをプログラム言語的に考えると、いかにオブジェクトに自律的に振る舞わせるか、ということになりそうです。ちょっと乱暴な比喩かもしれませんが、オブジェクト指向的なアプローチとも言えると思います。私はよくオブジェクト自身に乱数のパラメーターを持たせます。このパラメーターによって乱れや偶然性を生み出し、作者の小さな想像を超えた振る舞いを生み出すためです。
それが柴さんの語る『意識と無意識』の関係性にとても似ているように思いました。俳優の無意識を制御すること。オブジェクトの乱数を制御すること。そのふたつはいずれも、柔らかい偶然性を生み、世界観のリアリティと密度をあげるのです。さて、私たちは無意識の先に何を見ているのでしょう? 偶然性の奥に何を見いだしているのでしょう? ますます『分かりたいこと』が連鎖していく、興味深い対談となりました。感謝です」

もっと知りたい人は…

  • 鹿野 護 

    鹿野 護

    映像作家
    アートディレクター

    WOWアートディレクター。プログラミングを用いた映像表現に取り組み、コマーシャル映像からソフトウェア開発まで様々な分野のビジュアルデザインを手がける。これまでV&A博物館(英)やメゾン・エ・オブジェ(仏)への出展など、インスタレーション作品を制作。近年では地域に主軸をおいたプロジェクトにも積極的に参加している。ウェブサイト「未来派図画工作」主宰。著書「Quartz Composer Book」。

  • 柴 幸男 

    柴 幸男

    劇作家
    演出家

    1982年生まれ愛知県出身。「青年団」演出部所属。「急な坂スタジオ」レジデント・アーティスト。日本大学芸術学部在学中に『ドドミノ』で第2回仙台劇のまち戯曲賞を受賞。2010年『わが星』にて第54回岸田國士戯曲賞を受賞。何気ない日常の機微を丁寧にすくいとる戯曲と、ループやサンプリングなど演劇外の発想を持ち込んだ演出が特徴。全編歩き続ける芝居(『あゆみ』)、ラップによるミュージカル(『わが星』)、一人芝居をループさせて大家族を演じる(『反復かつ連続』)など、新たな視点から普遍的な世界を描く。あいちトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭への参加、岐阜県可児市での市民劇の演出、福島県いわき総合高校での演出など、全国各地にて精力的に活動している。